何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年11月30日

【レゴ製品】次のArchitectureは「Habitat 67」?

 情報源はこちら。
http://toysnbricks.com/next-lego-architecture-2012-set-habitat-67/



 ユーザー投票で商品化を決める試みが行われている、Architectureシリーズの次回作で「Habitat 67」が圧倒的トップの模様。

 Habitat 67(アビタ67団地)はカナダにある建物。
「アビタ67(仏: Habitat 67)はカナダのケベック州モントリオール、サンローラン川のマルクドロウン岸壁にある集合住宅。この目を引く設計は、建築家モシェ・サフディがマギル大学の修士論文を素にして制作し、モントリオール万国博覧会(1967年)の一環として建てられた。」
 なんだそうです。wikipediaより。

 モダニズムが炸裂しちゃってる建築ですね。この辺りは建築って、今から見るとポストモダンとか一回りしちゃって、今なおの新鮮味と已に歴史的重みを感じます。
 また、万博に合わせて立てられたという意味で、モントリオールの次の万博の「EXPO'70」的な雰囲気も。

 で、デザイン的にはレゴとのマッチングは「ベスト」といえそう。なにより、こんな雰囲気のモダニズム建築は1960年代のアイデァアブックにも載っていたような気がしますし。建築そのものがレゴ的ではあるのですよね。

 ……と、いうわけで順位は妥当でしょうか。
 あとは製品規模がどれくらいのものになるか? 価格次第ではありますが、面白い製品にはなりそうです。

 なお、投票が行われていたサイト(レゴ公式内)はこちら。

http://architecture.lego.com/en-us/inspire-us/
 日本からは「金閣」が上がってましたが、一番得票数が少ないのが残念です。
(未だ投票はできます。一人3票。キャッシュなくなると繰り返しも可能なようですが……)
 パーツ的に見れば、金色がたくさん手に入る夢のセットになったかもしれませんのに。また、日本でのメジャー化も期待できました。英語圏の投票だと不利ですね。

    
 モダニズム建築を分かりやすく、面白くと言うと、この二冊はお薦めです(もちろん購入・読破「済」)。
 イラストによる解説多数。そして哲学的テーマで煙に巻いたりせず(そういう建築の本何冊かに騙されました……)、まじめにカラー写真多数で解説しています。分かりやすく、そして、濃く、の良著。
 いや「変な建物気になるなぁ」程度の好奇心で読めちゃいます。
(続刊のポストモダン編[右端]も欲しい……)
 
 
posted by 関山 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいデザインですねーーーー

この箱乗せデザインっていうのは機能美の集大成的なものですよね。
そしてまたレゴらしいというか(^^
Posted by かう゛ぇ at 2011年12月02日 15:05
◆かう゛ぇ様
 まぁ、如何にもレゴで作りやがれ……って雰囲気ですものね。個人的な建築の好みはモジュールタウン的な古いのですけど、1960年代のどこか行き過ぎた感じのモダニズムも興味はあります。
 どんな感じで製品に落としこんでくるのか、楽しみですね。
Posted by sekiyama at 2011年12月02日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック