何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年12月21日

【レゴ製品】新テーマ「MonsterFighters」。悪くないけど……。


 情報源TOY N brick
 
 参考動画

 噂のあったホラー系テーマです。

 るーこと様のコメントでもありましたが「Studio」のホラーテーマ(2002)の復活と言うよりは、「Time Cruiser」(1996-97)の復活という観点もあるのかもしれませんね。
(管理人にとってはTimeCruiserはレゴから完全に離れてた時代の製品で、逆にStudioのホラーはレゴに戻ってきた頃の製品なので印象と言うかインパクトが違うのですけども)

vs



 #9463 小箱 狼男と樹。小型の自動車(クラシック系)。狼男は目にプリントありでちょっと可愛い(笑)。ここで狼娘なら萌えるのになんて考えちゃいけません。

 #9466 中箱やや大きめ フランケンとマッドサイエンティスト。牢屋とか研究所とか。乗り物は8幅(!)のシトロエン2CV。フランケンシュタインはMinifiguresのものに近いですね。マッドサイエンティストは髪型がインパクトあり。

 #9461 小箱 半魚人。小型ボート。半魚人は新規の型と思われます。

 #9467 中箱やや大きめ 幽霊列車。4-4-0のアメリカン蒸機と、トレイン車輪ではない貨車3両。幽霊3体。幽霊は新規金型っぽいです。ところで、貨車がトレイン車輪じゃないと、他のトレインシステムと組み合わせる発展性がない問題があるんですよね(その意味ではトイ・ストーリーでのウエスタントレインや、ハリポタでのホグワーツ急行4代目は上手く行った製品だったのです)。
 あと、プロペラ機。

 #9462 小箱 ミイラ男とホネホネ馬の馬車。ウルトラライトプレーン(オートジャイロ?)。ホネホネ馬は久々の復活(蛍光色ですけど)。

 #9464 中箱 怪物の正体がちょっと分かりません(ヴァンパイア?)。吃驚仕掛け?のある古そうなアメ車がとても格好いい。

 #9468 大箱 旗艦アイテム! ヴァンパイアの夫妻。ヴァンパネラを入れるセンスは褒めたいです。館というかお城の部分は一体部品も多用ですが、デコラティブな部品でまとめているので大味感は感じにくいです(シール頼みにも見えません)。良い意味での「如何にも!」という感じですね。ステンドグラスの処理はどうやってるのかしら? ボリューム感も十分です


 さて。
 テーマ全体を通して言えるのは「ゴシックホラーの化け物 VS ゴーストバスターズ」という展開であるということ。だからMonsterFightersなんでしょう。

 でも。
 日本のライトノベルやマンガやアニメに親しんでると、ゴシックホラーの化け物たちって既に「倒すべき敵」じゃなくってむしろ主人公サイドのイメージ強いんですよね(あ、最近どころじゃない! 「怪物くん」なんて何十年前の原作なんでしょう!)。
 あ、日本だけじゃないですよね。あちらのゴス文化なんて彼ら彼女らへの憧憬無くしてありえないですし。20年も前にWhiteWolfのTRPG「ヴァンパイア」「ワーウルフ」他のシリーズもありました(たぶん、ルーツはもっともっと古い。アダムス・ファミリーもそうですよね)。
 その意味じゃレゴ社のセンスって致命的に古臭いような気がするんですよ。そこがとても残念。

 狼男や吸血鬼を倒したいんじゃない! むしろ、彼ら彼女らになりたい!! ってニーズを汲み取れてないんですね。シリーズ全体見て感じる違和感はそこだと思う由と。
(フォローしておけば、製品としての出来は決して悪くないのですよね。乗り物とかお城のデザインは秀逸な部類ですから)

=========================================== 
追記:
 コンセプトに関しては管理人の好みもあります。モンスターは倒すべき敵、という観点での作品が古いというのも些か言い過ぎではあります。
 ただ、レゴなら自由に立場入れ替えて遊べるはず、という見方は詭弁だと思ってます。主人公を意識したキャラクター・プロダクツデザインと敵を意識したそれって自ずから変わってきますから。両方に見立てのできる中立的なデザインで相対主義的なのが知育玩具としても理想だと思うんですけどね(「お城」や「宇宙」もそうだとおもうんですけど)。
 
posted by 関山 at 22:51| Comment(5) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「Time Cruiser」は意識されているでしょう。付随車の車輪を見ても。
私もあのチンドコシリーズはリアルで知りませんが、
この画像を見て真っ先に思い浮かびましたから。

製品として見ると
鉄道好きから見て、ちょっと手が届いていないくらいが頃合いなんじゃないかとも思いますけど。
足りないモノは買い足せるのがレゴですし、非鉄の「誘導」と考えると。

まぁ、せめてPF車輪(小)は入れてくれよ!と思いますけどねw

世界観は好きです。緑の炎とか、クルマの怪しい感じとか。結構伝わって来るモノがあります。
Posted by G@ひたひた at 2011年12月22日 10:30
紹介ありがとうございます。今回の完全新規のモンスターは半魚人だけのようですね。あとのモンスターはレゴガチャシリーズのものと同じ部品で構成されているようですので。ファンタジー系はハリポタでもやっていましたしモンスターはスタジオでもいましたが、ひとつのオリジナルテーマとして物語性のある今回のシリーズはレゴ社的にはどうなのでしょうね。

あと#9464は私には霊柩車に見えます…
Posted by るーこと at 2011年12月22日 16:27
◆G@ひたひた様
>鉄道好きから見て、ちょっと手が届いていないくらいが頃合い
 レゴの一般ラインで鉄道扱うのは、この頃合いでいいのかもしれませんよね。微妙と言うか難しい話題ですけど。
(プラレールは明らかにそこらの閾値超えちゃって久しいですが、まぁ日本ローカルですものねぇ)

>足りないモノは買い足せるのがレゴですし、
 そりゃそうなんですが、トレイン車輪だけ買い足しが難しいのもまた現実です(単品車両未だに出ないし!)
 パーツ屋さんは国内ショップであっても敷居は低くはないですから。やはり配慮は欲しい。

>せめてPF車輪(小)は入れてくれよ!
 貨車の車輪がそれなら、神製品なんですけどね(笑)。未だ改良される可能性に賭けたいです本気で。

>緑の炎とか、クルマの怪しい感じとか。
 そこは同感です。趣味良いですよね。


◆るーこと様
 再度のコメントありがとうございます。ホラーテーマはなんだかんだで「小出し」でしたので、確かにテーマとして一括性のあるものは初めてかも。
 雰囲気は良いですから、売れて、続いて欲しいと思います。

>あと#9464は私には霊柩車に見えます…
 吸血鬼の定位置は棺桶ですから納得です。それはそうと昔の(30年くらい前の)霊柩車は大型のアメ車がベースのこと多かったこと思い出しました。
Posted by sekiyama at 2011年12月23日 02:18
「司令官は外道で破壊大帝こそ紳士」という共通認識が生まれるほどフリーダムな日本でTFを触っていると、ついつい「自分の好きなように遊べばいいじゃん!」「悪党主役でいいじゃん!」と思ってしまいますが、普通の子供は「正義は正義」「悪は悪」で遊ぶんですよね...すっかり忘れていました(笑)。

ただ、相対主義的なシリーズは文章と設定でのフォローが欠かせないのでゴーストファイターズにそれを求めるのはちょっと酷な気も。
コミックやムービーの連動があるエクソフォースやニンジャゴーでやってくれれば良かったんですが・・・

まぁ、そもそも「人間側を入れない」という選択肢もありますけどね。
あるいは「オバケのパーティ」といった生活感のあるセットを入れるというのも解消策の1つでしょうか?

モンスターフィグがおっかないデザインなのはそれもモンスターのあるべき姿の1つなのでアリだと私は思います。
そもそも「可愛い・カッコイイから正義」「気持ち悪い・恐いから悪」というのも結局は「モンスターだから悪」というのと五十歩百歩なわけですし。

知育玩具的な意味では相対主義とサバイバルを組み合わせたマーズ・オン・ライフの世界観が優秀でしたね。
同時期のスタジオシリーズの「ムービーを作ろう!」というのも良かったですね。
(共にセット内容と価格の関係が破綻しかけていたのが残念ですが・・・)
Posted by イグ at 2011年12月23日 16:30
◆イグ様
 まぁ日本はフリーダム度が高いとは思います。アメコミヒーローが単純という偏見には気をつけなきゃいけませんけど。

 先にもコメントしましたが、ホラーテーマ自体が本格的には「初めて」ですから、相対主義的なのは時期尚早という見方もできましょうね。

>まぁ、そもそも「人間側を入れない」という選択肢もありますけどね。
>あるいは「オバケのパーティ」といった生活感のあるセットを入れるというのも解消策の1つでしょうか?

 このへんはテーマがこなれてきてから期待したいところです。

 マーズオンライフはコンセプト的に再評価待たれるシリーズなのかもしれません。ムービーもそうですけど、レゴ社の製品企画そのものが迷走してた時代でしたし。

 最後に相対主義というと、バイオニクルも割とそういう感じに見えますかね(門外漢から見てると)。まぁヒーロー側がHeroっぽくないデザインなのもありますけれど。
Posted by sekiyama at 2011年12月24日 18:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック