何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年09月24日

【作品紹介】かう゛ぇ様の「トーマス」と#7777掲載のアメリカンディーゼル。バランス良好!


 王道題材来ました。曰く「世界で一番有名なCタンク」
 而して、肝心の顔の表現は最新モード。

http://legohouse.seesaa.net/article/293695410.html
 先方の記事「きかんしゃトーマス」

 この機関車、第一動輪のスプラッシャ(泥よけ)のカーブが結構チャームポイントだと思うのですが、ポチスロ登場後、ここが無理なく表現できるようになりましたね。
 全体のプロポーションも割と正確。そしてカラーリング上結構重要な「1」のナンバーも。飾りラインは省略ですが、これはすっきりするメリットありましょう。

 そして、肝心の「顔」。

 先の「パーシー」との比較のほうがわかりやすい。いや、1ポッチ単位の小部品の使い分けできちんと「差別化」できているのですね。パーシーの頬の丸タイルも驚きでしたが、今度の「手錠」もなるほど!という感じです。

 足回りはダミーでもロッドがあれば……と思ったのですが、この機関車の「トイ的雰囲気」を考えると、下手にリアルな表現を持ちこむとバランスが壊れるかもしれません。これはこれで完成しているように思えます。
(ところで、足回りというとパーシーは外側シリンダ。トーマスは内側シリンダなのが作り分けられてるのですね。ここは蒸機ファン的には重要な違いだったりします)

 さて……トービーへのヘンリエッタが出来の良さで嬉しかったのですが、このトーマスに「アニー」「クララベル」は作られるのでしょうか? ちょっと楽しみです。


◆◇◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆◇◆


 かう゛ぇ氏の作品続きます。


 トレインアイディアブック#7777(1981)に掲載されていた、アメリカンタイプのディーゼル機関車(いわゆる「ロード・スイッチャー」)の「今様」再現品です。

http://legohouse.seesaa.net/article/293828270.html
 先方の記事「#7777 アメリカンディーゼル機関車」


 こちらが#7777掲載の「オリジナル」。
 欧州調一色であったあのアイディアブックの中では異色の存在でした。

 さて。
 かう゛ぇ氏のアレンジモデルは今の部品や表現を多々取り入れつつ、オリジナルの素朴さを生かしきっています。機関車の顔といえるボンネットはまろやかに(ここは手抜いちゃダメな部分)。黄色のラインは鈍重な感じを退け、全体をスマートに魅せていましょう。1世代前のRCの足回りも違和感なく組み込み。電池の関係で張り出す部分も、機関車の力強さを強調する方向でプラスになっています。
(というより、ある時代からのロード・スイッチャーはキャブ後ろもかなり張り出していますよね。レゴの#10219もその例外ではなく……)
 あと、RCユニットの電池蓋部分も燃料タンクに見立てが効いています。

 細かいところですが、運転台ドアの窓が上下逆にはめてあるのも他の窓位置とのバランスとりの工夫なんですね。素朴に見えて、芸が細かいのです。
 逆にサイドのルーバーはオリジナルの表現に則っており、#7777を引き継ぎ、1980年代のモデルっぽさを主張していると。屋根上のホーンも然り。

 この種のディーゼル機関車は「製品」も出ている今ですし、リアルな「作品」も多々発表されています。
 その中で敢えて1980年代的雰囲気を出すのって、結構難しいと思うのです。勿論、あの時代の部品だけ使えばいいってものでもないですし。下手に作ると悪い意味での素朴に陥る可能性だったあります。
 やはり、バランスの良い作品なのですね。
 

posted by 関山 at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紹介いただきありがとうございます!

トーマス、パーシー共に自走できませんからモーター付きのアーニーを作らないと動かないというのが一番大きな問題かもしれません(^^;
もっとも自走するアーニーもどうかとは思いますが。

自走できないと言えばデキ3もあるので客車はあってもいいかもしれません。
ただもう窓パーツも連結器パーツもないんで・・・ちょっとまた考えます。

ディーゼル機関車の窓ガラスが逆向けっていうのは気づかれましたか(^^;
元々どっちがどっちなのかよくわかってなかったんですが、インスト見てあれ?と思い、でもなおすとバランスが悪くなるのでそのままにしておいたというのがほんとのところです。

バランスというともう1ポッチ運転台部分を後ろに下げて、マースクトレインタイプのフロントにしようかな、とも思ったんですが、80年代の造形に微妙にあわないよな、と雰囲気崩さないようにという意味も含め、そのままにしておきました。

ただボンネットだけはそのままにしておくとあんまりだということで、ちょっとだけですが手を加えました。

しかしもう30年前なのに今でも十分通用する基本デザインっていうのはすごいですね。
この前の中央駅もそうなんですが、自分が追いつくのに30年、しかもいまだ追い越せそうにないっていったいどんな歳の取り方してるんだか(^^;;
Posted by かう゛ぇ at 2012年09月24日 23:18
◆かう゛ぇ様
 確かに自走も考えると「客車」は必要ですね(笑)。デキ3にも使えますし。

>自走するアーニーもどうかとは思いますが。
 まぁ、ここは「割り切り」ということで。鉄道模型・鉄道玩具の世界では小型モーター一般化前は珍しくない手法だったのですし。

 連結器は手持ち品多少は「お頒け」できますが……。現在発注中の品と同梱可能です。宜しければ。

>でもなおすとバランスが悪くなるのでそのまま
 偶然でしたか。でも偶然で「良い方向」がわかるのもよくある話です。やはり試行錯誤は大事です。

>1ポッチ運転台部分を後ろに下げて、マースクトレインタイプのフロント
 雰囲気変わってしまったでしょうね。現状のフロントは1980年代と2000年代の折半で調度良いバランスだと思います。

>30年前なのに今でも十分通用する基本デザイン
 これは複雑かつ難しい問題ですよね。
 1980年代の製品のファンが少なくないのは事実ですから。それに、実際に目にすると、或いは手に取ると、今の立派でかつ中間色多様のリアルモデルにはない「良さ」を再認識させられたりします。
 でも、あの時代に戻れないなぁと思うのも事実です。

 並行して楽しむのが、或いは巧くミックスして楽しむ……折り合いつけるのも「楽しみ」でしょう。
(ちょっとレトロゲームのコレクションしてた頃を思い出してしまいました)
Posted by sekiyama at 2012年09月26日 03:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック