何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年04月28日

【レゴ製品】Cuusoo ショーンオブ・ザ・デッド、商品化断念


http://lego.cuusoo.com/ideas/view/7451
 残念なお知らせです。
 3月末にcuusooで10000票を達成した「ショーンオブ・ザ・デッド」の商品化断念。

 理由ですが、版権交渉が失敗したため……ではなく、元作品の対象年齢的にレゴ社の規定上NGになってしまったためのようです。
LEGO CUUSOO gives the opportunity to submit product ideas, however all LEGO products, regardless of age target, must be content appropriate for our core audience. With this in mind we have decided that – good though the model is – the film Shaun of the Dead contains content that is not appropriate for our core target audience of children ages 6-11.

<上記直訳(google)>
LEGO CUUSOOは、年齢に関係なくターゲットの製品のアイデアしかし、すべてのLEGO製品を提出する機会を与え、当社のコア読者のために適切な内容でなければなりません。モデルでもいいが - - 死者の映画ショーンは、子供の年齢6-11の当社のコアターゲットオーディエンスのために適切ではないコンテンツが含まれていますこのことを念頭に置いて我々は決定している。
この対象年齢の問題は難しそうなもので。
 R-18(NC-17)は論外、R15もダメなのはわかるのですが、それ以外の「一般作品」でもレゴ的にはNGにされる可能性があるのは厄介か……。

 参考:映画のレイティングシステム(wikipedia)

 レゴ社的に「PG」は大丈夫なようですが、「PG-13」はギリギリのラインなのでしょうか。ハリーポッターの4/5作。SWの第6作は「PG-13」なんですが、あれはシリーズ全体での評価だから許容されているのでしょうか……その辺はよくわかりません。

 まぁ、よくよく考えてみたらあの会社にはMPAAより厳しい?倫理基準あるのを忘れがちですよね。「現行の武器兵器NG」「宗教NG(多分)」のような。最近緩みがちなので(苦笑)、つい意識するのを忘れがちですけど。

 

http://lego.cuusoo.com/ideas/view/96
 9700票達成の「バックトウザフューチャー」は大丈夫ですよね……多分。
 
posted by 関山 at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(cuusoo) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えええええええええええーーーーーーーー!

イングリッシュパブだけでも実現をーっ
版権でダメならあきらめもつきますけど、年齢制限とは・・・
ちゃんと映画見たんでしょうか・・・
うちの5歳の娘でも普通に見てましたが。

映画自体R指定かかってましたっけ?
Posted by かう゛ぇ at 2012年04月30日 07:57
◆かう゛ぇ様
 おそらく、ファンのかたや、企画に協力的だった出演者他映画公式サイドは納得されてないでしょうね。ちょっとレゴ社のダブルスタンダードを感じたような気がします。

 個人的な推測ですが、年齢や暴力表現などよりも市場性でNGが出たんじゃないかなぁと思ったり。イギリス製のコメディホラーで一部の国(例えば、日本)じゃ劇場未公開……というのは製品起こすのに難しさはあるのかもしれません。

 あと、イングリッシュパブは……#10000台で普通に出てくれるといいですよね。
Posted by sekiyama at 2012年05月01日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック