何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年07月30日

【作品紹介】イグ様のEH500形電気機関車(製作中)/かう゛ぇ様の嵐電御室駅完成 他

 どちらもJAM参加作品です。完成、そして出会いが楽しみ♪
(なお、EH500に関する誤記を修正。少し加筆)

◆イグ様のEH500形電気機関車(製作中) 確かEH500のモデルは過去に1例か2例ありました。

 なかの様の作品。この写真内に写っています。AFOL文化としてのレゴトレイン黎明期では記念碑的作品。モデルは「1-2号機」(量産一次)。
http://nakano.nobody.jp/log-2008.htm
 より。

 superB様の作品。こちらは「3-9号機」(量産2次)がモデル。

 思えば4年ぶり?のモデル化なのでしょうか? トレイン初心者とおっしゃいますがとんでもない! 昨日の打ち合わせでは最高の清涼剤にして、皆をあっと云わせたのでした。



http://bionicle.blog.shinobi.jp/Entry/449/
 先方の記事

 モデルはやはり量産2次型(一番まとまりの良い形状ですよね)。
 側面のJRFロゴはプレート横組表現でかなり省略されずに再現。反対側の金太郎マークは「あっと驚く」表現でした(昨日の打ち合わせで確認)。公開が楽しみ。

 それにしても、この半身の地点で魅力がいっぱい。
 精細な前面窓下の手すり。新パーツ使った窓上ライト表現。窓下ライトは微妙に内側に寄せてある。何よりインパクトがありますのは前面窓下の斜めライン処理、そして解放テコ周りでしょう。全長がスケール通り?で控えめ(※)なのも「大きいけど、締まった良さ」のJR貨物EH級電機の良さを引き出していましょう。

 これは期待のモデルです。

※:2車体で全長25mでしかなく、普通の電車の20mより少し長い程度なのです。

◆かう゛ぇ様の嵐電御室駅 完成/他

 前回記事では未完成でしたが、無事完成!

 先方の記事
http://legohouse.seesaa.net/article/283684645.html

 素晴らしいです。まるでさんけいあたりのストラクチャーをレゴで作りました……という雰囲気。リアルですし、模型としてのディフォルメにも優れているのですね。横幅の縮小も正解だと思います。
 新旧茶色が混じっているのも「意図的?」と思えるほどで違和感なく寧ろ「らしさ」を出しているような。


 ホーム側もとても雰囲気あります。アーチパーツはフィクションなのかもしれませんが、京都らしい和モダンを感じさせます。柱が減る分、機能としても優れていましょうし。
 こんなホームでなら、電車の待ち時間も長く感じないでしょう……!

 ところで。背が低いのを気にされているようですが、ベースを1ブロック持ち上げてみては如何でしょうか? 


 上から。鉄道模型では実際には上から見下されることが多いでしょうから、ここからの見た目も重要。
 プレートによる瓦屋根表現が美しすぎます。渋さもあり、レゴらしさもあり……。


 「お堂」も改修されたとか。先方の記事こちら。
http://legohouse.seesaa.net/article/283846726.html

 これもまたレイアウトを和に盛り上げましょう。こうした「和」要素があると、近隣に欧風のモジュールビルがあっても大正モダンのように見える効果が期待できるのですね。
 
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紹介ありがとうございます。

ホームの高さに関してはかなーり悩ましいところなのです。
駅自体が斜面に建っているので、元々ホーム側が低いんです。
よって正面からはまっすぐ建ってるように見えるんですが、ホーム側はちゃんと高くなってるという。

さすがにぺったんこってわけにもいかず、ホーム側を違和感のない程度にあげたのが今の状態なんですが、やるとしたらもう1プレートくらいでしょうね。
それ以上あげるとホーム側の屋根が低く見えるので。

さんけいというのを不勉強で知らなかったので調べてみたら、いい題材が多いですねぇ
京町屋もありますし、見て作るぶんにはいくらでもできそうです。

オリジナルで組むのは時間ばっかりかかってなかなかいいものできませんしねぇ(^^;

見て作るのはこれでも結構得意なんです(笑)
Posted by かう゛ぇ at 2012年08月02日 10:53
◆かう゛ぇ様
 「地形」というのは表現しがたいところですね。どこか割りきるしか無いところかもしれません。
 設置工夫しませんと……。やはりホーム側は「レール高さ」も考えるともうちょっと高さ欲しいので。

 さんけいは確か京都の会社だと思います。もともと博物館模型・建築模型の業者が鉄道模型ストラクチャーに参入したような経緯のようです。
(レゴやってなかったらハマってましたね)
 グーチョキパン店とかサツキとメイの家なんていうのもラインナップにあるはずです。Nゲージスケールで(笑)。

>見て作るのはこれでも結構得意なんです(笑)
 前にも書いたかもしれませんが、模型はやはり印象把握しやすいですものね。物によっては設置しやすいように最初からディフォルメした形になってたりしますし。無論、実物の観察がベストなのは言うまでもなく……ですが。
Posted by sekiyama at 2012年08月03日 01:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック