何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年09月20日

【作品紹介】AP様のオハユ61形客車。何かと便利な合造車?


http://blogs.yahoo.co.jp/yakko35_21/53522038.html
 先方の記事。

 既に製作中予告がされていましたが、なかなかかっこいい合造車(普通座席+郵便)です。全身が「旧茶」というのもまた渋い(個人的には新茶も好きですが)。
 また、AP氏特有のリアルシルヘッダの表現も極まってきた感じ。

 ちなみに実物ではオハユ61は超絶希少車。
 60番代の国鉄客車は木造車の台枠再生で1950年代に数千両が大量製造された「鋼体化客車」であり、その中でも合造車としてオハユニ(普通座席+郵便+荷物)やオハニ(普通座席+荷物)は多々製造されました。が、その影で座席+郵便のオハユは全国で僅かに11両のみ。
 全廃は早いのか遅いのか1973年ですが、その割にファンのカメラにも収まっていません(実物写真見たことありません)。

 運用とかに関しては、以下が見つかりました。
http://www.mamezoo.com/pc/PC-CLUB/LOG/SP/066-ohayu61.html
 中央東線・和歌山地区・高山線・肥薩線で使用されたようです。
(中央東線ならEF13+暖房車、肥薩線ならD51の混合列車がありそう)

 閑話休題。
 この作品に話戻せば窓やドアの少なさが見慣れたオハユニ?に比べて少ないのがとても不思議な感じ。当たり前の国鉄旧型客車に見え「え、よく見るとなんか違うよ!」というのが題材選定渋すぎ……。

 なお、60番代の鋼体化客車ですから、既存作のオハ35やスハ43よりも客室部分の窓ピッチが詰まっている表現もされています。この差別化は効いていますね。


 編成例。まずED56と合わされてきました。輸入電機の走ってたような電化ローカル線の客レも様になるものです。
 
 それにしても。
 この種の客車は「田舎臭い」機関車ならなんでも様になりそうですよね。蒸機ならD51でも9600でも8620、或いはC11かC56。ディーゼルならDE10かDD16か……。客車だけでも良し、貨車混ぜて混合列車も良しと。
 或いは私鉄の客車という設定で北海道の炭鉱私鉄の古典ロコも似合いそう。

 そうした意味では、60番代の合造車って使い勝手が良いというか、夢が広がる題材です。
(自分も一両、欲しくなりました!)
 
posted by 関山 at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カッコイイ・・・

リアルなトレインの再現というのは元が実用車だけに機能美みたいなものがいいですね。

背景が作るのが時代考証含め大変そうですけど(^^;
Posted by かう゛ぇ at 2012年09月21日 07:09
◆かう゛ぇ様
 鉄道車両が機能美だけかと思うと、意外と設計者の遊びココロが入ってたりするので侮れません(笑)。ただ、国鉄の鋼体化客車は割とガチに機能美な気がします。それくらいに余裕・予算のない状況下で作られた車ですから。
(ただ、AP氏の作品は良い意味で贅沢ですね……(笑))

>背景が作るのが時代考証含め大変
 実はここが一番楽しかったりします。
 まぁ、レゴに限らず鉄道にかぎらず、模型的な趣味ってみんなそこに収斂しますよね。
Posted by sekiyama at 2012年09月21日 23:38
たしかにそこが醍醐味だったりしますね。
昔だろうが現代だろうが作り込もうとすればそれだけ手間がかかるわけですし、自分の鉄道ですから時代もあまり厳密には考えてないですね。自分の場合はそれを作り上げる「根気」と「センス」が問題かな。
Posted by AP at 2012年09月22日 16:41
◆AP様
 いやいや、本当に「根気」と「センス」の賜物だと思います。作りこみの手間は全く惜しまれていませんし。

 時代考証は自分も割といい加減です(笑)。
 まぁ、一番好きな時代の姿でレゴ化し、編成も「あったかも?」位でまとめられればよいかなぁ、と。
(その意味では鋼体化客車のオールラウンドさは改めて驚かされたりします)
Posted by sekiyama at 2012年09月24日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。