何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年12月02日

【作品紹介】mazta-k様の、#7938の小改造+7両化。貫通型も楽し♪

 市販品+αでもここまで楽しめるお手本という感じです。
 #7938発売時に盛り上がった組換大作戦とも一味ちがう、#7938の生かし方なのですね。

http://maztak.blog.fc2.com/blog-entry-25.html
 先方の記事


 堂々たる、7連。
 2セット分+α……というか、3セット分でしょうか?

  

 中間車の仕様を弄っているのが興味深い。縦方向の大窓は近年の特急車にありそうな展望窓のようです。何らかのフリースペースを持つ車輌?
 大窓と小窓が並ぶ車は食堂車という雰囲気。個室車とかかも? 小窓部分が意外と品が良い。
 そして、以前も制作されていたハイデッカー展望車。台枠が白になり、雰囲気が全体で揃いました! 元来のポテンシャルがようやく引き出された感じでしょうか? 余談ですが電車でもバスでもハイデッカーは居住性面でダブルデッカーより上なんですよね。

 さて。
 この7両編成は固定編成ではなく、「基本5」+「付属2」の解結編成です(実物だと「サンダーバード」とか「あずさ」とか珍しくないです)。


 無愛想なようで、実はデザイン的にも配慮のある?貫通型先頭車。
 大胆な切妻。そして整風効果も狙ったヘッドライト周り(パーツの持ち味活かすのもレゴのテク!)。真っ黒な貫通扉がアクセント。実物が存在したら、ゲテモノ顔? としてそれなりに人気者になれそうですね(前面切妻の特急車はJR九州に居ますし。簡易運転台の類も含めるともっと増えますが……少なくともリアルティはあります!)。
 あと、この顔で先頭車らしく見えるのは、スノープロウ付きのカプラーの功もありましょう。

  

  

  

 基本5両への、付属2両の増結作業。なかなかドラマティック。
 ちなみにPowerFunctionだとこの種の作業が実際に動力入れた状態でも出来そうですよね(動力車のchなど変えとけば)。まぁ連結後の運転のほうが難航しそうですけれど(ガチで非総括制御!)。

◆◇◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆◇◆


 改めて語る必要もないでしょうが、近代化旅客列車系セットとしてはかの「メトロライナー」以来の名作!
 2010年製品なので、間もなく三年目に突入。後継作が劣化しませんように……!
(あと、クリスマスプレゼント/自分へのプレゼント狙われているならお早めに。品薄時は本当に品薄になるセットですので。いつもいつも10300円台では、ないです) 


 で、上の作例のような3セット?は無理でも、2セットあると相当に楽しめるはず。飽きたら動力系はいくらでも使い回し出来ますし、赤いブロックとかパネル窓、青いシートだってトレイン作る上では貴重な「資源」になってくれましょう……!
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
連続で掲載ありがとうございます。
1編成2セット分+ですね。
長いのでなんとなく敷居が高く感じてしまったかもしれませんが、
2セット分で十分楽しめますね。

貫通型はやっつけ仕事ではありながらも、
おっしゃる通りデザインもそれなりに配慮しました。

また、ビギナーからマニアまで幅広く楽しめるような設計を意識してみました。
特にハイデッカー車は凝った設計にみえるかもしれないですけど、
3つ窓が連続している部分を1ポッチ上げ、
手に入れやすい赤スロープと赤ブロックを置いただけですから、
ビギナーでも真似できるかと思います。

あと、連結作業の動力化は、両端をM車にしつつ片方の電源を切ればできますね。





Posted by maztak(マツタケ) at 2012年12月03日 20:18
◆mazta-k様
 2編成あればかなり長くなりますものね。3連と6連じゃインパクト全然違います。

>貫通型はやっつけ仕事ではありながらも、
>おっしゃる通りデザインもそれなりに配慮しました。
 実物でも、何らかの制約で「切妻顔」強いられた場合って、デザイナーさんは整えるのに苦労されているでしょうね(笑)。でも、その甲斐はあったと思います。

>ビギナーからマニアまで幅広く楽しめるような設計を意識してみました。

 これって大事ですよ。
 ついマニアックな方向に暴走しがちですが、ビギナー向けの小改良小工夫っていうのも意義あることです。こんな作品も多々出てくるといいなぁ。

 ハイデッカー車は意外と簡単なのも納得です。でも、効果は出ているんですよね。

>連結作業の動力化は、両端をM車にしつつ片方の電源を切ればできますね。

 完全遠隔操作と云うわけにはいきませんが、でもまぁレゴって連結とポイント切り替えに「手動」が必要ですものねぇ。RCX.NXT使うのはなんか違いますし(笑。それはそれでありですけど)。
Posted by sekiyama at 2012年12月05日 05:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック