何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年11月03日

追記あり【ニュース】レゴブロックステーションKYOTOの模様

 来週は管理人(関山)も訪問予定のJR西日本+レゴジャパンの公式トレインイベント「レゴブロックステーションKYOTO」。すっごく気になる会場の様子です。

◆かう゛ぇ氏の「レゴの家」より。
http://legohouse.seesaa.net/article/300056798.html


 前日の設営中のレポートです。
 会場は「思ったほど広くない」とコメントされていますが、東京の感覚からすると現京都駅ってスケール感がなくなるデカさではありますので、感覚がいまいちつかめません(笑)。


◆公式ツイッター(の公式ツイート等)
https://twitter.com/kyotostation15

 ここにレゴで作った夢の列車が1500両並びます! 楽しみですね!
 とてつもない長さです。やっぱり、広い?


 レゴブロックステーションKYOTO 各会場大盛況でSTARTしてます!! 皆様のご来場お待ちしております!!
 何やら待機列までできてますね(ドリームトレイン制作の整理券まちかしら?)。大盛況でほんとうに良かった。レゴでトレインで人が集められることが実証されるのが日本的にも世界的にも大事なのです。


 レゴブロックステーションKYOTO ドリームトレインも大盛況です! 皆様の作るドリームトレインどれも素敵です!

 ちょっと無理もあります(笑)が、なかなか楽しそうですね。まだ両数揃っていませんが、並びきるとさぞかし壮観でしょう。早く自分も作りたい並べたい!

 なお、非公式のユーザーツイートには「京都駅モデル」や「製品体験イベント」の模様もあります。

 京都駅(かむすけ氏撮影)
 アップです。スケールが「ブロック3段で1階分」であることが伺えます。クリアの使い方とか曲面表現が「壮絶」なレベルですね!

 京都駅(岸本氏撮影)
 こちらは全景写真。
 大きい! レゴランドディスカバリーセンターのモデルと違って「省略・ディフォルメ」なしのスケールモデルなんですね。真面目な建築模型とも言えましょう。

 京都駅(ヘンリー氏撮影)
 部分写真。一瞬スケール感がなくなります。よく見るとポッチで大きさがわかるって感じ(笑)。

 製品体験イベント(ヤット氏撮影)
 真面目に現行のCityトレイン各種の並ぶカタログ的な世界ですが、思っていたよりも作りこまれています(これさえ、日本初です)。あと、現行製品ってやっぱり出来が良いの再認識。
 たくさん、売れますように。

===================< 追 記 >=====================

 「本命」来ました。かう゛ぇ氏の参加レポートです。
 その名も「京都駅ビル開業15周年記念イベント攻略法!」


 まず、京都駅! 無省略かつスケール通りの作りこみが凄い。
 明らかに「建築模型」の文脈であることがわかります。「鉄道模型のストラクチャー」ではないのですね。後者は省略ディフォルメありの世界ですから。


 「ドリームトレイン」の組立コーナー。なお、「制限時間40分」とのこと。
 かう゛ぇ氏親子の作品はオリジナル記事参照あれ。古いタイプの窓部品が意外(笑)。


 こちらは作品各種。大きめの部品で大きな形を作るほうが有利に見えます。
 ただ、大きめで使いやすそうな部品は競争率も高いのかもしれません。

 さて、以下が「攻略法」としてあげられています。
・まずパーツの色を考えず、カタチだけを作るのが有効だと思われる。
・当然、頭の中でイメージをふくらませていく必要があり、シルエット命。
・カラーリングを整えるのなら、これも先にイラストを描いておく、もしくは駅から見える車両を観察しておくくらいの予習は必要。
・逆に大人の既成概念は捨て動物や家、お店などをトレインにしてしまうというのも有効だろう。
・40分しかないのでヨーイドンで作り始めなければ100%間に合わず。

 意外とシビア?
 しかし、ゲームとしての面白みもありそうです。限定ビルドは3月にマスタービルダーコンテストで体験しましたが、あれは苦しいけど楽しいものでしたから。

 11月11日は、一緒にリベンジしましょう(笑)。
 
----------------- <追記ここまで> ----------------



 お馴染みamazon.co.jpも「レゴブロックステーションKYOTO」を応援中? 皆、40%以上off! 「超特急列車」はいつもの超絶お買い得価格。「新カーゴトレイン」は再安値水準の15600円。「レッドカーゴ」はこの前の狂宴価格ではないですが、今の価格も国際的には悪くありません。
 クリスマス前(自分用ならボーナスシーズン?)は品薄もありえます。「在庫潤沢」なうちに?

--------------------------------------

 なお、自薦他薦ともにレポートなど有りましたらお知らせ下さい。
 記事に追加いたします。
 
posted by 関山 at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビルドはパーツ探してる時間がほとんどでカタチ考えて組むなんて余裕はまったくありませんでした(^^;
しかも途中で電話かかってくるし、娘はトイレ行きたいというのでトイレに連れて行って戻ったら隣のテーブルの子がうちの娘が喜んで使ってた馬のフィグを拉致して記念撮影してるしw
娘は泣くし、フォローするのも大変な中、終了でーすって言われてがっかり。

古いタイプのトレイン窓はそんなに数はなかったですが新品とおぼしき状態のがあったので探して組みました。
ほんとは赤で組もうと思ったんですが同じテーブルの外人さんが赤で客車を組み始めていたのであえて黄色にしたんですが、パーツが意外となくて苦戦しました(^^;;

窓パーツもあるんですがグリルに使えるシャッター窓がなかったり、2ポッチパーツがかなり少なかったり、目の前にパーツはいっぱいあるんですが、そこから探し出して40分以内に組み上げるっていうのは慣れた僕でも厳しかったので、子どもたちがさくっと組めるわけもなく。

なによりトレインを組むという趣旨なのに、車体ベースなんかもあったりして、子どもの中には普通に車組んでる子なんかも結構いました(^^;

何千両という目標があるので時間をタイトに設定し、数をこなそうという作戦なんだと思いますが、目標数をもうちょっと少なくして時間かけたほうがきっといい企画にはなったと思います。

攻略法なんてたいそうなタイトルで書いたのも結局アイデアなしに出かけて行って、ほいっと組めるレベルではないんで(^^;;;
何を組むにしても予習は必要というのが個人的な感想です。

あ、ぜんぜん関係ないですがシグフィグ持って行くとかしたほうが楽しいかもしれません。
フィグもいくらかはあるんですがそれこそイメージ通りのものがないので、手持ちのフィグを車両に乗せて記念撮影だけでもできれば作品へのモチベーションが違ってくると思います。

手持ちのフィグなのにフィグ持って帰っちゃダメ!って怒られるかもしれませんけど(^^;
Posted by かう゛ぇ at 2012年11月04日 07:46
◆かう゛ぇ様
 詳細なコメントありがとうございます。

 40分の間にアクシデント起こったようですね。大丈夫です。トイレは事前に済ませて、「電話には出ない!」で対応しますので(笑)。部品も隣に取られないように要注意と(爆)。

>目標数をもうちょっと少なくして時間かけたほうがきっといい企画にはなったと思います。

 まぁ今回はじめてなので、贔屓目に見た方が良いかもしれませんね。40分というのは子供にとっては長い時間ではありませんし。AFOLにとっちゃあっという間ですがw

 あとシグフィグ、用意できるといいなぁ。
Posted by sekiyama at 2012年11月05日 04:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック