何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年08月07日

【イベント[JAM]】エフ様のレゴ鉄道博物館 入口/SUU様のQRコード看板



 先方の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/13763733.html
 brickshelf
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=509477

 逼迫する展示ケース内スペースの関係で一度没になった「レゴトレインの歴史展示」は、レイアウト上の内陸部空きスペースの利用という形で復活した由。「レゴ鉄道博物館」という企画です。

 さて。ただ平面にレール置いて4.5Vや12Vなど並べるだけで済ませるわけには参りません……。何か博物館らしい要素が欲しいなぁ(造らなきゃなぁ)……と思っていたところで、エフ様からの援護射撃がありました。

 ありがとうございますっ!

 問答無用に素晴らしすぎます。この暖かなまったりした世界観は、きっちり多くの人々に親しまれてきた「レゴ」を表現していると思うのですね。0系のカットモデルもしっくりきています。

 また、「看板」と雰囲気が揃うのも望ましい。揃って盛り上げてくれるでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆  ◆◇◆◇◆◇◆


 SUU様が弊ブログのアクセス「QRコード」を、レゴで作ってくれました。



 パーツの都合で緑基礎板ベースですが、却って「レゴらしさ」が強調されてるのですね。やはりレゴ=緑基礎というイメージはありますから。

 もちろん、実際に「読め」ます(iPhoneで確認)。
 展示からこのブログへのアクセスは狙っております故、役立ってくれるはず。
 
posted by 関山 at 23:45| Comment(3) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
QRコードすごいですね。流石にびっくりしました。プラレールの話題もありましたが、やはりこう言う玩具を本当に愉しめるのは、経済的、体力的に余裕のある大人なのでしょうね。実際僕自身、レゴも子供時代よりもどっぷり愉しんでやっているのが事実です。昨夜も通電維持のために12V車を走らせました。また、たまには9V以降の車両もメンテを兼ねて走行させなければなりませんね。
Posted by Yonenaga at 2012年08月08日 00:39
紹介記事ありがとうございます!
小型蒸気の展示も考えたのですが、手持ちの0系で試してみました。看板と色違いが気になりましたが、文字が隠れてしまうのでLゲージより、こちらに落ち着きました。

Qrコード、本当に実現するとは思いませんでした。

日にちが迫り、盛り上がって来ましたね!
Posted by エフ at 2012年08月08日 09:03
◆Yonenaga様
 QRはできるだろうな、とおもってたら本当にできてしまった感じです。

>プラレールの話題もありましたが、やはりこう言う玩具を本当に愉しめるのは、経済的、体力的に余裕のある大人なのでしょうね。

 これは一面では事実でしょうね。
 ただ、自分が子供の時は少ない部品数とか制約は多かったものの、それなりに工夫して豊かに遊んでいた・楽しんでいた記憶はあります。

 「それぞれに良さがある」「今こそがベスト!」というところかなと思っています。

>たまには9V以降の車両もメンテを兼ねて走行させなければなりませんね。 
 ウチは最近はJAM準備のために4.5Vでまったり遊ぶ時間とか余裕が全く取れません(苦笑。レールとか随分増やしたのに……)。動かしてるのはPFか9Vばかりです(笑)。


◆エフ様
 看板(200系)と手前の0系、色違いでむしろ正解だと思います。小型蒸機……蒸機は寧ろ展示物で並ぶはずなので、ここは新幹線のほうが正解でしょうね。

>日にちが迫り、盛り上がって来ましたね!
 だんだんプレッシャーが……。
 やることまだまだ残ってます。
Posted by sekiyama at 2012年08月08日 19:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック