何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年07月06日

【青レール4.5V】#183古典ディーゼル機関車(下) 意外な組み合わせの魅力?

 編成は最低限の短いもの。とはいえ各々の形状が個性的なので飽きが来ません。
 レールは円1周のみで、見方によっては簡素なセット? 当時の4.5V動力入りのエントリアイテムと言う性格もありました(その上に#182、そして12Vもあったのです)。


 青レールの魅力は適度な玩具っぽさと控え目なカラフルさ。それが上質なABSでかっちり造られているというというアンバランス。古いレゴの持つプリミティブな魅力。

 青いレール。赤い信号機や転換バー。白い枕木。それからの連結器。
 このコントラストが、今の中間色だらけのレゴに慣れると却って上品に見えてくるのですね。
(勿論、メインの創作素材としては中間色だらけの今のレゴは大好き。ここは飽く迄切り替えて楽しんでますよ)

 バッテリーカーは有蓋車に見立てられたもの。黒い車体は#182と共通します。
 ちなみに「International TRANSPORT」のシールは片面があまりにずれて貼られていたので、ドライヤーで温めて剥がし、何とか残ってた粘着力で貼り直してしまいました。


 クレーンのついた緩急車は独特の玩具的楽しさ。クレーンの実用性云々いうのはこの雰囲気の前では野暮。


 クレーンの部品はbb72c01というもので、1967年から1978年に使われたもの。この製品への採用は末期です。
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=bb72c01
 金属のハンドルに独特の味があり、ビームがトラスで抜けているのが綺麗。


 黄色のラインが美しすぎる。
 この機関車もまた隙のないデザイン。この時代の品の常で、パーツのどこかを差し替えでもしたらやっぱり雰囲気は壊れてしまいそう。今となっては貴重品な黄色の小窓群は捻出したい誘惑に駆られますが。でもここを赤や白、クリアブロックに変えちゃダメでしょう……。あと、ヘッドライトやグリルを今の部品に交換するなんて言語道断。
 グリルといえば、窓シャッターを側ルーバーに代用しているのは効果的です。ちなみに開けても何もありません。
 4.5Vモーターは1976年以降のテクニック軸出力付きのもの。箱写真やインストもそうなってますので、この製品の統一仕様なのでしょう。ちなみに#182はテクニック軸なしの古いタイプ(手許のがそうだというだけで、後年変更された可能性はありますが)。

 さて。
 箱・中身とも美麗であり、万事快調にみえたこの品でしたが、このモーター(中身)だけはダメでした。
(この悪戦苦闘のため、この記事の掲載が遅れました……)
 一応動きはするのですが、既に#182やらyonenaga氏のコレクションなどで「快調な4.5V」を拝んでいるだけに回転数の低さとトルクの無さが明確です。
 バッテリーカーの差し替えとか、接点磨いたり分解注油とか手を尽くしましたがそれでもダメ。まぁ4.5Vのパックモーターは今となっては高価な部品(※)ではないので、一番なんとかなる箇所ではありますが。

※:飽く迄中古品の話。新品にこだわるとそれなりに値が……。


 編成はオリジナルでも纏まりは妙に良いのですが、やはり増結もしたい。
 取り敢えず#182のフラットカーを連結。同じ時代なので似合わないわけがない(笑)。他にも増結貨車準備中。次回記事にて。


 この機関車は飽く迄入換に小運転用であり、客車は似合うまいと思っていたのですが。
 #137他で試してみたら、結構サマになるので驚きました。意外な一面・意外な魅力!

 思えば、赤い凸型の機関車と青い客車の組み合わせというのは、1970年代後半の日本人にとっては割と見慣れた?組み合わせではありましたからね。
 自分は大阪駅やら京都駅のホームで、当時の山陰本線やら福知山線やらのそういう列車をそれこそカタログの#183同様に、「いーなー」と半ば羨望で眺めてたのでした。
 
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 青レール4.5v動態保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良い意味で時代を感じますが、当時のものとしてはこの辺りのデザインってよかったんだなぁと思います。
灰レールになった辺りが逆に微妙と言うかw
窓も普段お目にはかからないパーツですが、その特徴を外してしまってはやはり雰囲気が損なわれてしまいますよね。

それにしてもモーターは残念な話。
これって4.5Vモーターでも形状が特殊に見えますがそうなのかしら?

巻きなおしとかどうなのかと思って検索したら
http://www.tsugawa.co.jp/info_motor/maintenance.html
トルクは磁力の減衰なんですねぇ…
これって年代品だと厳しいって事かしら?
Posted by SUU at 2012年07月07日 03:37
◆SUU様
 この時代のものって未だまだ良い意味での「おもちゃ」ですものね。灰レールは「模型」を目指せるギリギリまで突っ走った感じでしょうか。どちらも好きです。

 モーターは本文にも記しましたが気にしてません(笑)。他の部分が「良すぎた」ので、一箇所くらいアラがないとバランス悪すぎです。
 年代の割に使い込まれていないので、案外初期不良の可能性もあるかもしれません。
Posted by sekiyama at 2012年07月07日 18:21
◆ALL

 不調だったモーターですが、なぜか注油後1日置くと調子が良くなりました(#182のと大差ない程度に)。十分な速度もトルクもあります。注油で整流子に油がついて接触悪くなりかけてたのかしら?

 バッテリーカーの電池は1本は単二マンガン、2本単三アルカリ(バッテリーケース使用)という組み合わせ。軽量化で有利、かつ高価な単二アルカリを避ける意味合いもあります。異種電池の組み合わせはメーカー的には想定外なので自己責任ではありますけど(液漏れリスクはありそう)。バッテリーケース魔改造で3本とも単三アルカリ化が理想なのでしょうね。
Posted by sekiyama at 2012年07月09日 02:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック