何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年08月31日

【イベント:JAM】紹介記事まとめの続き

 ご存知のかた、既にご覧になった方も多いと思いますが、紹介されている記事のまとめです。
 他にもありましたらお知らせください。追記いたします。

◆◇◆◇◆◇◆


 にぃ様「三次元模型設計概論」
【JAM2012】動画 Lゲージ ブロックで作る鉄道模型 LEGO TRAIN @第13回国際鉄道模型コンベンション

 「大人気で終始賑わっていた」なんて褒めすぎです。嬉しいです。
会場の中でもこのLゲージはプラレールと並んで特筆すべき存在で非常に目立ってました。
ただ単に展示して出展者が自己満足や利権でやってるというのではなくて、LEGOトレインの体験教室のコーナーもあり、広く一般の人にに知ってもらって楽しんでもらおうという趣旨のようで、体験コーナーの参加者や観覧者の笑顔が絶えないほど非常に賑わっていました。
 いや、正直なところ自己満足は多少にあります(苦笑)。営利は「輸入代行」「アフィリエイト」がありますし。
 でも、こうして理解していただけたのは嬉しいです。「広めよう!」「認めてもらいたい!」という気持ちは十分にあります。この趣味はまだまだマイナーなので。
 日本という鉄道大国・鉄道玩具大国(プラレール。あと語弊あるかもですがNゲージ)でレゴの鉄道シリーズが評価される(=売れる)と、レゴ全体の流れを変えられるかもしれないというのがファンとしての望みだったりするのです。

 それから、動画での紹介です。既にご覧になった方も多いかもしれませんが……。

http://youtu.be/YLwOiNYV0sk
 1日目の様子ですね。纏め方がとても良いのです。ケース内も含めて各展示・体験教室を収めています。あとレイアウトではE91.9がロッド回してガチャガチャ。コンビーノ(広電5000)がカーブでクネクネ。必見。

◆◇◆◇◆◇◆



 Popeye 様「MY 鉄道模型 Nゲージ〜」
【JAM】2012 第13回鉄道模型コンベンション JAM会員ブース編(2)

 「おとぎの国の機関車」としてこちらも動画入りの紹介です。

http://youtu.be/WpyFxgbB4aQ
 1日目で、BB9200がTEE-INOX牽いてく画像ですね。フル運転時でなかったのがちょっと残念です(ブログに使われるなら全線動かしましたのに……)。ショートスケールの欧州型は確かに「御伽」嗜好でもありますので、間違いでもないのです。
 来年もよろしくお願いします。

◆◇◆◇◆◇◆



 蕗狩軽便鉄道様「Modelisme hebdomadaire」
「国際鉄道模型コンベンション JAMいってきました。」
レゴですね。圧巻でした。自分もレゴトレイン好きで持ってるんですけど。これには感心しました。でも、日本型の車両を一所懸命作ろうとしているのが、なんだかちょっといたいたしいというか……もっと自由な形のトレインの制作のほうがたのしいだろうになーなんて考えてしまいました。
 既にレゴトレインもお持ちの方が紹介してくださいました。
 日本形車両作りは痛々しくやっていると云うよりは、「好きだから」「ネタとして」「可能性への挑戦」というニュアンスだったりします。でも、のびのび自由形という方向性は忘れてはいけないなぁ……とも自戒として感じさせられました。
(日本形車両作りは痛々しく……というのは、実は10年前のこの世界入る前の自分もちょっと感じてたことだったりします。この辺は来年の10周年記念コンテンツででも?)

◆◇◆◇◆◇◆


 
 ぺたぞう様「一畳プラレール」
「国際鉄道模型コンベンション2012その11」
 当日お隣であった(そしてJAM出展では先輩格の)ぺたぞう様のところでも紹介をいただきました。写真のセレクションが渋く、またコメントが大変に「わかってる」ものであるのが嬉しいですね。

プラレールか、ブロックか、というのはお子さんの創造系おもちゃの二大巨頭、大型の車体は迫力もあり、再現度も高いです。この、制作における省略の取捨選択、というのが、「精密な再現」を目指す他模型と違い、プラレールと共通する要素として親しみを感じられます。
(中略)
何よりも、情景も同じパーツで作成できるというのがとても強い。無限の可能性が感じられます。
 レゴトレインの魅力を、自分たちよりも巧く語ってしまってくださってる……。携わって長いと意外と言葉って出てこないのかもしれません(苦笑)。
 来年も、よろしくお願い致します。というより、その前にどこかのプラレールイベントに参加させてください(……お邪魔でなければ)。

 余談ですがプラレールのタイヤ交換(F1のごとき!)は面白いエピソードでした。

◆◇◆◇◆◇◆



 片岡様「LEGO tidepool」
「JAMイベント参加しました」
 今回の建物提供や運営に多大な貢献して下さった片岡様のブログの記事
 写真に独自のものがあります。必見。
 

 
5才の子には電車の名前を熱心に教えてもらいました。
ありがとう。いくつか覚えました。
 ホロリとしてしまう話です。自分はついマニアックな大人(含む取材)の応対ばかりしてたような、ちょっと反省です。

◆◇◆◇◆◇◆    ◆◇◆◇◆◇◆

 そんなわけで、皆様ご紹介ありがとうございます。
 JAMからはもう2週間がたってしまいましたが(早!)、来年も参加予定です。その節もよろしくお願いします。
 

posted by 関山 at 19:05| Comment(7) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介ありがとうございます!
運転会、ぜひご参加ください!

とはいえ、9〜11月は鉄道の日にからめたシーズンで、イベント依頼が多く自分たちの運転会は予定されておりませんが…。

まあ、商業施設等でのイベントでも、基本的にはいつものようにまったりとやってますので、ぜひお越しくださいね。
Posted by ぺたぞう at 2012年08月31日 21:14
レゴトレイン系はチームレゴトレインみたいな感じのファンクラブってことになってるんですね・・・
というかここに書いてるとみんなそういう集団ということになるんでしょうか(^^;

僕もリアル系は写実的なものというしばりとパーツ点数がぐぐっと増えるので苦手ですが(嫌いという意味ではなく技術的に組めないという意味で)御室駅の関係もあって、嵐電と叡電はそのうち組むつもりでいてます。

これって痛いんでしょうか?(^^;;

ここしばらくはチャギントンのウィルソン、きかんしゃトーマスのトビー、オフィシャルのカーズのメーターとか、子どもが好きなキャラクタが一同に会することができて、なおかつオリジナルトレインも一緒に走れるっていうのがレゴの良さだなぁ、とうっすら感動しつついたんですが。

チームレゴトレインが痛々しいという評価があったというのは残念です。
Posted by かう゛ぇ at 2012年08月31日 21:46
関山さん、かう゛ぇさんこちらでははじめまして。
常連の皆様もはじめまして、某掲示板でJと名乗っているJOKERです。
今回のJAMの記事や映像を多方面で拝見し感銘を受け、
是非書き込ませていただこうと思いました。

趣味のものを皆で作り上げる楽しさと、
子供たちの熱い視線が印象に残りました。
おかげでトレインに対する製作意欲が強烈に湧いて
早速、動力化セットとリモコンを購入しまいましたw

「痛々しい」という表現があり残念との事ですが、
私の解釈としては、せっかくの自由度の高いレゴでなぜ他と同じものを?と言いたかったのではと思います。
筆者の方は、他で普通の列車に見飽きてレゴに何かを期待していたのかもしれません。
レゴトレインを紹介という意味ではかう゛ぇさん製作中のアニメ系列車や海賊列車は受けが良さそうですね。
私はスターウォーズが好きなので、昔あったスペース系の列車みたいなものを作ってみたいです。
JAMのような機会があると、自分の作りたいものを作るという他にも、
会場全体の中でもどうやってここを見せるかなどを考えるのが楽しそうですね。

初めてで長くなってしまいましたが、以降よろしくお願い致します。

Posted by JOKER at 2012年09月01日 14:24
◆ぺたぞう様
 コメントありがとうございます。
 今回は自分たちのほうが余りにも多忙で、プラレールはほとんど「遊べ」なかったので、是非ゆっくり拝見したいと思う次第です。あぁ昔プラレールも好きだった血が疼きますよ……。

>9〜11月は鉄道の日にからめたシーズンで、イベント依頼が多く
 ここは「さすが!」とおもうところです。イベント続きおつかれですが、がんばってくださいませ。
 

◆かう゛ぇ様
 サークルと言うよりはあくまで個人とその周りに集まっている緩やかな結び付き……という認識ですね。まぁ大きくなってきたらそのへんはしっかりさせて方がいいのカモしれませんが、まだ時期尚早な気はしています。

>これって痛いんでしょうか?(^^;;
 いや、違うと思いますよ(笑)。
 ただ、キーになるのは「玩具」を目指すか「鉄道模型」を目指すかの方向性の差なのかなぁと思ったりもしています。自分はレゴスケールですが、フルスケールの方や、欧州系リアル志向の方はまたなにか違うのでしょうし。
 そう思うと、レゴトレインの方向性は幅広いのですよね。

>御室駅の関係もあって、嵐電と叡電はそのうち組むつもり
 これは楽しみ過ぎます。あの駅は叡電も似合いそうです。
 あと、路面機関車(トービー)の完成度に驚いています。ウィルソンも完成度上がりましたね。記事にしますのでお楽しみに。

◆JOKER様
> 趣味のものを皆で作り上げる楽しさと、
>子供たちの熱い視線が印象に残りました。
 嬉しい言葉、ありがとうございます。
 自分は4年前のBFT以来でした。あちらでは1参加者という立場でしたが、今回は主宰で苦労もあり楽しみもあり。

>トレインに対する製作意欲が強烈に湧いて
 これは更に嬉しいです。

>>痛々しい
>自由度の高いレゴでなぜ他と同じものを?
 一つの反論になるのは、自由度が高いからこそ「形を守る」ことが何となく意識されちゃってるのかなということですね。何でもありの無秩序になるのを避けている、というか。
 あと、かう゛ぇ氏へのコメントでも記しましたが「おもちゃ的」というより「鉄道模型的」な志向もあるのかもしれません。
 勿論、自由度の高いモデリングは個人的には大歓迎なのですが。
(何せ主流が実在車両ですから、多少の「脱線」は感が芸されて然るべきかも、と)

 そんなわけで、
>昔あったスペース系の列車
 には期待してしまいます。999のC62以外の列車とか、この方向性は奥行き深そうなんですよね。

 今後もよろしくお願い致します。
 
Posted by sekiyama at 2012年09月02日 13:45
JOKERさんがトレインを!!
ということで期待大です!!

