何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年08月22日

【イベント:JAM】レポート2日目(8/18 土)日本形の日

 まず、「1日目」の分も含めてbrickshelfにアップしました(検閲済)。
 記事では未使用の写真も多々ありますので、ぜひともご覧ください。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=510607
 1日目。欧州形の日。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=510693
 2日目。

--------------------------------------

 2日目は予定通り、「日本形車両」(レゴスケール)の日となりました。
 レゴでも日本形ができるのだと知らしめる日でもあります。


 お馴染み。中央駅の構内。ずらりと並んだ日本形車両。手前の東急7700系がエフ氏、奥の185系・211系がBUCHI氏。他が拙作。


 大鉄橋上で並走する、153系新快速とEF58牽引のブルートレイン。1970-80年頃の「国鉄」な世界。


 この日の目玉!。イグ氏の新作EH500「金太郎」とコンテナ貨物。やはり、一番の人気作でした。
 側面のJRFロゴ・金太郎は勿論、屋上配線の丁寧さと、独自表現のパンタグラフが印象的です。
 PowerFunctionですので、ゆっくりスロー効かせて外周線を走り通したのでした。スローでトルク出るのはPFの利点でもありますので、貨物電機向けなのかもです。


 こちらも人気作。Mugen氏のN700系。とてもとても丁寧な造形・仕上げの車両です。走行車両では今回唯一の新幹線というのも大きかったですね。
 しかし、現行車両だけが人気者かというと、さにあらず。
 拙作の東急5000形アオガエルが何故か反響大きかったです(笑)。
 写真は流し撮りで。横浜の街をバックに走ってくイメージ。背後の人の多さも印象的。


 流し撮りが決まったもう1枚。Ryokuchakuma氏の富山地鉄16001形(西武5000系)。ヨーロピアンな街並みバックでも様になっているもの。


 マニアックな?組み合わせ。上段はBUCHI氏の185系。少し前の作品ですが、今も輝き変わらず。諸般の都合でクロ157組み込めないのは残念でした。
 下段はDD50牽引のブルトレ。実物では田村〜米原間一駅のみの仕業でしたが。


 マニアックついで。上段は拙作の国鉄気動車寄せ集め4連。先頭車は島原鉄道社車のキハ2600。続いてキハ55バス窓、キハ26 400、キハユニ16。
 下段は日立の試作機DF90による20系ブルトレ牽引。実物ではなかった組み合わせですが、20系も日立製ならオール日立の、日立の社史とかパンフにありそうな?編成。


 勿論、蒸機の出番もあり。
 C55をC57に見立ててブルトレ牽引。C57は1973年ころまで極稀ながら日豊本線でブルトレ牽引してたとか言われます。


 明治生まれの古豪6200。客車1両だけ連れた軽い編成で。実物は1960年代初頭までは東武鉄道で電車に混じって働いてた長生きの機関車でした。誰か東武の電車お願いします(笑)。


 この日の突発ゲスト、Yonenaga氏が持ち込んでくれた新作#7777アイディアブック(1981)再現作の欧州系パシフィック。3日間通じて唯一の4.5V車両はまったりと本線を駆け抜ける。


 「海の底さえ汽車は往く」。関門トンネル用のEF10 24号機(ステンレス車体。日本では2番目の採用)牽引の貨物列車。2両目の変なタンク車は日本初のステンレス車、タム5500形
 編成の後ろに見えるのはryokuchakuma氏の冷凍機付冷蔵車で「Lゲージ」広告入。黒貨車中心の編成だと違和感が無く溶けこみます。

 背後は鉄道連隊のコッペル。実物蒸機をバックに運転なんて考えてみれば空前絶後のこと? 鉄連の徽章がかっこ良すぎ。


 ステンレス車つながり。BUCHI様のE231系。211系もそうですが、二階建てグリーン車の評判が良かったのです。


 中央駅周り。高架線では7700系が退避中。5000形が力走中。古き東横線!


 路面区間ではえちぜん鉄道Mc6001(MUGEN氏作)が雰囲気に溶けこむ。えち鉄には確か路肩軌道な区間があったはずですし、お隣の福井鉄道はモロに路面に大型電車が乗りいれてますよね。


 もう一枚。製作者いわく「田原町駅のような雰囲気」とのこと(納得!)。小ジャンクションであるのも共通します。手前に福井鉄道の方の電車居ればなおのこと田原町に見えてくるでしょう……。


 こちらは拙作の北陸の電車、万葉線M1001。交番前のカットで「交通安全週間」とか「公共交通機関利用促進」みたいな雰囲気を意識しました(笑)。


 お寺の前を行く、京阪60「びわこ」号。市内線ではパンタを下げ、ポール上げた姿で。京津線というよりは、のんびりした石山坂本線のイメージか……(笑)。

 ちなみに札幌市電A830連接車も持ってきたのですが、写真撮影を失念してしまいました。
 この路面線の雰囲気だと札幌市電のどこかというより、払い下げ先の名鉄美濃町線的な雰囲気になったのですが(笑)。


 鉄橋下の保存鉄道では時々160形蒸機(明治村3号)と、京福テキ511(国鉄EC40)を運転。
 ロッド回して走る姿はそれなりに好評でした。


 SUU氏の4.5V風の小型蒸機。9V角型電池でまったり走る。
 

 機関庫側から見た全景。

 畳12畳相当はやはり広い……。建物の密度はもっと上げたほうがよいかもしれませんが、メンテナンス考えるとこんなもので良いという意見もありました。
(少ないとはいえ、台上に登らなければならない時もありました)

 ちなみに他出品者の動向見ますとNゲージではみっちりシーナリィを作りこんだ出展が多数ですが、HOゲージだとレールと架線・駅設備のみという出展が多数です。
 Oゲージ以上は出展自体が少ないのですが、やはりシーナリィは見られませんでした。
 まぁ、このまま頑張れば物凄いオンリーワン極められるのかもしれません。


 鉄道連隊のコッペルEタンクを良角度より。
 600mm軌間の小型機関車。これが会場に展示されると知った時に「レゴで作ろうか?」と思ったものの、なんとなく見送ってしまいました。現物見て格好良さにちょっと後悔。とはいえアウトサイドフレームはレゴ的には難易度激高であり、作るなら大スケールモデルか、あるいは展示のみのダミーか……?
 
 ちなみにロッドは保存当初より欠品だったそうで。

 実物詳細はこちら。
 軍用機関車というジャンルは鉄道とミリタリーモデル両方楽しめるメリットありそうです。


 おとなりのプラレール展示。ぺたぞう氏の「一畳プラレール」から。
 サイト名は1畳ですが、展開面積はウチの12畳以上! 広範囲の現地設営の労苦(いや、楽しみ?)は想像に余ります(設営は23時ころまでかかっていました)。その甲斐あってか常に人だかりのある大人気コーナー。
 それにしても、高さ方向への展開はちょっとうらやましい。

 それにしても。
 「鉄道模型」と「鉄道玩具(但しシステム的なもの)」の敷居を下げてくれているJAMサイドの運営姿勢はとても嬉しいものです。
 飽く迄個人的な見解ですが、この両者って本質的な違いはないと思っています。
 
posted by 関山 at 20:56| Comment(8) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
欧州型、日本型と分けられるだけ台数が揃っていたというのはすごいですね。

小さいながらも交番が少しは役に立ったようでなによりです。
花はうちの娘によるものですが、レゴっぽくていいかな、と。

和の要素という意味ではお堂も雰囲気があって写真映えしたようでよかったです。

御室駅が写真撮りするにはちーと小さかったですね(^^;;
ちょっと大きめの帷子ノ辻駅とかあったらボリューム感もあってモアベターだったかな、とか。

自前で自宅駐車場にレール敷いてイベントしたいなぁ、と思ってたんですが、これを見る限り10畳以上というのは諸刃の剣ですね。
うちの場合、バイクとかも置いてあるので実質使えるスペースは人が往来するぶんを考えても7畳くらいまでだと思いますけど、未開封のモジュール系をいくつか出して街角を再現しないときつそうです。

というような妄想もまじえつつ、レポート拝見してわくわくしてます(^^
Posted by かう゛ぇ at 2012年08月22日 22:53
日本型、いいですね!アオガエルの流し撮りも決まっていてカッコイイです。
しかし・・・凄過ぎますよね、このボリューム!
主催者(関山さん)公式発表で総車輌数は何両になるのでしょうか???
片岡さん撮影のビデオ判定をしなければ・・・だめでしょうか?
Posted by エフ at 2012年08月22日 23:13
4日間お疲れ様でした。
思ったより大勢の人に足を止めてもらえているのが印象的でした。

2日目、楽しげですねー。
金太郎の側面イラストの表現には度肝を抜かれました。
まだまだアイデアの余地は無限にあるのだと認識させられた次第。

やはり皆さんの作品が一堂に会するとビルド欲が刺激されますね。
Posted by BUCHI at 2012年08月22日 23:48
待ってました日本型 16010形走ってますねー 皆様の車両も凄い!やはり金太郎は人気者ですね 動画ではE231系も人気でしたねえ やはり身近な車両が人気者? 万葉線、市電は直通してたんですけどね 高岡はもう数ヵ月程度行ってないないつの間にか駅が橋上化していた そういえばショーケース、こ線橋が置いてありましたよね?
Posted by ryokuchakuma at 2012年08月22日 23:52
改めてカッコイイですね。

ひょっとすると、この中に写れなかったのは生涯の残念かなあ。
Posted by TOM at 2012年08月23日 01:01
◆かう゛ぇ様
>欧州型、日本型と分けられるだけ台数が揃っていた
 いや、これでも全部じゃないんですよ(苦笑)。
 未整備やら製作中で出せないものも未だまだたくさんあったりします。

>花はうちの娘によるものですが、
 これは効果的でした。娘さんにお礼伝えてくださいな。

>御室駅が写真撮りするにはちーと小さかったですね(^^;;
 いや、この大きさでスケール的にも写真写り的にも適切だったと思います。上の写真で移ってるえち鉄の電車は「普通の電車」(要はJRと同じ大きさ)の大きさがありますし。
 
>10畳以上というのは諸刃の剣ですね。
 ウチは何時もは6畳ですからね。いきなり「倍」でした。面積は会を重ねるごとに少しづつ追加……で良いような気がします。

◆エフ様
>主催者(関山さん)公式発表で総車輌数は何両になるのでしょうか???
 正直、数える気になれません(多すぎ!)。でも来年以降のPR用に折を見てカウントはしてみたいと思っています。
 あと、車両の入れ替え制は必須ですね。これは来年もそうなるかも。

 アオガエル流し撮りへの反応嬉しいです。結構難しかったので(笑)。

◆BUCHI様
>思ったより大勢の人に足を止めてもらえている
 ほんと、予想以上の反応でした。しかも好ましい方向で。JAM運営側に貢献できたならいうことなしという感じです。

>アイデアの余地は無限にある
 EH500はパンタも画期的でしたものね。この世界は本当に無限の可能性があるようなきがします。参賀する人数が増えれば増えるほどに……。その意味で、

>皆さんの作品が一堂に会する
 機会は維持しなければ!

◆Ryokusyakuma様
 形式間違えてました。16010型ですね。

>身近な車両が人気者?
 その傾向はありました。だからこそアオガエル人気は嬉しかったのです(まぁ渋谷を毎日通ってる人には身近なのかな?)。

 高岡の橋上化は初耳でした。あの辺は富山や福井の高架化で昔と印象が激変したのに驚かされたりしています。そういえば金沢は「たまたま」1989年の高架化当日に行ったなぁ。激変しつつあるのですね。

>ショーケース、こ線橋
 TN氏の新作です。今後ゆっくり紹介の機会などありますかと。
Posted by sekiyama at 2012年08月23日 01:49
先日はお世話になりました。
レゴで日本型というのは、鉄道模型ファンの皆さまに良いアピールができたのかな、と思いました。
青がえると金太郎の人気はすごかった…
やっぱり走る車両は良いですね。
自作車両にもモーターを仕込もうかと検討しています。

※ショーケースに持ち込んだ車両は関山さんのところですかね?
いずれ直接、取りに伺ってもよろしいでしょうか?
Posted by nobiinu at 2012年08月23日 08:37
◆nobiinu様
 こちらこそお世話になりました。

>日本型というのは、鉄道模型ファンの皆さまに良いアピール
 
 やはり日本形というのは「意外性」もありますから、そこがインパクトになるのでしょうね。
(大昔、AWAZO氏やBUCHI氏の作品をwebで見た時の驚きを思い出します)

>やっぱり走る車両は良いですね。
>自作車両にもモーターを仕込もうかと検討しています。
 期待しています。
 小型車両+PFでも、電池を別車両に分けるとか色々アプローチは考えられますから。

>※ショーケースに持ち込んだ車両は関山さんのところですかね?
 預かっております。
 回収を兼ねた小さな催しを考えておりますのでもう少しお待ちください。
Posted by sekiyama at 2012年08月25日 10:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック