何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年02月16日

【レゴ製品】2012夏製品:クリエイター。進化か退化か? でも値上げは勘弁!

 新製品情報、未だ終わりません。
 クリエイターは建物系1種。最盛期を思うとちょっと細ってきた印象……。とはいえ今のレゴにはまともな建物建てられるセットも多いので、クリエイターの重みが前ほどはないのも事実です。恵まれた時代。

 情報源、画像はfbtb(Flickr)より。
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/


 「#7346 Seaside House」。このアングルは初出です。窓の大きさからの開放感がわかります。ミニフィグは当然サーファー。サーフボードのような小物が入るのもこのシリーズの流れ的には進化か退化か?(個人的には進化だと思いますが)
 雰囲気はとても良い。複数購入も考えたくなるのですが……。

 ……ちょっと気がかりなのは価格。415ピースなのにUS予価49.99ドルとは。
 本気ならちょっとキツいです。
 ただ、US予価に関してはこれまで恵まれすぎてたUSだけの値上げで、EUと日本は据え置き!ならありがたいのですが。でも、日本だけ更に値上げとか為替相場無視した動きになっちゃいそうなのなんともかんとも。


 箱画像。アナザーモデルは左の二階家も、右の「小さな家 2棟」も結構魅力的なのですが。

 他画像はこちら



 「#7347 Highway Pickup」。
 長いこと前面ガラスが素通しだったクリエイターの大型車モデルにも遂に大型キャノピーが入るように! ここは進化か退化か? いや進化ですって間違いなく。製品の魅力が確実に上がっていますから。#10220ワーゲンバスの流れもそうなんですが、もう少し頑張ればモデルチームは還ってきそう?
 問題はやっぱり価格でUS予価79.99ドル。少し高い? パーツ数805ですが。


 箱画像。アナザーモデルはロードスターとキャブオーバーのトラック。ここは意外性と順当性で、魅力はあります。

 他画像こちら。



 「7345 Transport Chopper」。機体幅6幅の割と格好いい輸送用ヘリ。これでコクピットやキャビンがミニフィグスケールなら申し分ないのですが。そこまで退化?はしてくれないようです。
(その意味ならCityのポリス・チヌーク#4439があるのでしょうけど)
 但し、下記箱絵をみると小さなジープ搭載のギミックあり。これはこれでありでしょうか?

 問題の価格は34.99ドル(US予価)。383ピース。
 これはそんなに値上げ感がありません。実売3500円なら欲しいところです。


 箱画像。アナザーモデルは小型フェリーと水上機。3点並べても世界観揃って楽しそうです。

 他画像こちら。
 
 
posted by 関山 at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
裏側を見ると、
#7346 Seaside House は、名作コテージの流れですね。
壁が青22号なのは、海との差を出す為もありますね。
屋根は違う色が良かった(笑)

ヤシの木と砂の城、波の表現がとてもマルです。
特に波、時間軸の表現って、製品として初めてじゃないですか?

#7347 Highway Pickup は、一昔前なら、確実にブラックキャットの再来!とか
騒がれていたでしょうね。
今では普通の製品に見えますが、それだけ製品環境が良くなったって事ですね。
フロントガラスはポイント高いです。
出来れば12幅も手に入れやすい何かの製品で入れて欲しい。
Posted by G@ひたひた at 2012年02月16日 21:17
◆G@ひたひた様
 名作コテージ! 自分も思いました。

 壁のスカイブルーは最近使われ過ぎてる感が。とはいえ他のどんな色よりも、このセットにはしっくり来ていますが。
 屋根の赤は……これもいざ他の色にしようとすると思いつきません。黒だと地味すぎるでしょうし。濃赤だとログハウスと被りますものね。まぁ赤は長くレゴやってると余りがちなのですけど。

>ヤシの木と砂の城、波の表現がとてもマルです。
 椰子の木は専用部品もいいのですが、クリエイター的な表現もいいものですね。
 波……時間軸の再現、目の付け所が違いすぎます。たしかに初めてかもしれません。

>#7347……今では普通の製品に見えますが、それだけ製品環境が良くなったって事ですね。

 ですよねぇ。自分たちがレゴ初めて以来、ここまで製品環境が良くなるとは思いませんでした。
(トレインに関しては2000年代前半には存在した単品がでなくなったのは痛いですけど)

 一度、至近な時代を振り返ってみるのもいいかなぁとおもう次第です。
(ところが、今週は「考察」なんて記している暇のない新製品情報ラッシュなのでした……。作品紹介も記事書きたいの溜まってますし、実は拙作も……!)
Posted by sekiyama at 2012年02月17日 07:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック