何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年12月09日

【作品紹介】mugen様のウインターシリーズ組換モデル2題。#10222と#10229

 4幅車や鉄道関連以外にも「セット内の組換作品」でも頑張っておられる、Mugen様の新作です。
 新作と申すには、ややタイミング遅れてしまいました。ただ、商品の季節的にはベストですし、#10229も一般販売(而も激安価格)始まったということでお許しをば。


  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=514091
 #10222ベースの、「ウインタービレッジ ブックショップ」

 屋根構成変えることと、建物の左右を変えることでイメージチェンジ。無論、パーツ制約上元セットのイメージは残っておりますけれど、でも同じ村の並びにあるってことなら様式が揃ってる方が寧ろ自然でしょう。何より「往年の箱裏組換」ムードも満点。
 メインの建物+東屋+自動車等という基本構成を維持しているのも嬉しい。

 オリジナルの丸い出窓は普通の八角出窓に。
 東屋は露天のコーヒースタンドに化けました。

 ボンネットの1930年代的なトラックが、キャブオーバーの1950年代的なトラックに化けたのも見ものですね。如何にも、有りそうな形ですから。

 もちろん、インテリアも。
 商品になる部品を探す・見立てるのがこの種の組換の難しさだと思うのですが、#10000代ならではの大量のタイルを生かし、「本」に見立てたのは巧いです。レジ前の雑誌立ても楽しい。あと木の小さいのを室内にクリスマスツリー?として立てたのも面白いです。
 
 ありがちな言葉で恐縮ですが、「名作ならではの、名組み換え」ですね。



  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=517377
 #10229ベースの、「ウインターコテージとスキースロープ」
 
 あまりに安直な感想ですが、「元セットより、魅力的」
 いやまぁ元セットの優れたパーツ構成あってですから、#10229がイマイチって意味ではありませんが。あれはあれで凝った・細かい構成ですから……。

 さて。
 大屋根のロッジは、往年のダイヤブロックユーザでもあったMugen氏らしいデザインですね。1970−90年台のダイヤにはこのデザインが歴代3種くらいあったと記憶しています(笑)。押し出し・インパクトの強いデザインはインパクト充分。片隅が車庫というのもダイヤにあったような? 知って知らずか分かりませんが好ましい引用ですよ。
 また、大量の白プレートを使ったスキースロープも面白い。ロッジのデザインも相まって、ウインターリゾートの雰囲気ばっちり。
(なも氏のRhbな電車か、Ryokuchakuma氏の地鉄電車で出掛けたくなる……。小さな村の、ちっちゃな電車が似合いそうです)

 グリーンのパーツ総動員したクリスマスツリーは名アイディア!
 橇は転用じゃなく、別パーツで組換。仕事が丁寧。
 スノープロウつけたトラックは、ブルドーザーに変身。組換に思えぬまとまりの良さ!

 ロッジに目を戻せば、二階の真ん中に出っ張りが設けてあり、平板な印象になるのを防いでいるのですね。
 もちろん、インテリアも楽しい。1階の階段周りの構成が巧い。階段の奥に厨房が見える配置は凄く奥行き感があります。階段も実は元セットにない要素ですが、パーツで構成。
 2階は寝室。ベッドはオリジナルよりこった意匠に。
 楽しいのは3階屋根裏。なんと鉄道模型部屋。左は新幹線、右はTEEでしょうか? 

、なお、この組換を一掃好ましく見せているのは、裏から見た断面の「屋根裏の柱」でしょう。ほんのプレート一枚なのですが、これだけで木造家屋の「らしさ」を強調しています。最小限のパーツで最大限の効果!

 元セット#10029の詳細画像(インテリアなど含)はこちらへ(brickset)。
 優れた組換を見た後だと、元セットの新たな魅力にも気が付かされるのです。
 
posted by 関山 at 16:33| Comment(3) | TrackBack(0) | セット内組換作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
組み換えで#10229の魅力が増していますね。
両方の組み換えともアイデアがいっぱいで、驚きました。
Posted by エフ at 2012年12月09日 20:42
こちらも紹介頂きありがとうございます。
エフさんコメントありがとうございます♪

10222組換はなるべく元セットのイメージから変えるよう意識して組みました。本棚は各種タイル、プレート類を集めてなんとか表現できたので、お店の業種を変えられました。

10229組換の方は、白プレートが多かったのでスキー場みたいなのが出来るかな?と思い、作ってみました。
ロッジのデザイン、ダイヤのイメージなのが判りましたか(笑)。
この辺りを意識しました。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5064758

インテリアも元セットと変化を付けるのが面白かったりします。ベットのふかふか感は気に入ってます。屋根裏は鉄道模型愛好家の部屋の設定にしてみました。(判ってもらえて好かったです。再現した車種も合ってます。)

組換をしてますとパーツの見立て方や代換の表現等、オリジナルを作る時にも役立っている感じが有ります。
10229の方はもう1ネタ出来そうなので、完成しましたらまたUP致します。
Posted by Mugen at 2012年12月10日 17:21
◆エフ様
 #10229の魅力というか、セットとしての潜在力を引き出しきってますよね。大量の白のウェッジプレートからスキースロープって発想も普通でてこないですし。


◆Mugen様
 紹介遅れて本当に申し訳ないです。

 #10220は意外とイメージを変えるのが難しいセットですね。パーツの癖が強いのかしら? でも、制約の中で頑張られたのが伝わってきます。

 #10229、モロにダイヤのあの製品ですね(笑)。いや、お見事です。ちなみに1970年代にもあんなデザインのロッジがあったようです(古いダイヤのカタログ余裕できたらアップしませんと)。

>再現した車種も合ってます。)
 (笑)。TEEはちょっと自信なかったです。上下の色が逆なら国鉄特急型ですが(笑)。いや、トレインファンならではアイディアですよ。というか、ウィンター鉄道模型屋とかウインター貸しレイアウトとか出来るかも(笑)。
 しかし、夢の部屋ですよね。

>組換をしてますとパーツの見立て方や代換の表現等、オリジナルを作る時にも役立っている感じが有ります。

! まさにそれなんですよ。ものすごく「鍛えられ」るんですよね。ビルドの基礎体力みたいなものが。
その意味でも、公式に箱裏作例が無くなったのは惜しまれて仕方ないのです。

>10229の方はもう1ネタ出来そうなので、
 楽しみです。パーツ数余裕あると自由度は上がるのかもしれないですね。苦しむことも多そうですけど。
Posted by sekiyama at 2012年12月11日 01:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック