何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年12月26日

【記事紹介】イグ様の「駅前帝国メガトロニア」より、「レゴランド ディスカバリーセンターにパーティールーム?」

 ソースの記事は読みましたが、記事にするタイミングを逸しておりました。イグ様のまとめが適切だと思いましたので紹介する次第です。

 「駅前帝国メガトロニア」より
レゴランド ディスカバリーセンターにパーティールーム?
http://bionicle.blog.shinobi.jp/Entry/351/

ソース記事(こちらはまるごと引用)
http://www.fashionsnap.com/news/2011-12-22/legoland-discovery-center-yokyo/

東京・お台場のデックス東京ビーチに2012年6月中旬、日本初の「LEGOLAND・Discovery Center(レゴランド・ディスカバリー・センター)」がオープンする。体を動かせるアスレチック遊具や、4Dシネマ、東京の街並みをブロックで再現したジオラマなど、レゴブロックの魅力を表現した様々なアトラクションを用意。また、2015年以降には、名古屋にも同施設の建設が検討されている。

  「レゴランド・ディスカバリー・センター」は、英国及びヨーロッパで第1位の規模を誇るエンターテイメント・レジャー企業MERLIN ENTERTAINMENTS (マーリン・エンターテイメンツ)が手がけるレゴブロックを使ったアトラクション施設。レゴブロックを通じて、子供たちが目と手を動かし、遊びながら創造力を育てることを目的に、現在はイギリス・マンチェスター、ドイツ・ベルリン、アメリカ・シカゴなど3カ国5施設が運営されている。2012年にはアトランタ、カンザスに続き、「LEGOLAND・Discovery Center Tokyo」のオープンが決定。同社が、2012年1月4日まで期間限定で展開している体験型アトラクション施設「マダム・タッソー東京」の跡地が利用される。

 「LEGOLAND・Discovery Center Tokyo」では、メインターゲットを3歳から10歳の子供を持つ家族連れに設定。延べ面積は約1,000坪。レーザービームを使ったシューティングゲーム、毎回テーマに合わせた作品を作るレゴ教室や、未就学児向けのレゴ商品「デュプロ」を使ったプレイグラウンドなど、創造力をふくらませながら遊べるレゴブロックを使った様々なアトラクションを揃える。また、誕生日会や"ママ会"などに向けたパーティールームも設置する予定だ。

■レゴランド・ディスカバリー・センター東京
 オープン予定日:2012年6月中旬
 場所:デックス東京ビーチ
 延べ面積:1,000坪(予定)


 
 イグ様のまとめですと、「パーティルームが気になる」とのこと。
 誕生日会ママ会を想定しているようですが、AFOL達のためのオフ会ルームとしても使わせてくれれば、と。

 日本におけるレゴのオフ会的活動が盛んになりにくい理由に「場所・会場の問題」は大きいと思いますので、オフィシャルでレゴで集まれる場所提供してくれれば云うことはないのです。
 勿論、費用はなるべくお安くお願いしたいところです。民間の貸会議室級じゃ意味無いので(笑)、「レゴ関連の集まり限定」とかで公共施設クラスなんて言っちゃいけないのかしら。

レゴの施設がレゴビルダーを拒んだら本末転倒なので(笑)、
 いや、まさにその通り。
 レゴビルダーというレゴを一番たくさん買ってくれてる※ファンへのサービスがあってもいいのですよね。

※:レゴジャパン経由じゃないのもありますけど。まぁそこは大きい問題じゃないでしょう多分。
 

posted by 関山 at 23:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 記事紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事紹介ありがとうございます…
なんですが、ちょっと訂正というか情報ソースについての補足を;
情報源の記事で「マダムタッソー跡地にレゴランドが出来る」的な事が書いてありますが、(ビーナスフォートにエントリーシートを取りにいくついでに)視察してきたところ明らかに1000坪も無く、そもそも場所は「アイランドエリアの6、7階」という情報が出ているので場所に関しては誤報の可能性が高いです。
(恐らくマダムタッソーとレゴランドの運営会社が同じなので勘違いしている)

プラン・料金形態が分からないのでなんとも言えませんが、大人数でオフ会をする場合だと文化センター等を借りた方が結局安上がりかもしれません;
開園初日に部屋を抑えて「レゴランドについてその場で語り合う会」的なものをやったらそれはそれで楽しそうですがw
Posted by イグ at 2011年12月27日 00:36
管理人様、初めまして!こちらの記事を拝見し、はじめてコメントさせていただきます。レゴランドディスカバリーセンターの広報を担当させていただいているものです。
コメントにございました「マダムタッソー跡地」というのは正確な情報でございます。
ただしご指摘の通り現状の跡地だけでは広さがないため、別のフロアを利用して1000坪規模の施設になる、という予定です。今後確定した情報はフェイスブックなどで公開して参りますので、ぜひ引き続きご支援お願いいたします!
http://www.facebook.com/LEGOLANDDiscoveryCenterTokyo
Posted by 株式会社セットジャパン at 2011年12月27日 15:07
◆イグ様
 いやいや、情報とか分析をお借りしちゃう感じで申し訳ないです。

 また、「現地視察」ありがとうございました。だいたいあの場所かなとイメージは湧くのですが、訪問が少し前のことなので印象も曖昧で。意外と1000坪ってイメージわかない面積ですし(狭くはないと思いますし、屋内だとかなり広いと思いますが)。

>大人数でオフ会をする場合だと文化センター等を借りた方が結局安上がりかもしれません;
 まぁそれ言っちゃおしまいってことで。

>開園初日に部屋を抑えて「レゴランドについてその場で語り合う会」
 (笑)。でも、流石に空気は読みたいところです。言いたい放題するなら外のほうが気楽かも。
 でも、純粋に開演当日に普通に遊びに行きたいなぁとは思っています。普通に遊ぶ、施設を利用するオフは考えたいですね。良ければ記事にして、宣伝すると!


◆株式会社セットジャパン 御中 広報担当者様
 弊ブログを御覧下さりありがとうございます。
 レゴに関しては好きが余って言いたい放題のブログですが、寛容にご覧くださってるようで何よりです。

 また、今回は情報の提供に感謝いたします。あの建物内での正確なイメージがちょっと描けてきました。なんであれ面積はそこそこありますから、いろいろな企画・作品など期待させて頂きますね。
(日本の風土とか考えますと、屋内型というのは作品展示で有利であると思います)

 また、フェイスブックの方はこまめに拝見させて頂き、面白い情報ありましたら紹介させてください。
 
 なにより、来年の開業を楽しみにしております。
 先に触れましたよう、開業初日かその翌日くらいには普通に入場したいと考えております。待ち望んできたレゴの公式施設が都内で実現するのは嬉しいことですから。

※:大人のファンが集会できるような場所……というのはあんまり本気ではありません(笑)。それこそ公共施設借りればなんとかなる話ですので……半ば冗談とはいえ、クレクレで申し訳ないです。
 それよりはファンが如何にして盛り上げ・入場者数増に協力できるかとかを考えたほうが良いのかもしれません。作品コンテストとか何らかの展示機会(個展など)とかがあれば一番望ましいのですね。
Posted by sekiyama at 2011年12月27日 20:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック