何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年11月08日

【鉄道作品(日本型)】京浜急行デハ230形。長寿だった大窓電車。

[制作:2006年/改修2010年8月]


<500形を従えた3連!>
http://www.brickshelf.com/gallery/sekiyama/clocodile/Keikyu-Interurban/230/
(他画像はこちら。検閲済)

 1930年に湘南電鉄デ1として製造。デビウ当時には車内中央に4ボックスのクロスシートがあったとか。その後ロングシート化されたり、3扉の増備車があったり、色が何度も変わったり、更新ですっきりした姿になったり……とあれこれあって、1978年まで京急で活躍。しかし、かなりまとまった両数が高松琴平電鉄に譲渡され、そちらは2007年まで運用されていました。驚くべき長寿電車。
 保存車も京急自体の復元車のほか、鉄道模型メーカー・関水金属本社のものが有名でしょうか。

 詳細はこちらへ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%98%E5%8D%97%E9%9B%BB%E6%B0%97%E9%89%84%E9%81%93%E3%83%871%E5%BD%A2%E9%9B%BB%E8%BB%8A
 1930年の電車とは思えぬ、大きな側窓が特徴でした。

 流石にこの車には乗車経験があります。といっても琴電の30形としてですが。
 1991年夏で、既に「いつか無くなるだろうなぁ」という雰囲気。まさかその後26年も使われるとは思っていませんでしたけど(笑)。窓の大きさ、そして大窓から吹き込んでくる風に感激したものです。
 

●レゴ化 その1
 やはり、2006年に一度レゴ化を試みています。
 側面・前面窓は1960−70年代のドア部品(32bc01/33bc01)を上下逆に使う手法で再現しました。ちょうど電車窓の窓桟になるのがポイントですね。
(ほかに大窓を強調する意味で4幅で横組みする手法も考えました。実は今でも未練があったりします……)
 そのため、車体は窓下の白帯部分で上下が分割になってました。合わせて屋根は順組なので「順→逆→順」と窓まわりをサンドイッチする作り。非常にデリケートな取り扱いを要求しました。


 前面の表現はヒンジプレート駆使。微妙な角度をつけるのにえらく苦労。
 ただし、強度が致命的に足りず(走行中にヒンジ緩んで隙間開くなんてザラ)。あと前面から見たときに少し幅広に見えるのも納得できませんでした。
 ちょっと、強度面でストレスの溜まる電車でした。


●レゴ化 その2 
 2010年夏にデハ500−クハ550を更新した際、「増結用」としてついでに改修したものです。
 改修のポイントは「強度の確保」。部屋の中持ち歩くだけでバラける電車は実用になりませんので。

 まず、窓まわりは上下逆のままですが、床下機器まで全部逆組にすることで車体の強度を確保。屋根のみは順組ですが、これは屋根外しできる普通のトレイン作品と同等です。
 前面も斜めに角度をつけていたのをやめ、半ポッチずらしに割り切り。関連してテールライトの表現も大げさなのを控えめに。改修して1年後に以前の写真を見ると、前の表現のほうが頑張ってたのは分かりますが……強度には変えられません。このトレードオフは難しい。
 ドアの開閉機構は維持しています。

 
 うーん。
 京急230、というより「最大公約数的な日本の旧型電車」という姿かも。
 ちなみに230にしちゃ窓が小さいかなと思い、2006年地点では存在しなかった新規格窓の1×2×3も試してみたのですが……あまりにすっきりしすぎて旧型車ぽさが消尽してしまい、断念。窓の大きさという面では悪くなかったのですが。


 戦後仕様なので車内はロングシート。形状・塗装は1960年頃の設定ではあります。



(左)運転台は簡易に再現。機器が少なめですが、戦前の電車の運転台というのはこんなものでしたので。
(右)床下まで完全に上下逆組なのが分かるアングル。
 改修前からですが、台車の片方はトレインモーターに差し替えて自走できるようにしています。将来230を増備して同型車だけの2〜3連を組ませるというのは夢ではありますね。


 同じ吊り掛け車の500形の増結車として、ぶらさがり。
 京急は今も昔も「必ず先頭車は電動車」で編成を組みますので、デハ−クハ+デハの3両は落ち着くものです。形がまちまちでも色が揃ってる混結というのもまた楽し。
 運転会などでは、この3両編成でお見せすることが多いです。


 左から230。500。730(600)。
 往年の名車を続けてきた京急シリーズですが、「あと1形式 4両」がお見せ出来る状態になっています。

 過去の試作品から予想つくとは思いますが(笑)、今度は現役の車両ですよ?
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
画像で見る限り、円筒状に後退角度が付いた旧作が好みです > デハ230
まぁ、画像でこの密度感ですから実物は量感が加わって改良型も魅力的なんでしょうね。

カラーが統一されつつのデコボコ編成…
味わい深いものがありますね。
この感覚はご無沙汰ですが、レゴで思い出させられるとは。

3輛並んでいる画像では改良型が凛々しく見えますね。
オレンジに脳内変換すると、一畑のデハニ52に似てる。
デハ230の実車は体験していませんが、レゴだと軌間に対して車幅が狭い感じに萌えます
野上の旧阪神車とか(またその話かw)

1つのテーマで味わいながら楽しんでみたいなぁ…
と、前にも書いたことがあるようなw
Posted by G@ひたひた at 2011年11月09日 15:57
◆G@ひたひた様
 あの角度からみると旧作がよく見えるんですよ……というのは冗談として、強度面も含めて再見直しは考えたいとか思ってます。
 あと、量感という意味では、あの古い窓枠(と云うかドア枠)の力は半端じゃないです(笑)。独特の迫力が出る部品です。

 カラー統一のデコボコ編成は世代は変わってますけど今もあちこちで見かけますよね(笑)。やっぱり好きです。

 一畑の52、レゴで作るならオレンジを赤と解釈するのも有りかもしれません。それなら旧規格窓2×2並べるだけなので難易度も低そうですし。20とかを白で作って対比させるのも面白そう。一畑も好きだったので(特にクロスシートのデハ20形!)何時か考えてみます。

>レゴだと軌間に対して車幅が狭い感じ
 良い意味でのガニマタ感は標準軌の私鉄電車作ると映えますよね。況して車体の小さな旧型電車はなおのこと。
 普段狭軌の線路見慣れてますから、偶に標準軌の路線乗ると(身近なのは銀座線)車体と軌間のバランスに今更ながら驚いたりします。

>野上の旧阪神車
 これもまた懐かしいや。あの辺の小形電車は6幅で作っていいものかどうかが迷いどころです。5幅で作れば小ささは強調できるんでしょうが難易度跳ね上がりますし。

>1つのテーマで味わいながら楽しんでみたいなぁ…
 一鉄道に対してこだわるという意味では、なも氏のRhbも素敵ですよね。あと、偶にbrickshelfでも1鉄道にこだわってるビルダーさん見かけますし。
Posted by sekiyama at 2011年11月11日 03:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック