何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年10月18日

【レゴ製品(トレイン)】映画「Lone Ranger」のトレーラー。汽車のシーン!

 西部劇映画といっても年代設定とかテーマによっては、当然「汽車の出てこないもの」だって多々あります。
 まぁ「Lone Ranger」は西部劇のお約束・王道を踏まえてる趣ですから、多分大丈夫だと思ってましたが。


http://youtu.be/LoVhgaj6PiE
 エフ様に教えてもらった、「Lone Ranger」(2013)のトレイラー。
 汽車が出てくるどころか、汽車のシーンが「売り」のようです。素晴らしい!
(まぁカリフォルニアとビルンドの間で「おもちゃ出しやすいですよ!」みたいな交渉があったんでしょう)


 上映像より、機関車が横向けに転がり滑ってくる、衝撃的なシーン。

 肝心の機関車が車軸配置2Cのテンホイラーであることがしれましょう。1Cのモーガル(日本で言えば7100)や2Bのアメリカン(同 6400)よりはずっと大型で近代的なタイプ。

 それに合わせて客車も或る程度大型ですね。2軸の可愛いやつじゃなくて。ボギー車になってて大陸横断の急行列車という風情です。よく見ると窓まわりもデコラティヴな印象。
 あと、色もダークグリーン(別名レイルロードグリーン。欧米問わず鉄道車両によく使われる色だから)のよう。これも嬉しい。

 これは「#79111 Constitution Train Chase」がすごく楽しみになって来ました。
 あとは価格設定の問題ですね。下手に低価格化しようとして半端なものを作らないでほしいもの。

 セットとして、また商品としての落とし所としては「機関車+炭水車+客車1両+ミニフィグ他」というころでしょうか?

 この構成には「#4841 ホグワーツ特急(4代目 2010年)」という好例がありましたので、その流れを巧く汲んでほしいもの。でも車輪は大動輪じゃなきゃダメ! 
 「#7597+#4841」が理想ですよね!
 
 余談:
 そういえば。
 スーパーヒーローズの方は新製品情報いくつか出ているようですが、こちらでは「暴走機関車を止める」「地下鉄ジャックを捕まえる」ようなシーンはないようです(笑)。うーん。
 
posted by 関山 at 19:36| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱ映画おもしろそうだなぁ・・・、結構ダークなセットに成りそうですね、いやレゴ社だから成らないか・・・、   あれっヘレナ・ボヘム・カーター出てる?
Posted by krs at 2012年10月18日 21:28
http://weirdwesterns.wordpress.com/2012/07/12/lone-ranger-trailer-preview-at-comic-con/

↑CUUSOOの西武の町とあいそうな・・・
http://lego.cuusoo.com/ideas/view/1787
感じがします。
かなり、期待できますね!
Posted by エフ at 2012年10月19日 00:08
◆krs様
 確かに雰囲気はダークですよね。その分対象年齢高め、渋めのセットになってくれるという期待はあります。
 色彩的にはえらく渋かったPOCのトレイン版みたいな感じでここはひとつ。

◆エフ様
 西武鉄道にはアメリカンスタイルの蒸機の払い下げはなかったのが惜しまれます。古典蒸機でもイギリス機は何両か入換用に払い下げ受けてるですが。アメリカンでも電機ならED11とかED14が……。

 すいません、大ボケ許してください(笑)。
 cuusooの西部の街は、「ローンレンジャーの版権物」としてあっさり企画通っちゃいそうですよね。提案者の意図から離れてるのかもしれませんので、素直に喜んでいいのかどうかはわかりませんけれど。
 

Posted by sekiyama at 2012年10月19日 01:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック