何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年10月25日

【ニュース】今度の「世界遺産展」は一味違う? 11月2日〜12月3日 @渋谷



 既に各所で告知されていますが、「レゴブロックで作った世界遺産展 PART-3」が以下の日程・場所で催されます。
 11月2日(金)〜12月3日(月) 10-21時(最終日18時まで)
 東京 渋谷パルコ パート1 3階 パルコミュージアム
 料金:大人(中学生以上)400円 小学生200円 小学生未満無料
 詳細公式ページヘ
http://www.parco-art.com/web/museum/exhibition.php?id=519

 PART3というとおり、過去に「世界遺産展」は何度か行われてきました。
 が、今回はひと味違います。

 ボリューム満点、40点ものモデルの制作のメインは直江氏ほかレゴ社公式ビルダーながら、今回は何名かの著名アマチュアビルダーも招待されているとか。現在明らかにされているのは、昨年の冬の札幌のイベントの「札幌地下鉄展示」他で知られるTOM氏です。

 TOM氏のブログより:【作品】「レゴで作る世界遺産展(PART3)」作業終了


 ネタバレ無粋ですので、圧巻と思った部分のみ引用させていただきました(先方記事に「全容」あります)。

 この大胆な表現!
 良い意味で堅実な表現をされる(強度とか考えると当然ですが)、公式ビルダーの作品とはなにかが違う!
 こうした「新しい風」が取り入れられたこと、今回の「目玉」ではないでしょうか? レゴの組み方はビルダーによって様々。堅実なプロの作品に「多様性」が加われば百人力です。
 また、プロとアマ(※)の交流試合、という観点もありましょう(それができるのも、プロの圧倒的な実力あってのことなのですよね)。
※:公式から依頼される地点でアマチュアと云うのは失礼かもしれませんが。

 それから。
 公式ページみると、「後援」「協力」「賛同」や参加関係者とか物凄いですね。
 京都駅での催しも凄いと思うのですが、こちらもレゴが広く注目を浴びることを示すような陣容ですよ!

 そんなわけで、今回は早めに観覧の上、レポ記したいと思います。プロアマ交流試合の観戦楽しみ過ぎます!
 また、可能なら会期中11月半ばくらいに「観覧オフ会」も開催したいと考えています。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログに感想という件、自分の所への話と勘違いしてました(汗。
何か大きな紹介を頂いてしまって…。すみません。
それでも世界遺産展の話が広まるのは有り難いです。

建造物を作るのは小学校以来でした。つまりその程度の感覚です。(汗
何れは建物もと思っていましたが、それも習作・試作を経ての話と思っていました。

ですから話を頂いた時は驚愕しました。
いきなり大物建造物です。

とにかく他の参加者の足を引っ張るまいとする想いでやりましたね。(汗


※自分のブログ上の「レゴで作る世界遺産展」というのは当初間違いでした。
正しくは「レゴで作った世界遺産展」ですよねえ。

その上で、(自らのブログ表題的にも)
作る側なのでこれでいいかとそのままにしております。
Posted by TOM at 2012年10月26日 11:44
◆TOM様
 建物の一部の紹介なので、「何?」と思った方がTOM様のところに飛んでくだされば幸いです(笑)。

>建造物を作るのは小学校以来でした。
 地下鉄さっぽろ駅のホーム+軌道も建造物だと思いますので、そこが評価されたのでしょうね。
(電車も建造物、というのはちょっと無理ありますけど)

>世界遺産展の話が広まるのは有り難いです。
 いや、これは告知しなければなりませんでしょう。これだけの大きな催しですから。

 また、大きな催しの姿も良い意味・良い方向に変わりつつあるようにも感じるのです。
 2008のBFT、2011年の札幌、そして今度の催し。
 そろそろ日本のレゴイベントでも、欧米をうらやましがる必要がなくなりつつあるのかもしれません。
(無論、未だまだです。努力は必要なのでしょうね)
Posted by sekiyama at 2012年10月27日 04:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック