何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年08月03日

【青レール4.5V】#182と9Vの機関車(18.4形)並べてみた


 先のyonenaga氏の#7777再現作を拝見し、特に意味はありませんが1975年の「製品」と、2005-2012年に弄ってきた「作品」並べてみるのも感慨深いかと思いまして。

 レゴ汽車シリーズの進化云々とか申したいところですが、18.4は飽く迄自分の作品であり「製品」ではないのであんまり意味は無いですね(苦笑)。
 勿論、レゴ社が赤動輪でドイツ急客機を製品にしてくれりゃ云うことは何もありませんが。

 以上、小ネタで失礼をば。


posted by 関山 at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 青レール4.5v動態保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
青レール車両と並べると大きさの違いが顕著にわかりますね。それもそのはず。青レール時代の車両は高さがブロック1つ分低いんですものね。屋根を除いて高さは4段。80年代以降がレゴランドに合わせて5段になりましたね。しかし腕木信号は70年代からキャリーオーバー。ですから接触も発生するのだなと思いました。
Posted by Yonenaga at 2012年08月03日 22:42
◆Yonenaga様
 青レール時代は背が低いので、確かに世界観が合いません。1978年の断絶はやはり大きいのだなぁといまさらのように感じさせられますね。ただ、その分1977年以前の世界にはそこはかとない「エキゾチズム」も刺激されるんですよ。懐かしさも伴った(笑)。

 その意味では、断絶の向こうの世界から1990年ころまで生き延びた信号機とバッテリーカーは凄いですよね(笑)。
 いや、今更ながらですが4.5Vも1980年代に刷新しといてくれよと思わなくもないんですけど(苦笑)。

Posted by sekiyama at 2012年08月04日 13:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。