何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年08月20日

【イベント:JAM】レポート1日目(8/17 金)欧州形の日

<追記:brickshelfにも投稿しました>
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=510607
 以下の記事で使用していない画像も多々あります。是非ご覧を。
----------------------------------------------

 会場全体の風景。
 奥に見えるのは本物の蒸気機関車。鉄道連隊のコッペル。
 会場のほぼ中央という好立地に恵まれました。そのうえブース自体もとにかく、広い!
 好待遇にはJAMサイドの「期待」もかかっているのです。

 ただ、その辺りの「自信」というか「手応え」は設営終了した当日朝4時地点で感じておりました。
 きっと、上手くいく、と(徹夜明けのハイな脳加減でしたが)。


 レイアウトの全景。5400mm×3000mm、すなわち12畳分なので、いつもの運転会(六畳和室)のほぼ倍の面積。
 外側の本線と、内側の本線。独立の高架線・支線・路面線と5線構成。
 欧米のイベントには未だ追いつけないものの、国内の過去最大規模であるのは云うまでもありません。

 運転は毎時30分に全5線運転。他の時間はパート運転の予定でしたが、結局パート運転中も3-4線を運転しっぱなしでした。
 お客様居ると、列車は停めにくいのですね(笑)。いや、それだけ何時も人だかりができてた由です。
 
 なお、平坦な路盤上に設営したため列車の走行は極めて安定したもの。普段の畳上設置で起こる脱線等のトラブルは極めて少なく、意外とスピードレギュレータやPFリモコンは固定(放置)でも何とか運行しきれたのです。あとクラッシュも予想外に少なかったです。
(元来はフローリングというか板の間前提にしたシステムですものね。レゴトレインって)


 お馴染みの「中央駅」。BFT2008年での製作なのでもう4年前の作。
 2年ぶりにして、2度めの公衆お披露目です。
 今回は手前に「高架駅」部分を追加。駅規模を拡大したような感じになりました。

 電車はドイツ国鉄のET89という旧型電車と、高架線走行の低床LRT……ヨーロピアンということで広島電鉄のグリーンムーバーに出演してもらいました(予想通り違和感なし)。

 背後に広がるのは市街地中央。ここでは片岡氏・PeechTree氏・Mugen氏のモジュールビルが並びます。幸いにも市販品での穴埋めはなく、全て自作建築で埋められたのでした。大きなストラクチャー群は遠方からも目立ち、インパクト充分と。


 「中央駅」構内。フランス・ドイツのTEEが並ぶ。その手前にはワゴンリ寝台車。というわけで、初日は敢えてレゴの王道的欧州型で揃えた由。


 今回の目玉「大鉄橋」。鉄橋の「ひな壇」!
 手前の赤いトラス橋は既存作の大幅拡張版。参宮線の宮川橋梁がモデル。欧州型にも似合います?

 青い連接電機、ドイツ国鉄のE91.9はPowerFunctionのMモーター2台搭載機。スローが効いて力強く、貨車たくさん牽いて活躍。実に扱いやすい機関車! PowerFunctionの9Vに対するメリットも証明したのかも。


 「大鉄橋」を上から。設置台の一部を盤下げして実現。
 奥の鉄橋(中央本線 新桂川橋梁モデル)は前後に勾配入れて、さらに高さを稼いでいる由。

 盤下げした部分は、支線(保存鉄道)の走る鉄道公園的な使い方としました。
 (当初 村落を考えていましたが建物を並べるのが困難と判断。こういうのは並べてみないとわからないものです)


 支線は急な計画変更でディテールを作り込めなかったのがちょっと心残り。
 でも、三段立体構成のインパクトは与えられたかと。
 98.7形グラスカステンは可愛らしさで好評。新作の3軸客車も作っといて良かった!


 中央駅を正面から。2008年のBFTではこの面を表にして公開できなかったので、「運転会」参加者以外では新鮮なアングルかもしれません。
 駅前広場を挟んで、M&M氏制作の「新橋停車所」。こちらは旧線の旧駅を市内電車の駅に転用したという設定。頭端式故、路面電車もよく似合う。


 市街地。左から片岡氏・MUGEN氏、右2棟はPeechtree氏。製作者のスタイルは異なるのが、良い意味で個性を競う(ここでBFT思い出します)。道路は色画用紙での表現。


 かう゛ぇ氏提供の「京の町」エリア。一日目の欧州型中心日は浮くかとおもいきや、きちんと溶けこむのはレゴの奥深さ!
 叡電の御室駅を小ジャンクションに見立て、そこに並ぶのは黄色いリスボン市電と緑のバーゼル市電。


 「京の町」エリア全景。M&M氏提供の樹木やミニフィグ、人力車が素晴らしい効果を上げる!
 併用軌道は「埋め込み」というより、昔の田舎電車の片隅軌道みたいな雰囲気かも(秋葉電車とか、今も熊本電鉄にある、あの雰囲気)。


 市街地の全景。
 内側本線と路面電車の分岐が平面交差していますが、ここは常時は運転しないことで安全を確保。それでも平面交差の存在感は大きいものです。


 機関庫エリア。
 ターンテーブルは時折回転デモしたところ大好評。回るというのはインパクト大きいようです。


 給炭塔に給水塔。また右手にはTN氏提供の変電所も。
 左手エリアの留置線は時に客車区・特に貨物ヤード。


 SUU氏・TN-factory氏・AWAZO氏主体で展示計画の立てられたショウケース展示。雛壇も造られ効果的に魅せる。展示票も全作に備えられ、模型店店頭的な雰囲気を出すことに成功。


 エフ氏の小型車両や、TOM氏のDMV、SUU氏の999やビックワンという題材も「あ、○○だ」という感じで好評でした。

 ショウケースは些か「重装備・重武装」かと思いましたが、実際には「触られ対策」として有効有益でした。ブースの見た目も良くなり、導入効果は大きかったのです。


 今回の企画の実は主役。体験コーナー。
 対象5-12歳。5セットの「#7938 超特急列車」のセットを2時間ほどで組立と運転を楽しんでもらうというものでしたが、JAM側スタッフの有能さにも助けられ、毎回好評に終わりました。

 初日は平日ゆえ、集まりも良くないかとおもいきや、1回目は5セット中3セット、2回目は4セットが埋まるという切っ先良いスタート。

◆◇◆◇◆◇◆  ◆◇◆◇◆◇◆

 最後に、当日の反応。思い出せる限り。

 「1番ゲージかと思った」「Oゲージかと思った」というもの。あの辺りの大型模型ほど立派ほど高額なものではないのに、それらしく見せられたのはちょっと誇らしい。

 メルクリンで出展されているグループの方数名より高く評価頂けたのも嬉しいこと。こちらから見れば欧州型の参考にさせていただくこと多かったり、またレゴ12Vはそれこそメルクリン目指してる部分ありましたので、あちらのファンから評価されることは感無量なのです。
(大昔……1977年までは扱ってる輸入代理店同じだったのですし)

 MX-TV、テレビ東京、NHKの取材が入ったそうです。テレビ東京では実際に10秒ほど放送されたとか。他局はどうだったのでしょうか? まぁテレビは未だまだ分不相応ですが。
 雑誌メディア取材はまた後日入りました(この辺は別記事に)

 当然ですが、子供さん方の反応は大きかったです。
 じっと観ていただくことも多く、この意味でもJAMサイドの期待に応えられたなぁと思ったのでした。

 今週中に「2日目」「3日目」のレポートも掲載します。
 お楽しみに!

