何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年10月16日

【雑談】「まどか☆マギカ」劇場版観てきました。アニメの4thインパクト?

 先の日曜日のことですが、前後続けて一気に。
 作画とか背景の手直しがすごい。変わらないのは「ストーリー」だけじゃないでしょうか? 映画館の画面・音響で傑作再編集を観られるというのは気持ちのよいものでした。
(家庭用のプロジェクタじゃまだまだです……)

 そんなわけでTV版観込んだ人でも観る価値あります。退屈はしません。4時間はあっという間。映画館の座席は苦手ですが、あれは退屈するから苦痛に感じるんですね(笑)。
 勿論、巧い要約でもありますので、初めての方でも無論OKと。少なくともTVシリーズ12話観るよりは敷居も低い。

 で、未だ日曜だったので前後篇鑑賞特典のフィルム断片も貰えました。絵柄こんなの。

 え、誰? って思われるかもしれませんが(笑)、TVだと12話であった「過去の魔法少女たちにまどかが救いをあたえるシーン」の中の、バルキリーの娘さんですね(+ 手だけの神様まどか)。
 人物アップなので当たりといえば当たりなのでしょうが……。微妙?

 ……ただ、名も無き彼女に妙に思い入れ出てきたのは事実ですよ。フィルム断片というベタな特典ですけど、やはりもらったシーンやキャラには何らかの愛着が沸くものです。
 
 そういや、大昔のヤマト劇場版あたりだと、特定劇場(渋谷とか梅田とか)で先着でセルがもらえたらしいです。で、当然その場でセルの品評会(森雪大当たり。ハズレはモブ兵士とか)。
 自分の年代だと、そのへんは「先輩オタクに聞く羨ましい昔話」なんですが、今回は「それ」にやっと参加できたのかもしれません。

 作品そのものに関しては巷間で語られ尽くされてますが、個人的に改めて感じたのは。
 この作品は虚淵氏のダンディズム炸裂しちゃってるなってこと。登場人物たちが良い意味で「漢らしい」のです。いや、予告編で「エヴァQ」が流れててエヴァンゲリオンの事思い出して、「あれって登場人物がみーーーーんな悪い意味で女々しかったよなぁ」って思い出しちゃったこともあるのかもしれません。
※:女々しい、に性差別の意図は全くなし、誤解なきよう。

 ちなみに「漢らしい」と「マッチョイズム」がイコールじゃないのは当然ですよね?
 まぁそれが成り立つのは日本だけとは云わないけど、少なくともアメリカ合衆国以外だろうなぁとも思いますが……あぁ偏見。
 でも、「かわいい」と「漢らしい」を自然に同居させちゃったのはやはり素晴らしい。新房演出にイヌカレー空間も相まって奇跡の融合です。

 それから、ヤマトとエヴァの事書いたのでなんとなく。
 今って、4thインパクトの「進行中」なんだなと。

 エヴァンゲリオンで言われる3rdインパクト云々、というのはアニメとアニメファンの歴史を当てはめてるのは自明です。
 1stインパクト:ヤマト
 2ndインパクト:ガンダム
 3rdインパクト:エヴァ
みたいな感じ。東映長編※とか大好物な管理人には違和感があるんですが、ひとつの流れとして否定はできません。
 ※:まぁ、あっちはジブリ系として昇華しちゃってますよね。

 余談ですが、社会現象になったアニメの頃って「割とアニメファンが堂々としてられる」んですよね。
 エヴァ流行で何が嬉しかったというと、宮崎勤の例の事件のお陰でしぶとく続いてたオタク(というかマニア系の趣味全般)へのネガティブイメージがすーっと晴れていった。あの快感は忘れやしません。
 で、今は4thインパクトに関しては3rdインパクト……エヴァの頃よりも更にアニメファン、或いは各分野のホビィストが堂々としていられる。
 無趣味な奴より、マニア系の趣味持ってるほうがすっと良い、と認識してもらえる場面が増えた。なにより「萌」がお固い団体(官公庁やら地方公共団体やら大企業)にすんなり食い込んでる!

 勿論、まどマギが4thインパクトだ! と言い切りはしません。この今生きてる時代が4thインパクトなのでしょう。リアルタイムで享受できてる幸せよ……。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック