何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年05月06日

【レゴ製品】cuusoo 今度は「ゼルダの伝説」が10000票突破。任天堂とレゴの歴史的和解なるか?


http://lego.cuusoo.com/ideas/view/6809
 5月4日金曜日の夕方くらいのタイミングですが、cuusooに提案されていた「ゼルダの伝説」の企画が予想通りに10000票を突破。製品化検討の段階に進みました。

 さて。
 「ショーン・オブ・ザ・デッド」とは異なり年齢や企画面での問題は考えにくいのですが、こちらはレゴ社と付き合いのない「日本のゲーム会社」という先が版権交渉先となります。版権交渉は行なってくれる雰囲気(上記コメント欄参照)ですが、ハリウッドやアメコミ版元のように進むかどうかは気になるところです。
(任天堂自体はまともな企業相手なら版権の出し惜しみはしてない印象ありますけれど)

 あと、レゴ社的に「ロード・オブ・ザ・リングと被るから」みたいな理由で流される可能性も否定しきれません。いや、全然別物だろ! と思いますけどねぇ。

 個人的には「日本初コンテンツ」でのレゴ化は大変に嬉しいことであり実現を願っています。
 ファンタジーは正直洋モノより和モノ(日本風という意味ではなく、日本で解釈された西洋風ファンタジーという意味)の方が好みですし。そして何より、かつてレゴ互換品を勝手に作ってしまった任天堂が、レゴ社に版権提供を行うという歴史的和解も感慨深い(まぁ、今更蟠りは両者ともにないと思いますが)。
 それから、家庭用ゲーム機のファンをレゴに引っ張り込むという新市場開拓というレゴ社的に美味しい面もありましょう(そのメリットに気がついてくれ、頼むから!)。

 なんであれ、この企画が実現すれば、何かが変わりだすような気がします。
 世界一の家庭用ゲーム機メーカーと、世界一のブロック玩具メーカーの英断に期待しましょう。この2つが手をくみゃ面白いことは起こるはず……。
 

 プロダクツのイメージ。製品規模として割と現実的な提案です。
 
posted by 関山 at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(cuusoo) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック