何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年09月10日

【国内作品紹介】絶! エフ様の新幹線0系 全長24ポッチバージョン



 先方の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/13995483.html

 あのJAMからさほど間が開いておりませんが、エフ様の新幹線0系が大きくイメージ変えてきています。
 基本造形は変わらないのですが、全長がショーティから、24ポッチトレインベース基調になると「大化けする」もの。

 なんというか、格好良すぎてバランス良過ぎて言葉が出てきません。
 0系新幹線は過去に内外でモデル化されてきましたが、問答無用で「ベスト!」なものになりそうです。
(無論、過去の作品はその時代の部品・技術で作られてきたわけで価値が劣るわけではありませんが)

 で、「なりそう」という書き方にしたのは未だ完成ではないから。
 パンタグラフや台車周り、スカートが今後詰めていくところなのだとか。ただ、基本造形が優れていますので、ディテール追加にも大いに期待できるのです。そして0系ができてしまえば応用の幅も広いでしょう。1000・922は同じ顔ですし、その流れに951・961・200・925もあるわけですから。

 ちなみに24ポッチ基調だと「レゴスケール」としても短めなのですが、可愛らしさとリアルさのバランスは優れていますね。何より、この長さのリアルモデルというのは割と新鮮ですし、一般的レゴスケール(28−32ポッチ長)とは違う味がありましょう。
 フルスケールも含めてどのへんがベストか、再考されるきっかけになるのかもしれません。
(誤解防ぐために言えば、それぞれに特長がありますからね!)
 

 このアングルから見るのが一番格好いい! スカートの短さが目立ってしまうアングルではありますが、意外と気にならない……? 
 
posted by 関山 at 23:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うまくまとまってますねー
最近はみなさん、カーブスロープの使い方がうまくてレゴに見えないっていうのがすごいです(^^
Posted by かう゛ぇ at 2012年09月11日 09:13
紹介記事ありがとうございます。トレインプレート(中古=青)から全長を決定し作成したのですが・・・これでもショート気味なんですかぁ!
私にとっては「パーツ大食い」の感じがしたのですが・・・。
レゴスケールの大量資材使用には驚かされます。

それでも全長の長短により、雰囲気・・・可愛らしさが強調されると評価を頂き嬉しく思いました。

私の場合は鉄道模型ではなく、やはり、温かみ(誤解のないように・・・鉄道模型も温かみはあります。)を求めて「おもちゃ」路線で行こうかと・・・今、気がつき始めました!
Posted by エフ at 2012年09月11日 23:33
◆かう゛ぇ様
 カーブスロープも基本の1×3出てきたの7年前。ポチスロも同時。あの辺が当初言われたとおりにビルドを変えてきましたよね。便利部品が良い方向に使われるのは嬉しいことです。

◆エフ様
 青トレインプレート24ポッチ長はレアですが、この使い方は本当にベストだと思います。

>これでもショート気味なんですかぁ!
 大爆笑!

>レゴスケールの大量資材使用には驚かされます。
 経験してませんが、フルスケールはもっと凄いみたいです(苦笑)。まぁ海外調達しているのですから、あんまり深く考えないほうが……経験値たまるとパーツ購入単価も下がっていきますから(笑)。

>温かみを求めて「おもちゃ」路線で行こうかと・
 鉄道模型にもBトレであったり、或いは1950−70年代の年少者向けショーティモデルというジャンルがありました。どちらもコレクターの多いメジャージャンルです。

 JAMでもエフ様のショーティは評判良かったですから(ケース内じっくり眺めるお客様多数)、この方向性は個性として、有りだと思うのです。

 既にフルスケールとレゴスケールが共存?している世界なのですし。
Posted by sekiyama at 2012年09月12日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック