何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年12月05日

【レゴ製品:トレイン】オランダのカスタムキットメーカー「Blokbrics」が凄い! 濃い!!

 情報源はエフ様のブログの記事より。
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/12023393.html

 管理人も、恥ずかしながらここは知りませんでした。トレインに強いカスタムキットメーカーとは。
(カスタムパーツだとBBBが有名すぎますが)



「Blokbrics」http://www.blokbricks.com/

 その扱い品が予想外に濃く、面白いです。


◆「機関車・電車」

http://www.blokbricks.com/contents/en-us/d3.html
 オランダ国鉄の電気機関車・ディーゼル機関車、そして電車の単品に編成! 驚かされるのが電気機関車が動力オプションながら100ユーロ程度の価格であること。それもマニアのMOC(作品)クオリティ、レゴ純正なら#10000代クオリティの品で、です。小ロットは割高に付きそうなものなのですが。


◆「2軸の貨車」

http://www.blokbricks.com/contents/en-us/d20.html
 やはりマニアのMOCクオリティの貨車(有蓋車・無蓋車・家畜車・通風車など)。1両20〜35ユーロほどなので、これは適正かもしれません。
 純粋にビルドの参考にもなるかもです。

◆「大型貨車」

http://www.blokbricks.com/contents/en-us/d9.html
 こちらはボギー貨車。2段積みの車運車、鉱石車(ホッパ車)、材木車に大物車! やはり頑張っている価格だと思います。
 純粋にカタログ覗く楽しみがあるのですね。

◆「アクセサリ」

http://www.blokbricks.com/contents/en-us/d25.html
 実際に明かりの灯る街灯(カスタム品)には驚かされます。しかも割と低価格(なんと1本5ユーロ! 10本は45ユーロで1割引)。手づくりと思うのですが制作の手間が心配……。

 ほかはダミーの信号機とか車止め(どちらもやっぱりマニアのMOCクオリティ!)。
 先の車運車と組み合わせる斜路セット(#7777のあのシーンのごとく!)。
 空気圧で操作するポイント遠隔操作セット(面白いですが、2ヶ所の操作に50ユーロ。PowerFunctionでの電動のほうが現実的とは云わないお約束です)
 そして、エフ様のところでも紹介されたターンテーブルセット。ただし、このターンテーブルは扇形の部分回転のみのもので一回転はできないタイプですが(欧州には実在するらしいです。ターンテーブルとトラバーサーの中間的なもの)。また、レール面への通電(SUU氏と自分が苦心した部分でし)は考慮されていませんので、機関車はPowerFunction専用ですが。でも、面白い!


 支払いはpaypalで、発送は日本含む世界中に可能な模様(この辺はbricklinkのセラーと同じ。送料も同水準です)。
 もちろん「カンザンブリック」での代行(カスタムメーカー扱い)も承ります。お問い合せこちら。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大物車に萌えます。
テクニックビームが案外ティティールに貢献していますね。
簡単に作れそうなので真似しようかな…でもこの3軸ってカーブ曲がれましたっけ?
Posted by G@ひたひた at 2011年12月06日 23:34
◆G@ひたひた様
 大物車ですが、この三軸なら問題なくカーブ曲がれますよ。自分も展望車や食堂車などで実績ありますし。

 テクニックビームの表現力を生かした作品だなぁというのは同感です。テクニックで作る部分と、普通のブロックで作る部分のバランスが良い感じですよね。
Posted by sekiyama at 2011年12月07日 20:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック