何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年03月31日

【雑記】すごく久々に「カリ城」観て感じたこと。中世と現代が共存する世界観!

 人生何度目になるかわかりませんが、ルパン三世「カリオストロの城」(1979 東京ムービー新社)を観ました。
 人生何度目になるかわかりませんが、レゴ復帰後にまともに観直したのは初めてかも知れません。

 色々感じるところのあり、そしてこの先何度も観返すたびにあれこれ感じられる作品だと思うのですが、今回強く感じたのは、自分が憧れる「中世と現代(※)が混在する世界観」のルーツというか刷り込みって実はこの作品なんじゃないのかなぁ……ってこと。

※:現代……1969年設定説と、1979年設定説がありますね。前者が有力説でそれなりに説得力もあるのですが、個人的には後者が好き。



 具体的にはこんなシーンとか。
 城門をくぐりぬけるFIAT500。国境警備にパスポートチェックも衛兵の仕事。


 古風な食堂のシーン。あのミートボール入スパゲティ食いたい。


 宿屋の部屋。武器と盾が飾ってある。


 衛兵と警官隊のバトル。センスオブワンダーと云わずして何といえばよいのか! 思わず銭形応援したくなる。

 こんなのを幾度も繰り返しみてきたので、ヨーロッパの小国とか田舎にはカリ城的な中世と現代の共存があるとエキゾチズムを掻き立てられるのですね。
(まぁ西欧人が日本に感じるエキゾチズムに近いものはあるのでしょうが)

 余談ですが、レゴの#1592(プロモのみ、市販されず)。

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?S=1592-1
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?S=1592-2
 一応、「カリ城的な世界観」というのはあちらでもさほど違和感のないもののようです。偶然にも、時期は「カリ城」に近い1981年!

 ただ、最近の製品はおろか作品でも「街」と「お城」を巧く組み合わせたものはあんまり見かけません。前者はともかく後者のクオリティがこの数年インフレ状態でしたので、ちょっと勿体ない気がします。
 
◆◇◆◇◆◇◆  ◆◇◆◇◆◇◆


 定番のBD(DVDは絶版なんですね……需要ないか)。

 参考図書「作画汗まみれ」。カリ城の作画監督 大塚康生氏(わかりやすく云えば、宮崎駿氏の師匠です)の自伝にしてアニメーション史研究の基礎文献。ルパンの1stシリーズやカリ城に関する記述も濃いです。というか、「白蛇伝」から「カリ城」に至るまで、という読み方さえ出来ましょう。とてつもなく濃い本です。

 そして、そのままカリ城的世界観に使えそうな「#10223 馬上槍試合」「#10193 中世城下町」
 スケールの合いそうなFIAT500とかシトロエン2CVとか411ブルーバードは……良い作品も多々発表されていますね。自分で作るなら、腕の見せ所です。
 

posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
職業病がたたり、余計なこと?に気が付いてしまいました。

本編終盤、ルパンが時計台内部の歯車を破壊するシーンで、思いっきり右回り(時計回りに)ボルトを回しているんです。
つまり、広く世界に出回っている普通のボルト(右ねじ)ならば、締めこんでいるんです。
でも、ルパンはボルトを外します。カリオストロでは左ねじが主流なんでしょうか?あるいは、中世ヨーロッパの時計部品には左ねじが使われていたのか?
間違いと思うけど、名作だけに実はちゃんと設定があるのではないかと思ってしまいます。
Posted by 群馬板倉 at 2012年04月02日 00:16
◆群馬板倉様
 凄いところに気が付かれますね。この作品について語られた文脈の中でそこに気が付かれたのは初めてかもしれません……。

 多分……間違いだとおもうのですが。
 製作期間に余裕のなかった作品らしいので、こだわりきれず直しきれなかった部分のような気がします。

 ちなみに、OPの貨車の列ですが、ヨーロッパなのに貨車が自動連結器ですよね。このレベルの間違いがありますから(笑)。むろん、ささいなことを吹き飛ばす名作であるのは間違いありません。
Posted by sekiyama at 2012年04月03日 00:46
#1592いいですねぇ

ぜんぜん気がつきませんでしたが、車と馬の作りがまたレゴらしいというか。
こういうセンスって今のレゴには失われてしまっているような気がします。

建物も最小限なのにうまく表現できてますし、これぞレゴの真骨頂。

オフィシャルがカフェコーナー作って売り出すっていうのは、一般ビルダーの出番をなくしてしまってるのかなぁ、って気がしないでもないです。

一般のおかしな、変人に近いビルダーがやたらお金かけて凝った作品作るのがある意味、究極の自己満足であり、変態行為なわけですが、それをオフィシャルがやってしまうっていうのは、公的アダルトビデオにも似た違和感を感じます。

そういう流れだからいいんですけど、基本パーツでこれは!!って思えるキットもほしいな、と思う次第です。
Posted by かう゛ぇ at 2012年04月05日 10:03
◆かう゛ぇ様
 自分がレゴ始めた頃は#1592のような雰囲気の製品に憧れを持っていたのですが、その後#10000代の建物系がたくさん出てきましたので、飽く迄個人的な見地としては「今のほうがいいかな」という感じです。
 とはいえ、灰レール4.5vトレインと当時の世界観にこだわるyonenaga氏のコレクション+作品を生で拝見しますと、「昔を守る」意義も濃厚に感じたりします。

 なので、ビルドに関しては個人差あって大歓迎というのがいつもどおりの答えになってしまいますね。

>オフィシャルがカフェコーナー作って売り出すっていうのは、一般ビルダーの出番をなくしてしまってる

 #10182からのモジュールタウン以降、アマチュアが自作の建物作る敷居が恐ろしく上がってしまったのは事実かもしれないですね。自分もモジュール規格の建物は「考えはするけど、なかなか手がつかない」存在になってしまいました。
 ただ、公式がハイエンドを提示し、それが誰でも手に入る(お金払えば)という状態にしてくれてることは感謝したいですし、悪いことじゃないと思います。

 いくらクオリティが高いと云えど、所詮はレゴであり完成品ではないのですから。他ジャンルの模型(鉄道・航空・フィギィア)で完成品の品質が上がりすぎて自作が廃れているのとはちょっと違うとは、思いたいのですよ。

 ハイエンドのキットが、ハイエンドの作品を作る母体になり、後者の敷居を下げる効果は生まれていると。


>基本パーツでこれは!!って思えるキットもほしいな
 これは同感です。
 ただ、高い対象年齢に向けてリリースするのは商業的にも難しそうな気がします。

 とはいえ、自分もCity辺りと10000番代で製品のクオリティや精細さでなんかすごい差ができちゃってると思ったりすることがあります。
 その意味では、#1592的な製品の存在意義は見直されるべきなのかも知れません。
Posted by sekiyama at 2012年04月06日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック