何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年03月03日

【brickshelfより】去年の5月くらいの分です。

 一時期かなり追いついたつもりだったのですが、油断していたら引き離されてしまいました。
 リアルタイムとは違った視点で見ていただければ幸いです……。やっぱり再発見はありますので。
 ちなみに「トレインをテーマにした大型展示」は8月のJAMを考えると、そろそろ他人事じゃなくなってきます。憧れを現実にできるチャンス。とはいえ、現実にできること優先で進めるつもりですが……。


◆Dark-Alamez様撮影の、西部劇テーマのレイアウト
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=471408
 大規模イベントの模様だと思うのですが、ワイルドウエストに徹しているところが凄いです。この規模で。汽車はアメリカンな4-4-0とかじゃないと似合わない! と思わせ、さり気なくイギリス型の#10194で済ませているのはちょっと残念ですが。


◆frogstudio様の 作業用車両とディーゼル機関車
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=471526
 作業用車は軌陸車(バックフォー)を搭載するもの。面白いのは斜路が備わり、軌陸車をスムーズにつみおろしできること。

 ディーゼル機関車は昔のバックマンのCタイプディーゼル(昔はTOMYが、今は河合商会が売ってるあれ)風です。黒+白のモノトーンに赤の警戒色という配色がシック。


◆Grrrr様の、モノレールと鉄道の乗換駅+エスカレーター
 
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=471615
 島式ホームのモノレール駅と、鉄道のホームをつなぐアーチ屋根がとても綺麗。モノトーンの配色も趣味が良い。
 なお、エスカレーターが可動する(おそらく電動で?)のもこの作品の見所でしょう。もっと詳細なアングルが欲しいところです。機構とか気になります。


◆Buzzard 様の、オランダ国鉄の電車。貫通扉開閉。
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=25057
 前面に貫通扉のある高運転台……581系や481系200代のような電車です。モデル自体はレゴでよく作られてきた電車ですが、この作品は前面貫通扉の開閉ギミックあり!
 開けたらちゃんと幌が出てくるのもいい感じです。この種のギミックを見直したくなります。


◆Marwede様の、ドイツの路面電車各種(CAD)
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=470153
 いろいろなタイプがあって楽しい。左の底床電車は配色が富山地鉄の雷鳥色のようです。どこの街かしら?


◆safiati様撮影の、大型イベントの模様
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=447674
 大鉄橋が目を引きます。魚腹型のトラスに石組みの橋脚! あぁ、羨望。トラスはテクニックビームを組んだ造りですね。前後のアーチ部分の組み方も2×4ブロックの使い方が大胆です。


◆vbazsa様の、ミディアムブルーの8幅客車
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=472029
 ミディアムブルーだけで作られてしまった8幅フルスケールの客車! 確かトレインドアはレアパーツとして存在していたような……。側窓は「家用」の新型ですね。あの窓はトレイン窓ともパネル3×4とも違った雰囲気を出すものです。使い分けも楽しい?
 屋根はなんとテクニックパネル。ツルンとした丸みが独特。テクニック穴も「味」です。この手法は使えそうです(パーツの価格次第ですが)。


◆Blake-CZ様の、陸橋ジオラマ
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=471809
 電車2両分規模の小規模?なジオラマ。32×32基礎板2枚分ですから肩のこらない規模? 而して効果的。そして魅力的な情景です。岩山はシンプル?ですが、電車引き立てるならこんな感じでいいのかもしれません。ちょっと真似したいと思わせる作品です。


◆alanboar様の、マクドナルド店舗
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=471773
 テラス席に駐車場もある、大型店舗のモデルです。もちろんインテリアも再現。あちらの大型店舗の雰囲気が伝わってくる楽しいモデル。そういえばどことなく往年のダイヤブロックのマクドナルドモデルも思い出しました……。
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=5064593
 この辺とか(画像はMugen様提供)。往年のダイヤのデザインセンスの良さを今更ながら再認識……。


◆88high様の、シトロエンDS
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=472137
 前半5幅、後半4幅というモデルです。あの車の後ろすぼまりの印象を上手く捉えていましょう。後輪廻りの処理に非透明のキャノピー部品使っているのも面白い。フィグ乗りとはちょっと違うジャンルではありますが……。
 

posted by 関山 at 09:16| Comment(4) | TrackBack(0) | Brickshelfより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西部ジオラマの荒野にいてるバッファローが秀逸(^^
遠景で撮ってるとCGに見えますね。
でもよく見ると実写ってすごいスケールです。
そもそもこんなに大きいジオラマ、どこに組み立てたんでしょう。
すげー

マクドナルドもいい味出てますね。
屋根の作りがまた味があっていいです。

ダイヤブロックの資料を見てるとうちのレゴタウンにもマクドナルドが必要だと思いました(^^
Posted by かう゛ぇ「 at 2012年03月04日 08:35
◆かう゛ぇ様
 あちらの大規模イベント展示はたまに見るのですが、西部に絞っているのはえらく新鮮でした。
 確かにサムネイルだとCGにも見えてしまいます。

 マクドナルドはたしかに屋根の作りがポイントですね。ダイヤの方のマクドナルドは、「レゴ化」したらスケール的にも面白そうです。
 あのダイヤの資料はかなり貴重なので、全部ご覧になることお勧めします。レゴのヒントにもなりますし(笑)。
Posted by sekiyama at 2012年03月05日 05:14
ミディアムブルーの客車は綺麗ですね。調べたらトレインドアはスポンジボブのセットに入ってたみたいです。(ずいぶん意外。)

マクドナルドはかう゛ぇ様と同じく屋根の表現がいいなぁと思いました。ダイヤのマクドナルドにもこんな表現が有ったので、自分もそれを思い出しました。(ダイヤのレゴ化はやってみたいお題です(^^)

フレンズシリーズのお店のセットはあの頃のダイヤに通ずる物があるので好感が持てます。フレンズでもマクドナルド等の実在の企業とコラボしたセットが出たら売れそうな気がします。(普通のミニフィグのセットで出たらなお嬉しいですけど(^^;)

Posted by Mugen at 2012年03月05日 21:24
◆Mugen様
 ミディアムブルーのドアはbricklinkで売り物あるのを確認してましたが、まさか出所がスポンジボブとは思いませんでした。さり気なく濃いシリーズです……。窓表現はかなり気に入ってます。トレイン窓とパネル窓の中間の大きさにできるんですよね。

 マクドナルドはやはりダイヤを思い出されましたか。資料提供ありがとうございました。あれがなければダイヤであんなにマクドナルド店舗が充実してたことは思い出せなかったでしょう。
 Friends(のパークカフェ)が通じるというのは同感です。というか、云われて「あの頃のダイヤ的だ!」と気が付きました(笑)。

 企業コラボはレゴ社は何処か及び腰ですよね。Friendsやcityは世界観ができてしまっているので、そこに外部の商標が入り込むことを敢えて規制しているのかなぁと勘ぐっています。商標提供する企業の方はレゴがやってくれるならむしろ快諾でしょうし(未来の「消費者」への刷り込みは広告として最大の効果!)。
 ただ、これはちょっと難しい問題ですね。
 パークカフェがマックやスタバになると嬉しいか嬉しくないのか……。

 あ、でもシェルは復活して欲しいかも(ついでに云えば「DB」……ドイツ鉄道も!)。

 長くなりそうなんで、この話は別エントリにします。
Posted by sekiyama at 2012年03月07日 07:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック