何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年12月14日

【実物自動車】リアスカート(リアスパッツ)はお嫌い?

 無秩序なカテゴリ新設もなんなので【実物鉄道】のカテで記してしまいますが。

 

 


 まず、個人的にはリアスカートのついた自動車は大好きです。
 古いシトロエンは言うに及ばず、1970年代までのアメリカの大型車とか。それからホンダの初代インサイト。インサイトを語る文脈では割と無視されてますけど、中身はともかくスタイルに関してはあの車こそが古のシトロエンの後継者だと思うのですが。

(上の画像はwikipediaより。2CVCXキャディラック[1959]インサイト初代

 国産車というと、1980年ころまでの大阪市交通局のバスは後輪に巻き込み防止用のガードつけていましたがあれもリアスカートの一種だったのでしょう。あと、1950年代の特装観光バスだとスタイリング面でリアスカート付きというのは多々あったそうです。
 大型からみだと、トラックがアオリ戸を下ろして走っている姿とか、現代の戦車のスカートにも惹かれるものがありますね。

 話がそれ過ぎたので乗用車に絞って。デザイン上の効果としてはこんな感じでしょうか。
 大型車ではよりエレガントに(昔のキャディラックとか)。
 中型車では車格を高く見せ、また全長を長くスマートに引き伸ばして見せる(シトロエンの各種。DSやCX)。
 小型車でも、可愛らしさを強調したり、安普請の「あら隠し」という効果(2CVとか各種マイクロカーとか)
 まとめれば「エレガント」「スマート」「より完璧な流線型」「長く魅せる」「可愛らしさや愛嬌も」ということになりましょう。あと「SF的な未来志向」も。

 また、何処かで聞いた話のレベルですが、自動車の空力特性考えるとリアスカートは大変に効果的なパーツなんだそうで。初代インサイトの当時最強の燃費もスカートに助けられていたとか。こういう実用性にも惹かれます。
(だからこそ、電気自動車の試作車の幾つか……EV-1とかエリーカとかにはスカートがあるのでしょう)

 しかし、リアスカートのついた新車の乗用車って現在は国内外共に皆無です。
(中古車もまっとうなのはないですよね……)
 ようやく市販されるようになってきた電気自動車であったり、或いは燃費にシビアなハイブリット車とかエコカーにもっと採用されても。或いはレトロ風のパイクカーにだって使われてもいい。でも、全く見かけません。

 一般的には、人気ないんでしょうか?
 個人的にリアスカートが好きな理由に「ホイールというものの持っているマッチョイズムが和らげられる効果」があるのですが、自動車にもなおマッチョイズムが求められる以上、それをスポイルしてしまう部品はまったく求められないのでしょうか。
(整備性低下もデメリットでしょうが、今の国産車なら気にしなくて良いと思うのですが?)

 カスタムカーとかカスタム部品の世界は?
 もちろんエアロの類は「マッチョイズム」を強調するものですから(嫌いってわけじゃないです。あれはあれであり)、方向は相反するのですが、カスタムはカスタムでもレトロやエレガントを指向するものもあります。

 その手の中では身近なもので、サンバーベースのワーゲンバス風カスタムがあるでしょう。たまに見かけますが、何度かリアスカート部分を短いながらも再現したものがあり「をを!」と思いました。
 で、その地点ではなんか改造の上に特殊な改造重ねた車かと思ったのですが、たまたまワーゲンバス風改造行なっている業者のページ見ますと、何も特別なものではなく、業者のオプションとして用意されてるもののようです(多分車検も通るんでしょう)。

 しかし、装着例は非常に少ない感じ。軽のカスタムに関しては予算も制限されるでしょうから切り捨てられる要素なのかもしれません。つまりこだわりを持たれていないと。

 最後に、今後乗用車のデザインにリアスカートが復活する可能性ってあるんでしょうか。
 自動車全体でハイブリとか純電気自動車に変わっていく流れで空力特性上のメリットとか、「なにか新しい感じ」で最評価されることも予想できます。
 が、それが必ずしも追い風にはならず、ハイブリや電気だからこそ「内燃車的なマッチョイズム」が反動で求められてしまう可能性も高そうなんですよね。インサイトの初代と現行のデザインの変化はそれを顕著に物語ってるような。
(リアに限らず、フロントのエアインテイクとか、明らかに「マッチョ」になってますから)

 せめて、空力特性と低燃費を売りにする車なら「メーカーオプション」でリアスカートを設定して欲しいなぁと思ったりもしますが……。


 carview 東京モーターショー2011特集より。

 ちょっとの希望。
 スズキのコンセプトカー。レジーナ。スタイリングだけでなく、フロントマスクの個性もまたAmi辺りの正当な後継かな……と思えます。
 そのうえ、軽量・低燃費というトレンドに乗った車。是非、この形状のまま市販してほしいもの。

-----------------------------------------------------
 蛇足:
 この件をクルマ好きの人に聞いたところ、リアスカートがあるとリアのトレッドが広く取れず、走行性能上のデメリットがあるからじゃないか。或いは後輪が車室に入り込むと車室がその分左右数センチづつは狭くなると言われました。
 走行性能に車室面積って理由ばかりは納得せざるを得ませんが……ううむ。
 
posted by 関山 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック