何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年04月19日

【鉄道作品[日本形]】東急5000形アオガエル 3両編成(その1)


 予告画像何度か出してきましたが、遂に「3両編成」完成しました。
 

●実物について
 1954(昭和29)年。未だ新興だった車両メーカー東急車輛製造にて、本格的張穀構造による超軽量電車が建造され、同年内に東急東横線の急行用に投入。
 精悍でもあり愛嬌もある大胆な丸型ボディ。そして明るい緑一色の塗装。たちまちに「アオガエル」の愛称が付きました。
 1959年迄に105両が製造。以後、東急ではより軽量化を進めたステンレス車への途を歩んでいきます。

 この電車を支える足回りも画期的なもの。軽量構造の台車に直角カルダン駆動。日本の「高性能車」「新性能車」の極初期の成功例でもあります。
 このユニークで愛らしい車は高度経済成長とともに需要の増え続ける東急各線(東横・田園都市→大井町・目蒲)で活躍。編成も初期の3両から最大6両編成(東横線・1979頃)まで長くなっていきました。
 1980年ころから引退は始まり、1986年には東急(最後は目蒲線)から姿を消しています。

 しかし。この画期的な軽量電車の大多数は東急から引退した後も、地方私鉄(長野電鉄・福島交通・上田交通・岳南鉄道・松本電鉄・熊本電鉄)で再活躍しました。
 同時代の軽量電車は特殊構造や薄い外板が祟って早期に引退した車も少なくないのですが、東急5000形だけは例外で、多くが40年以上という長寿を全うしたのです。
 今もなお熊本電鉄では最後の2両が健在。日常的に運用に入っています。また松本電鉄で廃車された2両が完全な形で残っているのが喜ばしいこと。


 さて。実物の技術史的意義はともかく、自分の思い出話。
 田園都市線から切り離された大井町線の「アオガエル」は幼少時には極めて身近な存在でした。1970年代末でもちょっと古風な丸っこい車体は幼時にも魅力的に思えたものです。もちろん、おでかけで乗るときにはステンレスの電車よりはこっちのほうがずっと嬉しかったんですよ!
 カメラを使わせてもらえるようになって、一人で初めての電車でのお出かけ。そこで初めて撮った電車も5000形でした(3450形かもしれませんけどその辺は曖昧)。

 地方私鉄への譲渡はその私鉄毎の個性的な電車を置き換えるものであったので、ファン的には不本意でしたけど、でも今になってはそれさえも過去の話になってしまいました。

 熊本や、或いは渋谷駅前のカットボディを見て思うは「思ってたよりは、古い電車」「思っていたよりも丁寧に作られた電車」ということ。連結面側の丸みとか、車内の造作とか、この電車が職人の手で丁寧に作られたことを感じたりもします。

 wikipedia「東急5000系電車(初代)」

 RMライブラリ98『東京急行電鉄5000形』


<「アオガエル」が行き交っていた、あの時代をイメージして……。>
 

●レゴ化にあたって
 まず、東横線デビウ当時の(そして目蒲線から引退した時の)3両編成が頭にありました。「デハ5000−サハ5050−デハ5000」というまとまりの良い編成。電車というのは先頭車・電動車も魅力的ですが、中間付随車も素敵なのです。
 
 形状もデビウ時の「鉄製窓枠・前面のHゴム無し・1970年代以降の各種追加装備もない」すっきりした姿を意識しました(逆にアルミサッシやHゴムを表現するのは難しそうですが)。

 製作過程はこんな感じです。


 手持ち資材での前頭部試作

 設計。必要なパーツ数の割り出し。緑は手持ちが少ないので殆ど新規購入でした。


 側面構体の作成。単純作業への割り切りは正解でした。


 構体の組み付け。足回りの「合わせ」。屋根の製作etc。

 構想から制作はほぼ3ヶ月ほど……。




 台車。実物同様のショートホイールベースを意識。
 上下逆転でセンターピンが車体側にあるため、台車はテクニックアームでピンを受けられるようにしています。


 車内。赤いロングシートを再現してみました。意外と外からも目立つのでシートはつけてよかったと。


 運転台周り。仕切り壁は窓あり。運転席はまるごとユニット上にしておき、運転士の「搭載」を容易にしています。

<未完>

◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆



 「戦後よ、さらば。」
アメリカ陸軍8500形ディーゼル機関車と東急5000形の組み合わせ。

 アメリカ軍の機関車私鉄電車の組み合わせは「!?」ですが、逗子にある東急車輛製造から国鉄線(菊名を経て東横線へ入れる)までの移動には何らかの入換機が必要。当時8500形はアメリカ陸軍機でありつつ、横須賀とか横浜をベースに国鉄の一般仕業にも使われてたそうなので、こんな組み合わせもあったのでした。

 証拠写真(RMライブラリ98「東京急行電鉄5000形」より)


 
posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも青ガエルできましたね最初の写真いいですよ昭和って感じですねえ5000系が行き交ってる写真もどこか懐かしい感じがあります(見たことないですけど)最後の8500形との連結もいい感じです実際の写真では新造した車両を牽引してましたね続編も楽しみにしています
Posted by ryokuchakuma at 2012年04月20日 11:10
おお、ついに完成しましたね。
カエルっぽさが滲み出てますね。
やはりフロントの丸みの表現が見事ですねぇ。
グラスエリアが小さいせいか、ショーティなのに写実的に見えるのも面白いですね。
トリッキーに見えて意外と堅実な組み方をなさっているような気もしますが、強度はどんなもんでしょうか?

実は5000系には2ヶ月ほど前まで何の感傷も抱いていなかったんですが、エフさんの作品を見て、いろいろ調べる内に魅力的に思うようになりました。
レゴ作品が見たことも乗ったこともない実物車輌の先に立ってしまったわけです。

ああ、これに乗って温泉に行きたかったなぁ・・・。
Posted by BUCHI at 2012年04月20日 23:28
「精悍でもあり愛嬌もある」特徴が出ていると思います。
緑のカラーリングが映えますね〜。
Posted by Mugen at 2012年04月20日 23:41
◆ryokuchakuma様
 最初の写真のアングル、沿線にこんなカーブあったよなぁ……と思いながら撮りました(笑)。起きに召されて幸いです。

 5000同士が行き交う姿は東横線と目蒲線並走する田園調布〜多摩川園や、大井町線と目蒲線が接続する大岡山付近で見られたものです。

 最後の写真ですが、今ならDE10あたりの仕事なんでしょうね。
 東急の電車を長津田で搬入するDE10……は今も見られるはずです。

◆BUCHI様
 丸みは試作品作った時に「これは完成まで持ってくしか無い!」と凄くモチベーション上がったことを思い出します。
 グラスエリアの件、云われるまで気が付きませんでした。確かに窓を小さくするほうが視覚的に車体は長く見えますよね。

 強度は思ったよりはあります。横組とかの強度的弱点がないのは幸い。

>実は5000系には2ヶ月ほど前まで何の感傷も抱いていなかったんですが、エフさんの作品を見て、いろいろ調べる内に魅力的に思うようになりました。

 あの作品の力はとてつもないものでしたね。自分も5000形のことを「思い出した」という感じです。

>ああ、これに乗って温泉に行きたかったなぁ……。
 自分も地方譲渡後の5000はもっとまじめに乗る・撮るしときゃよかったなぁと思ったりします。
 温泉というと、福島交通でしょうか? あのカラーリングは素敵ですよね。


◆Mugen様
>「精悍でもあり愛嬌もある」特徴が出ていると思います。
 5000の印象はそれにつきます。ただカッコイイだけ、じゃないからこそここまで愛された……というか、中古車としても売れて長く活躍できたのでしょう。

>緑のカラーリングが映えますね〜。
 レゴ緑というのはトレイン作品では意外と使われて来なかった色ですから、こうして編成になるとインパクトが結構大きいです。また東急グリーン(但し1950年代ではなく、1980年代の)とレゴ緑が色調ぴったりなのも大きいですよね。

Posted by sekiyama at 2012年04月21日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。