何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年11月29日

【作品紹介】AP様のオロハネ10続報/Mazta-k様の 新京成AE(CAD)

◆AP様のオロハネ10 続報


 先日記事にしたところの、国鉄オロハネ10形寝台車の続報です。
 前回記事地点ではできていなかった反対側側面が上がって来ました。

http://blogs.yahoo.co.jp/yakko35_21/53673616.html
 先方の記事こちら。

 さて。
 10系のB寝台車は寝台側・通路側の両側面で窓の位置が50mm異なるというのは意外と知られていません。理由は寝台側が上昇窓、通路側が下降窓であるから。下降窓の場合、腰板にガラスを収めねばなりませんが、車体裾の形状(実車は絞込みあり)を考慮すると窓位置を少し高めに設定する必要があったのです。
 また、高めの窓位置はホームでの見送りにも好都合と云われていました。見送る方も乗ってる方も、腰を屈めなくて済みますから。
 多くの鉄道模型でも10系寝台のこの特徴は再現されています。

 AP様の作品では、この窓位置の違いを「0.5プレートの調整」で表現してきました。
 オロハネの場合、A寝台側は普通の窓なので、中央ドアを挟んだB寝台通路側では窓位置の差異が明確! 寝台側とは違った意味でこの客車の特異さが強調されていましょう。

 ところで、0.5プレートの調整はL形パネルの薄い部分を使っておられるのでしょうか?
 技法的に、中身もちょっと気になるところです。

 (参考写真 オロハネ10の寝台側)



◆Mazta-k様の京成 新AE(CAD)


 フル編成! 
http://maztak.blog.fc2.com/blog-entry-24.html
 先方の記事こちら。

 既にE259成田エクスプレスを制作されたMazta-k氏の新作(予定?)は、ライバルの京成 新AE形スカイライナー(三代目)
 未だCADではありますが、かなり煮詰められている感じです。ダークブルーのプレートは最近は供給状態も良いので、制作も難航せずに済みそうですね。足回りは灰色だとコスト高でしょうから、黒で妥協する必要あるかもしれませんが。


 ただし、先方で問題にされていた前面上部の「2×3ウェッジプレート」は、現在ダークブルーが存在しません(世界の何処にもありません)。他の表現を考える必要がありそうです。
 あと、前面両肩部分のゴツさもちょっと気になるところ。

 とはいえ、あの複雑な形状かつ微妙な形状をよく作られたものです。
 前面の微妙な膨らみであったり、大胆な流れるライン。裾のスカート状の出っ張りも巧い。
 難易度は高い題材ですものね。


 中間車。4号車の丸窓が楽しい。
 屋根のダークブルーはもう1プレート分 分厚いほうがそれらしいと思いますが、如何でしょうか。
 床下機器は、カバーと車体裾の間の微妙な隙間を何らかの方法で表現できたら締まって見えそうですね。
 
 大物題材故、期待しております。
 
posted by 関山 at 19:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速掲載ありがとうございます。
試行錯誤を重ねましたから、それらしい形状ができました。
正直できるとは思いませんでした。1日で仕上げたので、少々荒い点がありますが...。

ご指摘の通り、詰めが甘いところが何カ所か存在します。
紺色2x3ウェッジプレートに変わる別の表現を考える必要がありますし。
確かに先頭運転台の両肩部分が角張ってます。
もう少しだけプレートごと下にずらしたかったんですが、
CADではそういった小さな変更がやりにくかったもので。

実際にパーツを調達して組む方が手を加えやすいかなと思います。
683系もCADの時より、実際に組んだ時の方がさらに改良できましたし。
あと床下は現時点では手抜きなのでこちらも改良します。(完成を急いでしまったので)

灰色の車輪をbricklinkで見てみましたが、結構高いですね。
683系の足回りも灰色に変えてみようかなと思いましたが、厳しそうです。
黒に妥協する方がいいかもしれないですね。黒でも十分見栄えいいですし。

年内かどうかはわかりませんが、試作したいと思います。
これ本当に作れたら、おいしいネタになりますね。
Posted by mazta-k(マツタケ) at 2012年11月29日 23:07
◆mazta-k様
 いや、CADゆえの制約とか知らずに言いたい放題申して恐縮です。というより、一日で描かれたというのに驚いております。

 微調整は確かに現物あわせされたほうが良いかもしれませんね。自分は荒っぽい設計図(みたいなもん)書いてから制作ですが、やはり現物合わせは多いです。

>灰色の車輪をbricklinkで見てみましたが
 今度のTGVが灰色車輪だったら神だったんですけどねぇ(笑)。#7938の後継品は灰色車輪にならないかしら?
(まぁ灰色だらけも使いにくいの困りますけど)

 でもまぁ、黒でも違和感は無さそうですよね。

>これ本当に作れたら、おいしいネタになりますね。
 美味しすぎます。期待しております。
 誰か対抗で先代とか、先々代とか考えませんかね(笑)。先々代旧塗色は渋くて好き(笑)。
Posted by sekiyama at 2012年12月01日 09:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック