何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年10月23日

【イベント】第22回運転会レポート「ささやかながら、濃厚に」

 10月20日土曜日のレポート、遅れてしまって恐縮です。
 「ささやかながら、濃厚な」催しであったと思います。
 但し、JAMから2ヶ月、まだその疲れから全面回復できてないところの開催は若干の無理がありました。そこに皆様お招きしたこと、申し訳なく思う次第で。

:中央駅も扇形機関庫も半壊状態で箱の中……。建物群も並べる余裕なし。

 それでも、ご参加の皆様が楽しんでくださったようなのでホッとはしている次第です。


 12V蒸機の勢揃い。1980年の白眉#7750が3両、そして#7750改のアイディアブック#7777作例の並び。
 機関車の重量感、存在感よ! 9VやPowerFunctionでの精緻精細な「作品」とも違う世界です。

 そして、レールも12V純正! 今まで9Vの線路上に12V飾ったりはしてきましたが「なんか、違う!」。
 それだけ12Vのシステム性も「重い」ものであったということでしょう……。


 勢揃い。横から。12Vの「信号機」はレールへの給電をコントロールするギャップスイッチと連動するというえらくシステマティックなもの。9Vではポイントがギャップスイッチ兼ねる「選択式」になったため不要になった要素ですが、こうしてみると存在感は濃厚です。


 12Vの蒸機とかインターシティの並び。
 左から2番めのTGV風……#7745のオーナー氏と、今度オーナーになられる予定のお二人に伺ったところ「#10223 HorizonExpressは別腹!」とのこと。納得といえば納得です。
 良い意味で世界観が違うのですね。


 #7777アイディアブック掲載作の4.5V版再現作品(yone氏作)。4.5Vの意外なハイパワーで長大編成もらくらく牽引。4.5Vはバッテリーカーという「縛り」があるのが欠点ですが、編成組んでみると意外と気にならないもの。


 今回初参加のsyachi氏の新作はなんと「シキ610形大物車」。文字通りの大物!は予想外。「3-3-3-3 + 3-3-3-3」の足回りも一切省略されず!
 テクニックとシステムを融合させた問答無用の大作・傑作。12Vのヨーロピアンな世界にも不思議と似合っておりますが、この車は大きな9Vレイアウトでも国鉄型の電機牽引あたりで走らせたいですね。


 エフ様の#183ディーゼル機関車セット(1977)の、現行パーツでの再現品。
 正直、画像サムネじゃ「再現品」に見えません(笑)。4.5Vレールの存在感も偉大ですし、それ以前にエフ氏のまとめ方の上手さよ。
 あと、「テクニック軸車輪 赤」の効能も大きいねという話にも。


 全景。
 今回は用意できるぶんの12Vレールのうち、直線を全量使って敷いてみました。これだけの12V直線レールの展開は(日本では)これまでもなかったことかもしれません。
 但し、設営は結構面倒です。レール自体組み立て必要な上、そこに集電レールも固定。更には各種配線も必要と。設営が面倒(楽しみ?)で、走らせる時間が短めになるのは否めないのですね。

 但し、レールシステムそのものの存在感は9Vでの代用※とは別物です。
 その意味で、可能な限りで12V広げたのは正解だと思ったのでした。

:もちろん12V列車は走れません。飾るだけです。4.5V列車は問題なく走れますが。


 さて。
 今後の方針ですが、もう1回位は4.5V/12Vのコレクション中心で遊んでみて、そのあとで9Vに戻った方がいいかなぁと考えています。
 やはり自分の作品を今の基準で作るためには9V/RC/PFの方が向いていると思いますから。レトロの動態保存も良いのですが、今も大事にしなければいけません。

 最後になりますが、ご参加の皆様、ありがとうございました。
 次回はもう少し「回復」した状態でお招きしたいと思います。
 
 また、11月11日の京都駅オフ。関西の皆様にお会いできるのが楽しみです。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=515167
 その他画像はこちらより(検閲済)。
 
posted by 関山 at 17:59| Comment(5) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無骨な姿が並ぶとこれはこれで不思議なリアルがあって壮観ですね。

しかしここまでくるともう、エンスーの世界ですね。(笑
Posted by TOM at 2012年10月24日 13:46
◆TOM様
 今のスマートなツルツルビルドも良いのですけど、古い製品のゴツゴツ感もたまらぬ魅力、それが伝えられたのでしたら本望です。

>エンスーの世界ですね。(笑
 旧車趣味……と解釈させていただくと、あれこれ共通しているのでしょうね。
 本文でも記しましたが、二本立てで頑張りたいです。
Posted by sekiyama at 2012年10月25日 06:08
先日はありがとうございました。 
 やっぱり灰レールは見た目が上品で良いですね〜。この印象はやっぱり変えられませんよ。 今後は9Vの他に12Vも単線でも常時併設で良いのではと思います。 今後もよろしくお願いします。
 皆さんにもありがとうとお伝え下さい。
Posted by yonenaga at 2012年10月25日 09:30
機関車の並び、すごいですね〜。
今思えば、動画も撮影しておけば良かった(後悔しています。)

印象に残ったのは踏み切りの動きです。
操作する人、見ている人が皆、楽しそうでしたね!

懐かしのカタログやネタ用、インストなど面白いもの、珍しいものを拝見できた楽しい1日でした♪
Posted by エフ at 2012年10月26日 00:31
◆yonenaga様
 灰レールの見た目の上品さは展開してみてわかりますよね。9Vでの代用とは世界観が違うような気がします。
 12Vの単線設置は考えます。需要が少なめなので常設は難しいかも……ですが。今回はご参加ありがとうございました。

◆エフ様
 動画はこれからも撮る機会あると思いますよ。踏切はものすごく大仰なシステムで、或る意味灰レールを象徴するような製品ですよね(笑)。でも、楽しい。

 カタログとかの資料は少しづつでもbrickshelfに上げていきたいと思っています。えらく時間がかかりそうですけれど……。
Posted by sekiyama at 2012年10月27日 03:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック