何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年04月18日

【レゴ製品】次の10000番代は久々の大型飛行機モデル「10226 Sopwith Camel」

 2000年代に入ってレゴ社がマニア向けの10000番代展開しだした時に「ライトフライヤー」「レッドバロン」など、古典飛行機の大型モデルという方向も含んでいたことは覚えていた方も少なくないでしょう。

  
 左から。
 #3451 Sopwith Camel(2001年)
 #10024 Red Baron(2002年)
 #10124 Wright Flyer(2003年)

 2003年を最後に、いつの間にか収束したシリーズでしたが、9年ぶりに復活です。


 「10226 Sopwith Camel」
http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=67867
 <情報原のEurobricksの記事:画像は一次削除されましたが、公式なもののようなので復活しています>

 見ての通り、#3451と同じプロトタイプでの大幅リメイクモデル。実物についてはこちら(wikipedia:日本語)

 一次大戦の戦闘機という馴染みのない題材ではありますが、復刻されるというのはレゴ社的になんらかの思い入れのある機種なのでしょうか?
 883ピースで、予価は99.99ドル/89.99ユーロ。時期は不詳。日本での発売も不詳……。

 なお、以下の可動ギミックもあり。
• Functioning wing ailerons
• Tail flaps can be controlled from cockpit
 主翼のエルロンと尾翼フラップが可動。後者はコックピットから動かせるようです。


 #3451と比較してみると、リアルさ、重厚感、また滑らかさにおいて11年分の進化は感じられます(ちなみに#3451は578ピース)。
 ただ、「蛇の目」はシールじゃなくて何らかのパーツによる表現にして欲しかったような気もします。
 

posted by 関山 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック