何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年04月11日

【brickshelfより】東欧は素敵!/他

 2011年6月くらいの分です。偶然ですが、東欧型の傑作が2つ上がっていますね。あちらの鉄道は独自勢力だった戦前・共産勢力になった戦後とも情報は少ないのですが、その分ミステリアスな魅力がありましょうね。
 #4511ロボはびっくりです。#4511とか#4560とかの不人気9Vセットは意外と相場低いので9V入門用に最適
……???

◆Noddy 様のポーランドの気動車「Lux Torpeda」
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=477637
 リアルさと技法において、軽い衝撃を受けた作品です……。
 斜めのものを多々含む窓柱群は全てパイプで表現。クリップで止めることで前面キャノピーを構成。
 屋根上の張り出し(ベンチレータ?)はテクニックアームの丸みで表現。
 独特の低車高も妥協せず。よく見ると、床下のアンダーフレームさえも表現されています。それから1930年代っぽい渋めの乗務員・乗客のミニフィグたちと。

 8幅フルスケール。市販品の鉄道模型と云うよりも博物館のディスプレイモデルを思わせる風格があるのですね。レゴはここまで出来るんだ……。

 なお、実物に関してはこちら参照。
http://en.wikipedia.org/wiki/Luxtorpeda
 二次大戦前の軽量・高速流線型気動車の一つですが、あまり日本では知られていない車。でも、かっこいい!

◆mmarek様のポーランド国鉄の電気機関車 EP07
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=477305
 別の方ですが、こちらもポーランドの車両です。1960年代にイギリスから輸入された電機。
 緑の濃淡に黄色の帯が実におしゃれな配色です。灰緑の窓はシールなのですが、逆に言えばそこくらいしか自作シールに頼っていないのですね。
 前面は湘南顔を3枚窓にしたような形状ですが、後退角・斜め角とも妥協なしに。台車周りの精細も目を引きます。


◆Phoenix様の独自システムモノレール
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=471404
 「ひだか式モノレール?」かとおもいきや、レール幅1幅の別システムですね。カーブはブロックの曲げ弾性で実現されています。
 動力はPowerFunction。MMでサイズモーターをギア比1:1で使用。
 車体は赤黒ツートンの流線型。特定のモデルはなさそうですが、好ましいスタイルです。

 さて、少しだけ気になるのはレール幅1ではかなり走行は不安定ではないかということ。実際はどうなのでしょう……?


◆PatrykZ様の、ドイツの小型気動車
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=468419
 ドイツ戦前の、小型気動車。
 B-1片ボギーという特徴的な車軸配置。7幅でディテールの再現も細かい。
 動力はPowerFunctionの一代前のRCシステムを使っているのですね。


◆TilleMuovinen様の小型電機+ナベトロ(CAD)
 
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=478263
 アルゲマイネの小型凸型電機は銚子電鉄のデキ3のお仲間ですね。スケールをやや大きめにすることで妥協の少ないモデリングに。ナベトロの出来もいい感じです。

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=478775
 こちらは小型のディーゼル機関車。プレートではなくブロック中心の組みであるゆえの良い意味でのソリッド感・そして素朴さのあるモデルです。


  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=94108
 同じ方の、#7725(12Vの電車。1981年)の色変え再現モデル。よく作られる題材ではありますが、中間車のドア配置を妥協してパーツ入手の難易度を下げているところがポイントです。でも、違和感無いですね。


  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=478781
 同じ方のフィンランド国鉄の蒸気機関車(HR1形)。
 今風の技術とパーツの作品とおもいきや、先輪が4.5v/12V仕様ですし、ドームからの配管が12V的でもあります。良い意味で各時代の表現を取り入れたモデルでしょう。
 黒の2C1でデフレクタつけた姿はC57的? どこか日本人にも馴染みやすい雰囲気ですね。


◆MTM様の大型タンク貨車
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=478385
 堂々たる、大型タンク貨車。6幅の円柱部品がToystoryの関係でまず紫色からリリースされたことを思い出しました。私有貨車という設定で、所有者の社紋があるのもお約束踏まえてていい感じですね。
 また、紫という色は石油系の大型タンク車の色として違和感がないのですね。日本のタキ43000系がダークブルーなのを見慣れているからかもしれませんが。だから日本形と見立てても面白そうです。


◆5LEGO4様のTGV-A(CAD)
 
http://www.brickshelf.com/gallery/TilleMuovinen/Trains/FinnishHr1/thumb/hr1-ukko-pekka-pic7.jpg_thumb.jpg
 TGVは数々作られてきましたが、このモデルは前面の表現が独自。5幅に絞込み、あの電車の先端部を表現しています。
 また、動力車側面の「TGV」もモザイク処理で表現。実際に製作されたら見栄えがする部分でしょう。


◆tsirane76様の オクタントレイン
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=476925
 #10219マースクトレインの色変えモデル。あのカラーリングはディーゼル機関車にも似合うものです。


◆MagicTubaPixie様の #4511トレインヘッドロボ
 
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=477710
 ジョーク作品ですが……よく見ると手が込んでます。あの前頭部部品が余っている方は是非???
 
posted by 関山 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Brickshelfより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック