何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年05月31日

【レゴ以外のブロック玩具】1970年のダイヤブロック紙系資料

 情報の元は先の「プログラムカー」と同じ、モボ様の記事からです。
http://mobomode.blog135.fc2.com/blog-entry-451.html
 あのデッドストック品にはカタログ系紙系資料が含まれていたのは幸いでした。
 

 表紙。当時の製品と作成例。
 デザインが良くも悪くも垢抜けていないです。実際のプロダクツはもうちょっとクールでしたのに……。
 こちら(河田の過去コンテンツ)にも表紙が掲載されています。掲載内容から1968-69年頃のものでしょう。


 内容。(拡大フルサイズでごらんください!)
 製品ラインナップは、上記過去コンテンツ見る限りでは1968年以降のようです。


 「ノコノコアニマルセット」「走る!戦車セット」「回る風車セット」は電動ギミック入の模様。
 建物系が強いのも印象的ですし、窓部品の数も異様に充実しています。幾つかの規格は1970年代には既に見られませんでした。


 「3LDKセット」は初代ですね。後の製品には見られない、地面の立体処理が印象的です。

http://www.diablock.co.jp/history/history61.html
 より、初代「3LDKセット」のパッケージ。

 この名称で最低一度は代替わりしているはず。自分が1977年か78年に買ってもらったものは赤屋根で地面はピンクの平面でした。
 更にその後継は「マイホーム(1987?)」になるのでしょう。
http://mobomode.blog135.fc2.com/blog-entry-161.html
 そして、このシリーズ?の最終形態は、「ネオシリーズ ハウス1(1992)」ですね。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5072828


 「ロッジ」は大物。これが製品化されていたのは当時なりに驚愕です。相当なボリュームになってた筈。1960年代的なレジャーとかレクリエーションを思わせてしまうデザインで、良い意味で当時の空気感じさせるのです。
 ちなみにダイヤブロックジュニアですが、1992年の「おおきなおうち」がちょっぴり雰囲気近い?
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5072842

 関連して。

http://www.diablock.co.jp/history/history61.html
 より、当時の窓サッシ規格の一覧。
 S-6/S-7/S-8は1970年代には既に見られなかったように記憶します。S-1の大型窓は冊子の赤塗を省略した上で二代目?「3LDK」にも使われていました。S-21やS-11はもっとポピュラーな存在。とはいえ1980年代には消えています。
 この規格の窓、例えばS-21では「窓枠本体・窓枠表面・ガラス2枚」の4部品を組み付けるものですから、製造にはそれなりの手数が掛かっていたはず。消えたのもやむなし?


 「国会議事堂」。2006年の復刻もあったので有名ではありますが、よくよく考えてみると凄い企画です。ただ、知育玩具としては良いテーマだとは思うのです。建築方面、社会科方面への教育効果が大きなテーマでしょうから。大人向けではなく、子供向けにもこの種のテーマは考えられても良いのかもしれません。
 なお、復刻では窓S-11が使われていません。残念。


 画像の下半分は組立作例に充てられています。
 使用部品が「A 13/B 1/……」のように明示されています。Aはブロック2×4、Fが円筒Φ1、S-11が窓2×2、S-21が窓2×4と知れます。スロープはK1が45度、K2が75度。K1はかなり早い時期に姿を消したようで、1970年代には見かけませんでした。K2は1980年代まで使われてますが。
 なお、当時のダイヤブロックには「プレート」(ブロックの1/2厚)が存在しなかったこともわかります。


 当時河田が輸入していたアクセサリーキット「チャーミー」のカタログ。
 ダイヤブロック以外にも色々手がけていたのですね。表紙デザインは先のダイヤブロックよりもずっと垢抜けてます。ただ、「西ドイツの」というのに時代を感じますが。
 
 参考サイト;河田公式
http://www.diablock.co.jp/history/history.html
 ダイヤブロックの歴史(旧サイト)
http://www.diablock.co.jp/about/history/
 ダイヤブロックの歴史(新サイト)
この記事へのコメント
カタログは68以降ですか。
私のブログを修正します。

地面の立体は、現代の建物が多いダイヤブログにはあまり適さないので、なくなったのかもしれないですね。

Mugenさんのおっしゃる通り作品集だったと思います。
ミサイルと宇宙、クリスタルタワーが写っていた曖昧な記憶があります。

画像の本は持っていなかったですが何冊か家にもありました。
見つかると良いのですが、母が捨てたかもと言っていました^^;


私はレゴに手を出したいですが、手に追えなくなりそうなので我慢しています。
お城シリーズが好きだったので、マジックドラゴン城、ロイヤルキング城は小学生の頃に買って貰いましたが、ブラックナイト城はちょうど絶版になってしまい買えなかったです。
ブラックナイト城を買ったらウルフ盗賊団が欲しくなったり、ナイト繋がりでプレイモビルまで欲しくなりそうです。
…この頃のレゴのカタログとCMは本当にカッコ良く、目に焼き付いています。
Posted by モボ at 2012年06月01日 22:29
◆モボ様
 カタログの年代は掲載商品からの割り出しなので、そんなに外れてないと思います。それよりはダイヤ公式ページのほうがミスリード?ですね。
(あのページも解像度高いデータで作りなおしてくれないものか……)

>地面の立体は、現代の建物が多いダイヤブログにはあまり適さないので
 面白いことに、最近のレゴ(クリエイター)は地形表現を行ってる製品が増えてきました。コストアップになるので賛否はわかれますけれど。

>私はレゴに手を出したいですが、手に追えなくなりそうなので我慢しています。
 レゴはコレクターも多く、情報も多いのはコレクション対象としてメリットでもありデメリットでもあり、でしょうか。レア物争うライバルが増えるとかいう意味ではなく、発掘の……特に情報発掘の楽しみが少ないかなぁというのはあるかもしれません。
 造形の素材としては、また別の価値がありますけれども。

 ただ、「マジックドラゴン城」「ロイヤルキング城」とは良いセットお持ちですね。状態にこだわらなければ意外と絶版モノもなんとかなるのがレゴのいいところではあります(だからこそ「カンザンブリック」も成立するのですが)。
 「何時でも、いらしてください」。
Posted by sekiyama at 2012年06月02日 12:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック