何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年12月20日

【レゴ製品】CUUSOOのレビュウ結果(BTTF、ゼルダ、モジューラーウェスタンタウン、EVEオンライン)

 予定通り、本日23時に発表されました。


http://youtu.be/bnWPcP4f7uw
 ビデオメッセージがメイン。
 但し、英語のヒアリングに自信がない人(管理人も含)向けにテキストも上がっています。以下引用と機械翻訳。

EVE Online Ships – Rifterby czar
The supporters we received for the EVE Online Ships – Rifter project allowed us to examine the feasibility of another gaming-related product. However the Rifter presented a more challenging business case when considered alongside other potential products in this Review period. Therefore, the LEGO Review Board has decided that this project does not meet the requirements for the business case.
我々はEVE Onlineの船のために受け取ったサポーター - Rifterプロジェクトは、私たちは別のゲームに関連する製品の実現可能性を検討することができました。このレビューの期間内の他の潜在的な製品と一緒に考えたときしかしRifterはより挑戦的なビジネスケースを提示した。したがって、レゴ審査委員会は、このプロジェクトがビジネスケースの要件を満たしていないことを決定しました。

Modular Western Town by mb_bricks
The Modular Western Town project conflicts with an ongoing project at the LEGO Group. As a result, the project does not meet the business case requirements and has not passed the LEGO Review.
レゴグループで進行中のプロジェクトとモジュラーウエスタンタウンプロジェクトと競合しています。その結果、プロジェクトには、ビジネスケースの要件を満たしていないとレゴレビューに合格していません。

The Legend of Zelda by MINGLES
The Legend of Zelda project shows broad support among gaming enthusiasts . This project has provided great inspiration and concept work for what could be a very nice product.
However, multiple new element moulds would be required to create the minifigures for such a product, and the expense of these moulds means that the Legend of Zelda project does not pass the LEGO Review on the basis of the business case.
Please note: If a project does not pass the LEGO Review please do not interpret that as an indication that we will not consider similar projects in the future.
 ゼルダの伝説プロジェクトは、ゲーム愛好家の間で広範な支持を示しています。このプロジェクトは非常に素晴らしい製品であることができるもののための素晴らしいインスピレーションやコンセプトワークを提供してきました。
 ただし、複数の新しい要素型は、そのような製品のminifiguresを作成するために必要な、これらの金型の費用はプロジェクトゼルダの伝説のビジネスケースに基づいてレゴレビューを通過しないことを意味するであろう。
 ご注意:プロジェクトが通らない場合はレゴレビューお願いは解釈しません、我々は将来の同様のプロジェクトを検討しないことを指標として。

 要は、EVE-ONLINE、モジューラーウエスタンタウン、ゼルダの伝説は「ダメだった」ということ。
 ウエスタンタウンは進行中のプロジェクト……ローン・レンジャーとの被りが問題になったのでしょう。いや、それこそローンレンジャーで10000代街セット出してくれれば済む話なのですが……。
 ゼルダは版権上の問題はなかったようですが、「新規金型」のコストがネックになったようです。
 
 さて、残るバック・トゥ・ザ・フューチャー(デロリアン)は「製品化決定」です。
Back to the Future DeLorean Time Machine by m.togami* and Sakuretsu
After analyzing the supporters of the Back to the Future project, we learned that this product has a broad, worldwide appeal. The model presented in this project is built very closely to the LEGO Group’s design standards and has therefore provided a strong base to design the final product. It has a high play value and it fits well with supporters’ price expectations.
For these reasons, the Back to the Future project has passed the LEGO Review, and has been selected for production as the next LEGO CUUSOO set. The final product, pricing, and release dates are still being determined.
今後のプロジェクトに戻るの支持を分析した後、我々は、この製品は幅広く、世界中の魅力を持っていることを知りました。このプロジェクトで提示されたモデルは、レゴグループの設計基準に非常に密接に組み込まれているので、最終的な製品を設計するための強力な基盤を提供してきました。それは、高いプレイバリューを持っており、それがサポーターの価格予想とよく合う。
これらの理由から、今後のプロジェクトに戻るには、LEGOの審査を通過しており、次のLEGO CUUSOOセットなどの生産のために選択されています。最終的な製品、価格、および公表日程は、まだ決定されています。
 やはりサンプルモデルの出来の良さ――プロダクツ的な意味での――が評価されたようです。またレゴ社の慣れた「映画版権」というのも後押し。世界に通用することも大事なようです。
 
 型番・品名は「#21103 Back to the Future Time Machine」と決定。発売時期は2013年の中頃とのこと。

 先ずは、さくれつ様、おめでとうございます。夢がかないましたし、Cuusooの製品化4プロジェクト中、3つが日本発というのも誇らしい話です。


 画像はcuusooのプロジェクトページより。提案者のサンプルモデル。
 さて……製品はどんな感じになってくるのでしょうか?
 

posted by 関山 at 23:17| Comment(5) | TrackBack(0) | レゴ製品(cuusoo) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無事に商品化されてホッとしています。
問題なのはどのような形で発売されるかですね。
今のところミニフィグがどうなるのかが気になります。
私はミニフィグが第一ですのでw
その辺はレゴ社へ想いを伝えてみます。
Posted by さくれつ at 2012年12月21日 00:56
おおっ BTFは製品化ですか。
今までなんで製品化しなかったんだろう・・・(^^;;

しかし版権ものがこうも簡単にきまってしまうということはショーン・オブ・ザ・デッドが製品化されなかったのって暴力性の問題なんでしょうか?

ホーンテッドハウスとかゾンビものも出ているのでどうもやっぱり納得いかず。
イングリッシュパブがいまだに惜しい・・・

ウェスタンモジュールタウンがダメっていうのもどうも納得いきません。
それこそサンプルもかなりよくできていたのに。
Posted by かう゛ぇ at 2012年12月21日 06:27
◆さくれつ様
 先ずは、おめでとうございます。
 想像を上回る狭い狭い門でしたが(ここまで厳しいとは。まぁその辺の話は後日)、それを通過されたというのはやはり企画の良さ・サンプルの現実性が大きかったのでしょうね。

 ミニフィグは布モノも含めて既存パターンの修正で行けそうですから、期待しても良いんじゃないかと思います。レゴ社も何が大事かはわかっているでしょうし。

>レゴ社へ想いを伝えてみます。
 でも、意見を伝え続けることも大事なのですよね。


◆かう゛ぇ様
 ショーン・オブ・ザ・デッドはパブで物語が始まる……コードの中にある「現代社会における飲酒(逆に言えば歴史的情景なら可)」に抵触したのでしょう。とはいえ、勘ぐり入れるなら、公式でホラーテーマをやるつもりだったからというのはあるのかもしれません。

 その意味で、ウエスタンモジュールタウンもテーマの重複が嫌われた可能性があります。

>サンプルもかなりよくできていたのに。
 出来が良すぎて、製品化への落とし所が難しそうというのもありますかも。明らかに既存10000代建物よりも精緻精細な感じでしたから。

 まぁ、折観て「cuusoo反省会」的な記事は書いてみます。落とすための企画という感じがして、ちょっとなぁと思いますし。
Posted by sekiyama at 2012年12月24日 21:29
おおっビックリΣ(・ω・ノ)ノ!
さくれつさん、おめでとうございます♪
デロリアンは好きなので製品の内容と次第では買わせて頂きます。
Posted by SUU at 2012年12月24日 22:34
◆suu様
 あの意地悪とも言える厳しさであったからこそ、この感慨は大きいですよね。

>デロリアンは好きなので
 あの映画のタイムマシーンという意味でも、元の希少な自動車にしても魅力的ですものね。

 多くの方が楽しみにされてると思うのですよ。
 
Posted by sekiyama at 2012年12月27日 19:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック