何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年04月20日

【鉄道作品[日本形]】東急5000形アオガエル 3両編成(その2)


<全盛期は「2+2」「3+2」「3+3」「4+2」といった先頭車同士を繋げた編成も見られたとか……。>

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=501753
 その他画像はこちら(検閲済)。

 各車両ごとの写真・解説です。
 デハ5000形 制御電動車。
 側ドアの開閉は最初から考えていませんでした。あの車体形状じゃどう考えても無理ですから。お陰で車体強度も最低限には保持できています。大きな「芯になる部品」(例えばトレインプレートみたいな部品)はないので、こうした部分は割とシビアです。
 細かいパーツの寄せ集めなので重量が相当なものになるんじゃないかと懸念してましたが、1950年代の電車らしく装備品は少なめ。また、インテリアが通勤型でシンプルな分余計なパーツも少なく思ったほどの重量級にはならずに済みました。3両編成なら問題なく走ります。

 前面は当初予定になかった前部標識灯(急行灯)つけることができました。ただ、前サボの表現だけはどうしても思いつかず。下手につけると却ってかっこ悪くなるでしょうし。今後の課題です。


 サハ5050形 中間付随車。
 中間車は1986年の引退時でも「スチールサッシに大型ドア窓」の原型を保っている車が何両かあり、アルミサッシ・小ドア窓化された車より魅力的に思えたものでした。

 床下は見事にスッカスカであり、とっても軽やかな印象。
 昔の電車の付随車の床下ってほんとになんにもついてないんですよね。1970年代以降冷房とか補助電源とか必要になって重装備化。で、1990年代以降は電装品の小型軽量化でまた軽やかになってる印象ですけど。



 デハ5000形 レゴでの動力車です。9Vトレインモーターを組み込んでいます。
 上下逆転での車体構成ゆえ、モーターの取り付けは若干の苦労がありましたが、古いヒンジパーツで部分的に上下が再逆転できますのでテクニックプレートに普通にモーターを装着しています。

 動力台車が大振りなのは……構造上致し方ないところで。
 5000形に関してはホイールベースの短い軽量台車であるゆえ、動力台車側に台車の大きさ合わせると全体が破綻しちゃいます。ちっちゃい台車での締まった感じも5000形の魅力なので、ここは動力台車を妥協しました。
(PowerFunctionで動力から組み上げるという手もありますけども)

 足回りの妥協といえば、デビウ当時のイメージなら「灰色」であるべきなんですよね。ここはコスト面で断念(トレイン車輪は旧灰も新灰も高価……最近の製品は全部「黒」ですので)。
 将来、新灰色の足回りのトレインセットが出てきて価格下がったら手直しするかもしれません。



 もちろん2連もOK。5000形というと地方私鉄譲渡後の短編成イメージのほうが強い方もいらっしゃるかもしれません。東急だとこどもの国線の予備車で2両編成が使われたとも聞きます。


●まとめ
 数ヶ月のプロジェクトでした。もちろん、大満足。
 何より管理人の「地元」の電車という看板めいたものができたのも大きい。各種イベントで活躍してもらう予定ですよ。

 あと、東急の電車というと。
 5000形とは混成混結で遊べる「ステンレスカエル」5200形は当然構想にあり。ただ車体のくの字側面をどうするかが悩みの部分。当面着手は難しい?
 3000系(3450/3500形等)も欲しいのですが、やはりあの種の旧型電車は窓まわりに良策ないと難しそうですね。一方で、7000以降のステンレス車はあんまり好きではないので、多分対象外。
 事業用車(デヤ3001)や荷電(デワ3041〜3043)は面白いのですが、一発ネタでモチベーションは上がりにくい(苦笑)。緑の車体に前面黄色帯の色彩は魅力的ですけど。デヤにマヤ34牽かせたり、デワに電機代用で貨車牽かせる遊びはできますけど。
 そんなわけで、気長に取り組んでいきたいと思います……。

 最後になりますが。
 「湘南顔」表現に再考の機会くださったAP氏、そして先行して5000形の可能性を示して下さったエフ氏に感謝します。大マジな話、お二人がいなければ5000形は構想の一つに終わっていたと思います。

 やはりこの世界、多くのビルダーの相互刺激が必要なのですね。


 
posted by 関山 at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
編成画像っていいですね♪
私も関山さんのアイデアを真似してアオガエルを
改良したくなってきました!!!
Posted by エフ at 2012年04月21日 21:42
ほんとに刺激って必要ですね!相乗効果もありますし!
関山さんの作品を拝見して、
アオガエル、また、いじりたくなってきました♪
Posted by エフ at 2012年04月21日 22:38
◆エフ様
 元祖を実現された方からのコメント嬉しいです。
 改良、楽しみにしております。

 こちらも「ゆたんぽ」で張り合えるよう、頑張りませんと(笑)。
Posted by sekiyama at 2012年04月23日 01:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック