何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年11月20日

【作品紹介】yone様の、今に生きる灰レール4.5Vワールド!(その2) 4.5Vの7750他

【作品紹介】yone様の、今に生きる灰レール4.5Vワールド!(その1)
 の続きです。

 前回の写真でも#7740インターシティの客車に#7820郵便車が何度か写っておりますが、あの客車たちも「再現品」なのだそうで。今回の7750蒸気機関車も同様に再現品です。
 但し、大型動輪パーツにはそれなりのコストが掛かってしまいました……。しかし。


●#7750 4.5Vバージョン


 肝心の動輪部品にそれなりのコストが掛かってしまったとはいえ、その部品じゃないと出せない効果を濃厚に感じる作品です。例えばですが、BBBミドル辺りだと9V末期〜PowerFunction時代の作品になってしまい、80年代の雰囲気出すのが難しくなってしまうのでしょう。
(誤解無いように記せば、#7750の21世紀版はそれはそれで観てみたい作品です)
 この再現品でも、黒の2×2窓は新型としていますが、元来ならば旧型が欲しかった……とのこと。


 動力系が4.5Vになり、バッテリーカーを従えているのは違和感が全くありません。「#7750は、このスタイルで4.5V版も出して欲しかった」という言葉には頷きたくなります。
 小さな有蓋車が客車の間に入るのも味のある編成。ちなみに#7750客車2両牽いても牽引力に問題はないそうです。
 あとはいつもながらですが、シール(自作)の効果も大きいでしょう。


●#7820の箱型電機モデル

 #7720の凸型ディーゼル機関車のセットにはサブインスト2種がつき、一つがこんな箱型の電気機関車です。北欧かスイスの小型古典電機を彷彿させ、なかなか雰囲気のあるモデルですよね。
 やはりバッテリーカー従え、そのあとに大型客車を牽かせても様になってしまうものです。そしてその時代のストラクチャー群が似合う。やはり世界観の統一が大事であることを痛感させられます。
 ライトは12Vの機関車意識して付けてみたのだとか。9Vと違ってフルに明るくなるので効果大きいでしょう。
(9Vのライトはそれなりの速度じゃないと明るくならないので、あんまり魅力ありませんでした)

 なお、インスト通りだと4.5Vの信号機にパンタが当たってしまうのだとか。パンタの一番上をタイルにするとなんとか大丈夫と聞いております(下の写真の如く)。


 色替バージョン。客車に合わせたツートンカラー。お好みはどちら?
 #7740のインターシティが支線区に客車1両のみで直通運転……という雰囲気。4.5Vのフトコロの広さを感じます。
 
 さて、yone様からはその後の展開も聞いておりますので、折を見て記事にさせて頂きます。お楽しみに。
posted by 関山 at 10:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良い感じですね♪
今のLEGOとは別物のコレクションと言う感じがします。
クラシックカーを見ている感じなのでしょうか?
実売していた時期を知らないのに、
(その頃はLEGOには興味が無かったものですから・・・)
なんだか懐かく、暖かい感じがします。

そして、統一された世界観と言うのは美しいですね!
Posted by エフ at 2011年11月20日 21:10
◆エフ様
 別物のコレクション、クラシックカー……まさにそういう表現が似合う世界ですね。レゴに関しては古いものと新しいものを混ぜられる・混在させられるのもメリットなのですが、その中で「古いもの」を純粋にする意義も大きいと思う次第です。

 動態保存って喩えは間違ってないような。
Posted by sekiyama at 2011年11月20日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック