何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年11月17日

【作品紹介】yone様の、今に生きる灰レール4.5Vワールド!(その1)

 yone様は「カンザンブリック」のお客様で、4.5V関連の部品を多々納入させて頂いております。
 作品の写真も何度かいただき、見事なまでの世界観の統一ぶりと現在に生きる4.5Vの「動態保存」の意味合いより、世界に向けての発表を願いましたところ、brickshelfにて発表頂けました次第です。

 活ける「レゴトレインの歴史」たる、Yone様の世界をお楽しみください。

●シーナリー篇
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=488941

 まず、世界観のこだわりが素晴らしい。見事なまでに1980年代の製品とそのアレンジに揃えられているのですね。ここにはモジュールタウンも中間色はおろか、1990年代の9V時代の製品・部品さえ排除されています。
 ストラクチャー、車両とも当時のものもあるようですし、後からの部品購入で再現されたものも多々あります。後者が可能なのも「レゴ」の懐の深さといえましょうか。


 エンドレスから側線が分岐したレイアウト。レールは全て灰レールで揃えられています。

 踏切のサイプレスツリーは希少部品なのですが、この部品じゃないと出せない効果なのだと痛感させられます。歴代の家モデルが並んでいるのも嬉しい。


 実際に列車を停止させることのできる腕木信号機は4.5Vを象徴するアクセサリ。
 駅と郵便局の取り合わせも似合うものですね。


●#7710篇
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=488943

 7710は1980年(日本では81年)の手押し列車セット。4.5Vモータ搭載へのアップグレードは意識された製品でした。黒い蒸機のあとに赤いバッテリーカーという編成が堪らないですね。支線区の混合列車に、本線から直通の郵便車が併結されたという風情でしょうか。
 ちなみに、4.5Vは整備状態がよく、かつ純正の灰/青レールの上だとこれくらいの牽引力はあるそうです。ダメなのは9Vレールの上の走行で、牽引力がガタ落ちするとか。


●#7898(1980年代風)篇
 
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=488944

 #7898は2006年のRCシステムの貨物列車です……が、自作の「DB」ステッカーに、細部の色替、パンタのプレート仕様化(しかも「赤」)で見事に4.5V風の機関車に化けるのですね。もし、レゴのトレインシステムが9Vにならず4.5Vを維持していたら……のifのような作品です。

 それにしても、1980年の12Vの旗艦#7750インターシティの客車に増結郵便車(どちらもなんと再現品!)が違和感なく似合うものです。アレンジセンスの絶妙さよ!


 以上、「昔のレゴ」に憧れる方のご参考になれば幸いです。
 今からでも、昔を取り戻せるのもレゴのいいところなのですから(現行品に比べて予算は掛かりますけれど……)。

<続きます>
posted by 関山 at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはすばらしい!
このままショーケースに入れて飾っておきたいくらいですね(^^

それか子どもの遊べるスペースに置いておいて、子どもが笑顔で遊んでるのを見ていたい気がします。

レゴ好きの大人だったらまず間違いなく一緒にほほえんでるでしょうし、この感覚が復活してほしいですね。

レトロキットっていうのもありだと思うんですけど・・・一時期復刻版も出してましたけどねぇ。
ちょうどまだ復帰してない時期だったので気が付いた時にはヤフオクでプレミア価格になっていたという・・・
Posted by かう゛ぇ at 2011年11月18日 07:47
◆かう゛ぇ様
 TOM様のところの1980年代のカタログでも思ったのですが、1980年代的な雰囲気には何か惹かれるものがありますよね。一時期復刻品はありましたけど、殆どが90年代のものであり、80年代は未だ掘り返されていないような。

 お子さんに喜んでいただく……という意味では、1000円くらいの、4歳以上対象の小パッケージ(先日の記事にしたサファリとか)が良い感じなんですよね。あれがもっとテーマ拡張してくれたらと思ったりもします。
Posted by sekiyama at 2011年11月18日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック