何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年09月04日

【作品紹介】TN-FACTORY様の「どっかでみた、あの家」と489系試作品

 まず、TN-FACTORY様記録のJAMの画像が上がって来ました。別視点・別アングルあるかもしれないので必見です。
  

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=511561
 力作であった、ケース内展示用の「ひな壇」も。結構精密なダンボール細工だったんですよ(大雑把な自分には無理な工作。TN氏にここ任せたSUU氏も彗眼ですよ……)。

 そして、JAMでの隠れた目玉! 「どっかでみた、あの家」
 

 楽器屋の売上が伸びたなどいろんな伝説作った京アニ制作のあのアニメの主人公姉妹の家です。これまでも建築CADとか建築模型作品が数々作られてきたようですが、レゴでの再現は知るかぎり初めて。会場でも「分かる人は、わかる」という存在でした。

 見事な再現度です。まさに建築模型。レゴのジャンルだとModulexとかArchitectureでしょう!
 この手って、シンプルなように見えて難しい建物ですよね(意匠でのごまかしが効かない。手抜きするとすぐバレる。実物もそうですがモダニズムは金と手間がかかる?)。随所に横組みとか凝ってます。インテリアは未だないみたいですが……?


 あったらいいな!のミニフィグ群。ヘッドは伊藤園のお茶のオマケを利用しているとのことです。サイズがここまで合うものなんですね。頭と体のバランスがファビュランド的でもありましょう?
 大真面目な話、アニメキャラをミニフィグで再現する際の頭身は標準ミニフィグのままでいいのか? という話題にも突っ込めそうな相性の良さなのです。

 ところで全員卒業旅行のついでに某魔法学園に転校したんでしょうか(笑)。いやまぁレゴで学校の制服ってアレしかないですもんねぇ。

 で、このテーマを推し進めると、「豊郷小学校旧校舎」とか「叡山電車」とかいろいろ作るべきものが出てきそうで、楽しみです。


◆◇◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆◇◆


 さて。その一方で硬派な?の新作試作品が上がって来ました。



 何とボンネット型の特急電車。481/483/485系……のクハ481ですが、連結器周りは489系を意識されていますね。
 かつての試作品との並びですが、改良箇所が全てプラスに効いていましょう。各部の丸みの表現は「完璧!」というべきもの。これは完成が楽しみです。そして700系パノラマカーにつぐ代表作になる予感がします……。
(余談ですが、ボンネット型でもクロ481に仕立てれば、4連でも国鉄時代にあった実在編成になりますね。ただ今回敢えて489にしてきたということは……ひょっとして?
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家も素晴らしいですが、フィグが素晴らしいですね。
フレンズもこの路線なら・・・日本人のアニメ好きがいたら世界が違ったんだな、ということを確信しました。

家は縮尺が素晴らしいですね。
これ、玄関を1ポッチないし、2ポッチ大きくしたいところですが、それをすると単純に4倍大きい建物が出来上がってしまうので、そうなるとこの良さがなくなってしまいますし。
まさにアーキテクチャシリーズのような逸品ですね。

クハ481のほうも素晴らしい。
鉄道模型のクオリティですね。

一時期なぜかこのタン色のカーブスロープがいっぱいで、いまだに使い切れずにいますが、こんなにぴったりの活用法があったとは!

良作というだけでなく懐かしいというのが感動をさらに増幅させてくれるので、まさにびびびと電気が走ったようでした。
Posted by かう゛ぇ at 2012年09月05日 06:17
◆関山様

JAMの画像>
主に自分の展示物が入る構図で撮影したものです。
  
ひな壇>
搬入時は小さくなるような構造にしていました。車輌を乗せてベースプレートが変形しないこと。現場で高さ調節しやすい事。コストを考えて作った物です。現場で急遽作成した分はもっと簡単な加工でした。

どっかでみた、あの家>
手持ちパーツでなんとか形にしたので、変えたい部分はあるのですが、それらしくはなったかなと思います。

ミニフィグ群>
頭と体のバランスはこういった展開もありますね。海外でもスポーツ選手や映画作品のデフォルメもありますし、国内でもこういった比率の商品は定着してますし。
倒れやすい欠点はありますが。(Friendsも同様)

某魔法学園に転校>
紺色で手持ちで数が揃いそうだったのは、鉄道の制服でこれだと今回のイベントではコスプレになってしまうので、魔法学園コスプレのほうがマシかなと。

ボンネット型の特急電車>
JAMでawazoさんのキハ82他を見て、このカラーリングのものを作りたくなってしまいました。
この画像の後で、また形状変更しているのでそのうちにupする予定です。
似た特急があるのでバリエーション展開もできますね。

ひょっとして?>考えての選択です。


◆かう゛ぇ様

家は縮尺>
電車の6幅基準で、それに合わせた縮尺で作りました。それと、インターネットでいくつかの図面がupされているので小さめの図面を元に作っています。後は実際に作るとしてコストを考慮するとこういった形になるだろうと考えてのものです。
結果的に各部のディティールのサイズがこの縮尺に丁度良い感じになったかもしれません。

タン色のカーブスロープ>
最初のショーティでの発表当時はタン色のパーツの種類が少なくて黄色で作ったのですが、今はタン色が使いやすくなりましたね。

懐かしい>
JAMの今回のストラクチャーも懐かしい感じで、awazoさんのキハ82の懐かしいカラーリングの車輌も私には妙にマッチしているように感じて、再び着手しました。
Posted by TN-FACTORY at 2012年09月06日 01:20
◆かう゛ぇ様

>フィグが素晴らしいですね。
>フレンズもこの路線なら・・・日本人のアニメ好きがいたら
 リアル等身指向のFriendsとは逆方法の方向性ですよね或る意味。その意味でも、あの魔改造ミニフィグの示唆するものは多い・大きいのかもしれません。
 え、日本のアニメキャラやるならファビュランド規格で???

>家は縮尺が素晴らしいですね。
 同感です。あのあの締まった感じが素晴らしい。

◆TN-FACTORY様
>>ひな壇
 あれこれ考えての「作品」だったのですね。
 記録は正解だと思います。

ミニフィグ群>
>国内でもこういった比率の商品は定着してますし。
 あ、それですそれ。
 どこかで見慣れてると思ったら(笑)。ねんどろスケールはもう見慣れすぎてしまいました(笑)。
 とかいいつつ、昔なつかし「こえだちゃんと木のおうち」やその亜流の人形の雰囲気もありましょう。

>ボンネット型の特急電車
 あのキハ82は結構前の作品ですが、今でもインパクト与え続けていますよね。今はあの頃よりもタン色の供給が凄く良くなりましたから、あのカラーリングも作りやすくなった感があります。国鉄特急色ブレイクの予感??

 で、あの試作品でもかなりの完成度でしたが、更に改良?? 楽しみです。

Posted by sekiyama at 2012年09月08日 08:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。