=====================================================

 ※:本記事の写真は当日に撮影する余裕なかったので、翌8月18日(土)開場前に撮影したものを使用しています。概ね状況に変わりはありませんのでご了承下さい。
posted by 関山 at 22:11| Comment(5) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
机の上のレイアウトと言うのもいつもの視線と違い新鮮でした。やはり目線を下げて車輌を眺めたいですし!それと今回の場所・・・会場中央部で良過ぎですよね!
Posted by エフ at 2012年08月20日 23:37
おおっ 楽しげっ

給水塔がかなりいい味出してますね。
他からすると小ちいビルドですが、パフェの上のチェリーにも似たアクセントというか、効果的なのが写真越しにも見て取れます。

しかしやはりうちのは小さいですねぇ
大きいイベントだと完全にボリューム負けしてる感じです。
リビングテーブルの上で写真撮るには十分大きいんですけど(^^;

せめてあと3つくらいは建物がないとそれっぽくなかったですね。
反省しきりです(^^;;

そこにm&mさんの木と人力車というアクセントが加わったからこそ活かされているというか。
関山さんはもちろん、関係者各位、お世話になってばかりですが、こと今回のこの1シーンに関してはm&mさんのおかげで成り立ったというか。

コンパクトなのが得意な方がおられるというのは心強いです(笑)

ともあれ、みなさま、ほんとにおつかれさまでした。
Posted by かう゛ぇ at 2012年08月21日 08:04
こうしてみるとケースの中に入っている車両のパンタグラフも
皆さん違っていて個性が出ていますね そしてレイアウトも
すごいです 雛段もいいですね リスボントラムと御室駅
マッチしてますね まるで譲渡されて日本で走っているという感じです 体験コーナーも好評で何よりです
Posted by ryokuchakuma at 2012年08月21日 10:38
企画、設営された皆様お疲れさまでした。

大レイアウト、生で拝見することが出来、良かったです。
会場に来ていた方々の反応も良かったので安心しました。
どの作品も素晴らしかったです。鉄道車両だけでなく、各種ストラクチャーも良い効果が出て、レゴの良さが出せていたと思います。
ショウケースの展示は大成功ですね。

初日の欧州型の日はまさに王道な感じですね!
海外のイベントの様にも見えます。
Posted by Mugen at 2012年08月21日 22:42
◆エフ様
 机の上というインパクト、確かに大きいですよね。
 なによりこの規模はここでしか出来ませんし。最初の試運転(誰もいない会場で一人こっそりと(笑))の時は感動しちゃいましたよ。
 場所は予想以上に良かったですね。注目度がかなり高い。端とかだと落ち着くのでしょうが、注目はされにくいでしょうから。

◆かう゛ぇ様
 給水塔気に入られましたか。作って良かったです。
 かう゛ぇ様の建物こそ、良いアクセントになってたと思いますし、2日目写真をご覧になるとよりはっきりしますが、あのエリアの癒し感はとても大きかったのです。
 小さいビルドには小さいなりにいいところがあるなぁと思う次第です。「京の町」拡充に期待しております。


◆Ryokuchakuma様
 パンタは個性の出る部分ですよね。
 リスボントラムは土佐電で走ってましたよね。今はどうなってるかわかりませんけど。ひな壇はやっぱり見せ場であり、巧く行けば雑誌に写真載りますかも。

◆Mugen様
>各種ストラクチャーも良い効果が出て、レゴの良さが出せていたと思います。
 モジュールタウン、割と遠方からでも目立ってましたよね(笑)。レゴ恐るまじ。あれを並べられたのは大成功ですし、協力して下さった皆様にも感謝を。

>ショウケースの展示は大成功ですね。
 ここもSUU氏他がこだわってくれたので、予想以上の「見せ場」にできました。用意してよかったです。
 
>海外のイベントの様にも見えます。
 おお、目指してた第一歩に近づいた感じです(笑)。
 世界観はどうしても分けたかったので、これは成功したみたいですね。
Posted by sekiyama at 2012年08月23日 00:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/287554628

この記事へのトラックバック