やっぱり機神兵団あたり・・・(笑)
Posted by かう゛ぇ at 2012年09月03日 13:33
はじめまして。

当方のブログで「いたいたしい」という人によっては失礼ともとられかねない感想を記してしまってちょっと申し訳なく感じていますが、決して俗に言う「痛い」という意味ではないのでご了解ください。

レゴの場合はブロックによる造形という制限があるので、たくまずともフリーランスの要素が出てくるのが楽しいところだと思います。ですから、あまりに忠実にプロトタイプを再現しようとすると返ってレゴの魅力がそがれるような気がしてしまいます。日本型は身近に実物があるので、よけいにその傾向を感じたのかもしれません。

実は子供の頃からのレゴファンで、自宅(現在単身赴任中です)には様々な基本セットに加え、特殊パーツがない時代のハーレーダビッドソン・ポリスや白いロールスロイス、初期のニューマティックエクスカベイターやヘリコプター、マインドストームなどのテクニックシリーズ、4.5Vグレーレールと9Vのトレインセットなどが眠っています。

にもかかわらず、今回のJAMで病気がぶり返し(苦笑)カンザンブリックさんにいくつかテクニックシリーズを注文しました。ひさしぶりにわくわくする買い物です。よろしくおねがいします(^^;;;
Posted by skt at 2012年09月03日 18:36
◆かう゛ぇ様
>機神兵団
 懐かしすぎます(笑)。

 でも世界観的にトレインとの融合はよさそうなんですよね。
 何時か余裕できたら(+ダークグリーンの供給がもっと良くなったら)満鉄型はやってみたいなぁ(笑)。東洋的にアレンジされたアメロコは本場ものとは違う魅力が(以下略


◆skt様
 こちらでは初めまして。
 また、カンザンブリックでのお買い上げありがとうございます。テクニックは現行品もレゴ本来の良さをさり気なく固持しているシリーズと思う由です。どこかストイックなところも含めて。貴ブログのレビュウ読みましたが、楽しまれている様子が伝わって来ました。
(余談ですが、レゴでトレインで蒸機や古典電機を自走させようとすると、良い意味でテクニックじかけになってくるのです)

 あと、そちらのコメントでも記しましたが「いたいたしい」は誤解しておりませんのでご安心下さい。私自身自由形の世界、架空鉄道の世界には1970年代のTMSやとれいん誌で憧れを募ってたものですし。skt様のホームページを拝見し、そうした世界が今も続いていることに尊敬の念を禁じえません。
 また、自分も長年暖めていた「レゴによる架空鉄道」を何時かはじめてみようと思った次第です。

>ブロックによる造形という制限があるので、たくまずともフリーランスの要素が出てくるのが楽しいところ

ここはまさに仰るとおりです。その観点で以下は如何でしょうか?

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=476231

少し前の拙作、自由形の操重車です。
ビーム部分は既存部品の形を生かし、モーターや歯車、電池BOXというレゴ要素を活かす造形したつもりです。
 これは作ってて楽しかったですし、楽しかったことをskt様の言葉で思い出した感じです。
(但、重機屋さんからかなり痛い[本当に、痛い]力学的なツッコミ貰ってしまって再修正にかかろうと思ってるところですが。まぁこれも楽しみです)

>特殊パーツがない時代のハーレーダビッドソン・ポリスや白いロールスロイス、初期のニューマティックエクスカベイターやヘリコプター、マインドストームなどのテクニックシリーズ、4.5Vグレーレールと9Vのトレインセットなどが眠っています。

あのハーレーをお持ちですか。自分も最近1970年代のトレインに手を出しているところですが、あの時代のモデルは独特の良さを感じます。4.5v灰レールや初期9Vのファン・コレクターは我々のメンバーにもおりますよ。なんだかんだでレゴに関しては古いものも新しいものも、世界観を分ければ両立共存できるというのが印象です。
(あ、レゴにかぎらずとも? 年少入門者向けに敢えてNゲージの[素朴でおおらかな、でも懐かしい]旧製品を供給してくれているメーカーもありますから、やはりこの種の趣味の深さというか懐の広さを感じる次第です)

今後も宜しくお願い申しあげます。また、貴ブログの記事とか少しづつですが読み込んでいきたいと思っております。
Posted by sekiyama at 2012年09月04日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック