何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年12月30日

【レゴ製品】Friendsの本気。日本版カタログは「デコ」に注目!?

 クリックブリック店頭(など)では「Friends」専用カタログと「Ninjago」専用カタログを配布中。前者は全10ページで、通常のカタログと同じ判型(正方形)という仕様。意外と読み応えがあります。


 表紙。モデルが日本人? そんなわけで表紙からして日本(というよりは東アジア?)仕様!
 凄い気合なんですが。少なくとも欧米版のテキストを日本語にしただけのものじゃないのですね。だから日本語版じゃなくて「日本版」です。

 キャッチコピーは「レゴ フレンズでデコっちゃおう(ハート)」
 「デコ」は一時期流行っていましたが(今も?)、その流れを汲んでいるんですね。このへんも多分、日本オリジナル。日本でFriends売ろうという意図を感じます。


 2-3ページは各キャラクターの紹介。設定についてのツッコミなどは控えます。ただ、レゴのカタログ類に多い直訳は避けてて割と自然に日本語にしているのが印象的。かなり気を使ってるのでしょう。


 4−5ページは、世界設定のハートレイク市の設定。これまで、意外とこういう設定用意した製品ラインは少なかったような気がします。でも、ごっこ遊び……ロールプレイ……RPG的感覚を意識するなら設定とかマップって必須なんですよね。


 6-7ページは旗艦アイテム「#3315 ラブリーハウス」の紹介。
 4階建てにも組み替えできるモジュール方式であることは初めて公開されたんじゃないかしら? デザインのルーツはCityの「#8403 City House」(2010年:絶版)ですね。1年のブランク空けて復活した感じ。
 小物一覧写真ではナイフやフォーク、新型の花などが印象的。

 なお、カタログではFriendsフィグのことを「ミニドールフィギィア」と称してます。この言い方も定着するのかしら?


 8-9ページは通常の商品一覧。パーツ取り用小物などの情報を今のうちに得ておきましょう(笑)。意外と新発見があるかもです。ビューティーサロンの口紅など。

 ちなみに「#3942 ハートレイクドックショウ」は影も形もなく。やはり日本未販売? ドイツ版総合カタログでは掲載ありましたから、トイザらス限定というわけではなさそうですが。


 10-11ページも通常品。「#3061 パークカフェ」は売る気満々なのかえらく詳細な解説です。各種調理用具などを見ていると「おままごと」ニーズも意識していることが窺えましょう。

 「デコしてね(ハート)」。
 ミニフィグじゃ当たり前の組換要素ですが、Friendsフィグもといミニドールフィギィアでは組換もファッション感覚。まぁ間違ってはいませんが。
 髪飾りが交換できる要素は面白く、ミニフィグヘッドへの転用も楽しめそう。


 裏表紙はキャッチコピーも含めて、割と普通。
 こうして紹介してみますと、他の国でもこうした専用カタログは用意しているのかどうかが気になってきます……国別の戦略の差異とか。

 さて……。
 去年の今頃は「レゴ社は女児向けやって欲しいなぁ」とか何度か弊ブログで記してたような気がします。
 で、Friendsの情報が出てきた今年の秋口の地点じゃ「クリブリ限定かザらス限定でしょ……」とか思ってました。

 が、まさかここまで手間・予算かけた販促物用意してきましたとは!
 浅草橋改メ、赤坂ガーデンシティは新市場開拓に思ってたよりも本気で、攻めの姿勢。あとはTVCMとかどれほど仕掛けてきますのやら?

◆◇◆◇◆◇◆


 amazon.co.jpでのFriendsはほぼ全品割引率が33%になっています。

 現在予約価格7045円の「#3315 ラブリーハウス」。建物自体はCity的な大味構成ですが、そのおかげで意外とボリューム感のある構成であり、歴代レゴの家の、実売7000円クラスにしては頑張っていましょうか。
 案外、小物取り以外にも「使える」?かもしれません。
 
 そのほかFriends関連はこちらへ。
 
 
posted by 関山 at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気合い入ってますね! > カタログ
日本で作られたものではないようなパワーがありますね
1970年代の女の子向け玩具カタログ、パッケージのような匂いがあって面白い!&懐かしい。ママレンジとか思い出します。

キャラ紹介、街の設定とか、こういった情報は買うまでのイメージづくりや期待感を膨らませますね。通常のレゴ製品にも欲しい。

そういう意味では「Ninjago」も、思ってたよりも良い流れを作っていますね。

昨日ヨドバシで(発売まだでしたけど)見本が展示されていて、ヘビのヘリとかバギーとか、空飛ぶ船とか、良く出来ているんですよ。

最近、また材質が変わりました? ライムの発色がえらく良くなっているように見えたのですが。
Posted by G@ひたひた at 2011年12月30日 23:08
◆G@ひたひた様
>1970年代の女の子向け玩具カタログ、パッケージのような匂いがあって面白い!&懐かしい
 同感です。その流れで作っていますよね。カタログとして違和感が少ないのです。

>イメージづくりや期待感
 下手にやると興味削ぐのですが(笑)、フレンズに関しては成功しているように見えます。ニンジャゴーも同じかも、あちらも独自カタログまで用意して理解してもらうのに努めていますものね。

 あと、2012ニンジャゴーは蛇の眼の表現が評判良いです。ニンジャ側のメカも意外と頑張ってますし。迷走しているようにみえて、実は続くシリーズなのかもしれません……。
Posted by sekiyama at 2011年12月31日 12:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック