何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年06月25日

【イベント】第21回運転会レポート。「灰レール4.5V+12V」大集合(上)


 昨6月24日の運転会のレポです。写真中心に。
 
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=506276
 画像はこちらに(検閲済)。


◆◇◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆◇◆


 Awazo氏の新コレクション#7745は1985年発売の12Vのインターシティ。王道の#7740とはまた違った魅力を振りまく。TGVもどきとはもう云わせまい?


 行き交う12Vのインターシティ。特急街道。


 こちらは#7740(1980年)同士の離合。どちらも郵便車組み込みの長編成です。


 4.5Vも勿論大盛況! 9Vの線路上さえも走り回る柔軟性も4.5Vの魅力。
 yonenaga氏の#7720は荷物車1両の軽快な編成牽いて快走します。氏の4.5Vの整備の良さは特筆もので、完璧な注油と接点クリーニング、あとはエボルタのパワーで歳を感じさせぬ軽快さ。そして静粛さ!
 ところで、手前の列車は?
 

 SUU氏の隠し玉新作。4.5V風の9V列車。9Vですけど線路から集電せず電池で走る「4.5Vと同じ不便と楽しさを共有する」コンセプトはこの日に相応しい?
 それにしても、4.5Vが今日に生き延びていたらこんな雰囲気になっているのかも。
 本気でこんな雰囲気のトレインセット欲しいですよね!


 本日の主役、大集合。
 左から#7750(4.5V版)、#7745、#7740。日本でここまで並ぶのは珍しい機会でしょう。各列車のオーナー氏さえも大興奮です。


 管理人所有の新鋭? #182急行列車も勿論参戦。9V線路上を走り回る。二重高架下はそれなりの見せ場。

 #182は2日前にドイツから届いたばかりの「最新鋭」にして、この会場唯一の青レール時代の「最古参」でもあります。
 今回はyonenaga氏からのアドバイスで分解注油したところ、音も減って走りも快調に(ギアトレーンだけでは無く、モーター軸への注油も効果的!)。
 4.5Vはこの種のメンテがユーザーで出来るのも魅力ではありますね。


 特別ゲスト? 12Vでは非常に珍しい「オリジナル作品」Buchi氏の国鉄型蒸気動車。扇形機関庫が実に似合い過ぎます。

(続く)
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日はありがとうございました。 
 
写真を見返して見ますと、すごく充実した内容であったことが感じられます。凄いのはこの写真でも全体の3分の1程度であると言うこと。ワクワクショットはまだまだありましたもんね。また4,5Vも12Vと牽引の両数が大して変わらなかったということ。4,5Vもばかにはできないですね。AWAZOさん、Buchiさんにもありがとうとお伝え下さい。
Posted by yonenaga at 2012年06月26日 10:44
◆yonenaga様
 こちらこそ、有難うございました。
 貴方あってこその4.5V・12Vメインのイベントですよ(笑)。AWAZO氏がしっかり火を付けられていたのが印象的でしたし。青レールではありますけど自分もまた然り。限定的であるもの? 日本での4.5V・12V動態保存の緒を付けて下さったこと、感謝しております。

 あと、ショット追加予定です(本日更新の記事にします)。それから、brickshelfに揚げたぶんでここに出してないのもあるのですが、今回は土曜日くらいから検閲止まったままです。ちょっと苛々。

>ワクワクショットはまだまだありましたもんね。
 駅とか機関庫、お楽しみに。

>4,5Vも12Vと牽引の両数が大して変わらなかった
 4.5Vは強力ですよね。整備状態宜しければ。
 でも、或る程度は自力でメンテできるのも4.5Vのいいところだと思う由です。注油・接点掃除・断線修理etc。動態保存のノウハウも蓄積されつつあるのを感じます。


 あと、今回は4.5Vを9V線路上で走らせましたが特に不都合もなかったですね。「どこでも走れる」はやっぱりメリット。
 9VやPFのような細かいコントロール出来ないのは欠点ですけど、これって困るのは脱線したとき位ですし。それよりは信号機や方向転換バー使いこなすほうが楽しいような気もします。
 
Posted by sekiyama at 2012年06月27日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック