何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年09月12日

【レゴ製品】LEGEND OF CIHMAの画像/通常商品も5桁に

画像その1(ebayより)

 既にタイトルのみは公然になっていた、2013年からのレゴの新シリーズ「LEGEND OF CIHMA」の画像が出回っています。

 情報源・画像はToysNbrickより。
(追記:元記事削除されています)

 更にそのもとはEbayへの出品。
「RARE LEGO LEGENDS OF CHIMA CHI BATTLES Pre Production Sample 70113 PROTO」
 とあります。「試作品」「サンプル」というのはやや気になりますが……。

 予想された通り、「NinjaGo」の流れをくむ男児向けのアクションテーマ。
 画像見る限り、獣面の戦士がバイク状のメカに乗って戦う……というものなのでしょうか。バイクがスピナーの代わりと。あと、カード各種もNINJAGO同様に入ってくるようです。

 パッケージの裏面(ebayより)。

 バイクは1輪ですね。プレイヤーの少年は何か「長いもの」を持っていますが、これでバイクを走らせるんじゃないかと推測。ラックギア状の紐ではずみ車回して遊ぶ玩具は1980年代までは散見されました(速くてフライホイールならではのパワーもあり、玩具として面白かったです)

 右上から1.2.3とか並んでいますが……。これは手順ではなく、遊び方が3種類あると云っている模様。
 1:バイクで障害物の間を走り抜ける
 2:回ってるスピナーに、ぶつける
 3:バイク同士をぶつけあう? ジャンプ台有り。

 単純だけど、意外と遊びとしては面白そうです。
 何より「走る」というのはインパクトありそう。もう一つの予定テーマ?「sppedorz」もプルバックゼンマイ搭載の可能性有りますので、2013年のレゴはえらく「動的」になりそうです。

 パッケ表面の拡大(ebayより)。
 キャラクター的には日本ウケするかどうか、ちょっと分かりませんけど。ただ獣面の造形はかなり精細ですよね。

 パッケ裏面の拡大(ebayより)。ミニフィグのデザインが良く分かります。
 #70002が関連製品として予定されている模様。ただ、サンプルゆえこの型番になるのでしょうか?

 ちなみに、一部で噂されてようにレゴは通常製品も5桁品番にするようです。
 確かに、最近は4桁の空き番にかなり強引に詰め込んでいる印象があり、法則性が大きく乱れていましたから妥当な処置でしょう。
 まぁ、いつか4桁時代を懐かしむ日がくるのでしょう……。
 

posted by 関山 at 16:33| Comment(4) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニンジャゴーのコレジャナイ感をはるかに超越したこのフィグはいったい・・・
バイクもカスタム手押し車みたいな一輪車じゃなくなぜに二輪車が出てこないのか!!
それもレーシーな時代に逆行するようなのではなく、普通にシティシリーズで使えるようなスクーターがなぜないんだ!!

ということでモーレツに悲しいです。
Posted by かう゛ぇ at 2012年09月12日 17:17
あ、チナもコッチ系のアイテムなんですね(苦笑)
「走らせてぶつける」という遊びの概念というかコンセプト自体は90年代頃にレゴに登場して以来、形を変えながらも常に何らかの形で製品化されてきたのでニンジャゴーに比べるとギミックの目新しさは薄いかも?(その分ギミックの安定性は高そうですが)

>ミニフィグ
ニンジャゴーはメインのニンジャが既存の忍者フィグのデザインを引き継いでいたので、奇抜な要素が多い中、(それなりに)レゴっぽさを残していたように思うのですが、今回は敵味方共に特殊ヘッドが作り起こされてるので、もうカスタム品というかハズブロかどっかの洋トイに見えますね;
キャラクターデザインが洋ゲーチックなのも一因かも?

>バイク
どの程度まで分解出来るかにもよりますが、カウルなんかはスピナーよりもパーツとしての使い勝手はよさそうですね。(※ただし無地に限る)

>シリーズ
対決セットがAFOL層には魅力が薄いのは仕方ないので、通常セットに期待したいです。
…参考画像が「顔面付きモンスターマシン」に見えるのは気のせいと信じたいです(苦笑)
Posted by イグ at 2012年09月12日 22:36
◆かう゛ぇ様
 まぁまぁ。自分も第一印象は「何、これ!」でしたから。でもまぁ売れるなら正義ですし、コレで売れた分マニア向けラインが出来ると思えば不満はないのです(苦笑)。

>普通にシティシリーズで使えるようなスクーター
 これは別ジャンル、Cityで展開してもらうしか無いですね。まぁその前にカスタム品買う手もありますけど。

http://www.brickforge.com/store/home.php?cat=381
 ご存知かもしれませんけど。カスタムスクーターの入手・製造元知りたい方は多いと思いますので(笑)。

 何はともあれ、chimaに関しては未だまだ様子見です。
 狼の獣面で「ホロ」(狼と香辛料)みたいなのは絶対に出てこないのでしょうし(爆)。


Posted by sekiyama at 2012年09月12日 23:49
◆イグ様
 あぁそういえば暗黒の90年代後半から00年台前半位は「走ってぶつける」的なブツ、いくつもありましたよね。意図的に記憶から消してましたが(爆)。

 でもまぁトレインという走行ギミックを売りにしてきた製品のファンとしては、なんであれ走行ギミックは肯定したいです。スピナーよりはマシかな?
 バイクはどこまで分解できるんでしょうか。柄はちょっと癖強すぎるので、珍走団設定にしてもちとキツい?

>敵味方共に特殊ヘッドが作り起こされてるので、もうカスタム品というかハズブロかどっかの洋トイ
 特殊ヘッドは最近は完全に麻痺状態です。swがさり気なく一番使われてるかもしれませんが。

>参考画像が「顔面付きモンスターマシン」
 爆笑!
 やっぱりそういう方向性になるんでしょうね。まぁ今回こそ大陸横断なchimaトレインとかやってほしいなぁと思ったり。

 しかしイグ様のツッコミ、適切!
Posted by sekiyama at 2012年09月12日 23:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。