何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年11月30日

【作品紹介】yone様の#7867ライティングセットの4.5V版、光の魅力!/他

 yone様が、また「4.5V」で「80's」な世界観を広げてくれました。

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=489972
 #7867 12Vライティングセットを4.5Vで再現したものです。当然ながら、違和感がありません。ポールの色とか、ポール台座とかオリジナルと違う箇所もある……とのことですが、気になりませんよね?
 メトロライナーのホームに合わせたところは時代がちょっと違いますが、これも似あってます。


 #7750再現品(これを4.5V)を前に。
 #7867自体が使いみちのわかりにくいアクセサリだと思っていたのですが、疑問が氷解した感じ。機関庫や駅構内などの照明と見立てれば良いんですね。実際欧州圏の機関車交換など伴う大きな駅では構内照明灯りますし。
また、ゴツさ・無骨さが鉄道構内にも似合うってものです。

 それにしても、ライティングの魅力は1990年代後半以降忘れられがちなような(電池内蔵のライティングブロックとかありますけど)。
 いつになるかわかりませんが、#7867の「PowerFunction版」を個人的に拵えてみようと思ったのでした。
(PowerFunction用ライトのLEDの白い光は、ナトリウム灯に見立てるには悪くない色ですし)


 
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=489973
 こちらは2007年のoctanガソリンスタンド#7993のShellバージョン。
 #7993自体が近年のCityにしては品の良いデザインでしたが、Shellになると更に化けるものですね。4.5v中心の世界観においても違和感はないんじゃないでしょうか。city侮る無かれです……。
 さり気なく効果的なのが「樹」。これがあるだけで随分世界が和らいで見えるものです。それからミニフィグのにっこり顔も!


 関連した自動車のアレンジも良い感じです。#7731の郵便自動車はタイヤとフェンダー変えるとえらく品が良くなるもの。小形消防車も違和感なく、1980年代風に。
 
 「時代考証」を意識したビルドやアレンジも面白いものです。
 
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
掲載ありがとうございます。4,5Vでも12V並の楽しみを追求
してきました。4,5V動力でも十分なのですが、12V転換も
本当に悩みます。 いっぺん12Vを導入しますと、現有車両も
順次12Vへ履き替えになるのかもしれません。
 しかし、#7740の4,5Vバージョンも面白いな〜。と
本気で考えています。4,5V特化も良いかなと。
Posted by yonenaga at 2011年12月01日 10:15
◆yonenaga様
 考えてみると12Vは後世の9Vに繋がる部分があるわけで、変な話ですけど、現代現行のビルドとしても12Vはぎりぎり成立しちゃう要素があるような気がします。9Vが現役であるのと同じ感じで。

 でも、4.5Vは良い意味で、過去に閉じている。あの時代の空気を封印しているとでも云えましょうか。ですから、4.5Vの燈火も護られて欲しいような。

 ですから、4.5Vか12Vかという問題は難しいのでしょうね。自分は自分で「棚の上を往復させられる」というメリットから、9V/PFとは別に4.5V欲しいなぁと思い続けている由です。

 #7740の4.5V版は実現したら面白いでしょうね。足回りは#182のような「1B1」方式にすれば収まり付く可能性もあると思うのですが、如何でしょうか?
Posted by sekiyama at 2011年12月01日 22:58
#7740の4,5V版は土曜日に運転のとおり、負荷的には十分に
可能です。問題の足回りは見た目を維持するべく秘策をすでに
考えてあります。やはり旧窓2×2の旧灰が高価でしょうね。
 AWAZOさんの12Vコレクションと私のコレクションを合わせた時のあの雰囲気は最高でしたね。
Posted by yonenaga at 2011年12月01日 23:10
◆yonenaga様
 足回り維持の秘策は楽しみな部分です。旧窓の灰色をどう折り合いつけるかは確かに難しそうです。白で試して、ダメなら……というのが無難でしょうか???

>AWAZOさんの12Vコレクションと私のコレクションを合わせた時のあの雰囲気
 
そう云っていただけると、「背景」を提供できて良かったと思ってます。
Posted by sekiyama at 2011年12月02日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック