何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年10月26日

【考察】チャンピオンはやっぱり無理! (ついでに「ジャンプ」と「コミケ」)

 さいとうよしかず様のブログ「アレゴレ」での、TVチャンピオン出演記が一段落つき(適度に「裏側」を知ることができ、納得!)、その締めくくりに『レゴブロック王選手権に出るためにしたい10のこと』というエントリが付け加えられました。

 前編
http://ameblo.jp/lego-news/entry-11056407253.html
 後編
http://ameblo.jp/lego-news/entry-11057908045.html

 内容に関しては「まさに、そのとおり」としか申し様がありません。

 で、……単純に「自分にゃ、無理!」とも申し様がないのですが。
 記されてた条件は、ほとんどの点で無理。パーツ保有量位しか条件満たしてる自信ありません(笑)。トレインが得意、とトレインしか造れない、は全然別ですしねぇ。
 そもそも、コンテストのような形で人に認めてもらう作品作るのは死ぬほど苦手だったりするんです(レゴに限らず)。あとは精神力ですね。時間が区切られしめきり迫ると……手が、動かなくなります。

 まぁ、チャンピオンというのは漫画の世界で例えるなら「ジャンプで連載、トップを狙う!」というそれこそバクマンのような世界なのでしょう。そりゃ厳しいはずですし、そうでなきゃいけません。

 ただ。
 別に漫画を描くのにマイナー誌や、それこそ同人誌でもいいように、趣味にはいろんな楽しみ方があって然りかなとは思います。
 願わくは、レゴの世界にも「少年ジャンプ」だけではなく、「コミックマーケット」が存在しますように。
 pixivに当たる「レゴ画像掲示板」「brickshelf」は存在しますけど、pixivとコミケは全然別モノですからね。同人誌は委託でも通販でも買える時代ですけど、イベントへの客足は減るどころか増えている。
 
 コミケ的な「公的な」出会いの場は、あんまり催されて来なかったのが「やっぱり」残念なのです。

posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕は大きいの作れないのでまず無理ですね(^^;
テクニック系もダメだし、アッと驚かせる色がないというかw

ウケるものを即興作れるっていうのはすごいと思います。
時間かけてもなかなかできないのに、その場で作ってるなんて普通じゃないです。

まあ、僕なんかは目指してるものがオールドレゴタウンですから時代に逆行するのも甚だしいというのがそもそも間違ってるんですが(^^;;


関山さんの建物は好きなの多いですよ。
一般ウケするんじゃないでしょうか。

どちらかというとトレインのほうがご本人が好きなだけあってクセが強く、見る側からすると好みがわかれると思います。

コンテストにはいくつか出してますが、僕のはなんとかひっかかるのが精一杯というのは去年、一昨年の結果からも明か。
”勝つ”ためのビルドというのはかなり難しいように思います。

ただ”勝つ”ためのビルドではたして”勝てる”のかというとこれまたあやしく、僕自身はコンテストに出すという目的で自分の思ったものを組むという方向で参加しています。

もちろん”勝つ”ことが最終目標ではありますが、それだけ考えて組むというのは少なくとも僕にはできません(^^;

それが少しでも認めてもらえて入賞でもすれば、奥さんはじめまわりに認めてもらえるということから、かなり必死に組んではいますけどね。

どっちにしてもレゴ選手権なんていうのは声がかかるかからない以前に箸にも棒にもかからないのがわかっているというのも、なんか寂しいような、でもそれが現実、みたいな(^^;;

出ている諸氏はすごいってことだけは間違いないですね。
Posted by かう゛ぇ at 2011年10月27日 12:16
◆かう゛ぇ様
「”勝つ”ためのビルド」が肌に合わないのは事実ですね。だから頂点目指して競う以外の場所も欲しいなぁ……というのが思っていることだったりします。

 やはり「”勝つ”ためのビルド」って或る意味方向性が限られてしまう気がするんですよね。トレインにしても建物にしても勝つこと考えると、好き勝手はできなくなってしまいますが、それが趣味として正しい方向かというとなんか違うような。
 レゴ選手権で感じる違和感はその辺であり、いつの間にかジャンプ読まなくなったのもそのあたりかもしれません。

 やっぱり、競いあう以外のレゴイベントは必要なんでしょう。これをうまく運営し、大きくしていくのは或る意味チャンピオンになるのよりも難しいことなのでしょうが……。
Posted by sekiyama at 2011年10月27日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック