何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年10月25日

【考察】ロードプレートから思う。Cityの破綻感(画像とか追加)

 先日の
 【レゴトレイン製品史】番外篇:街シリーズの黎明期
 の補足というか、蛇足として。

 

 ロードプレートは今でも売ってますが(さり気なく普通の基礎板より安いんですね……)、昔ほど流行らなくなってしまいました。
 1978年の登場時にゃ一世を風靡したものですが、今は惰性で供給し続けているようにしか見えません。二種抱き合わせの供給形態もお世辞にも褒めたもんじゃないですし。
 やはり6幅のデカ車・大味車中心なのがロードプレートを破綻させたように思えてならない。今のCITYの大きな車は24×24のロードプレート上には不自然な大きさなのです。
 そのうえ、或る時代から「ロードプレートの上に建物乗せた」製品も消えてしまいました。


 こんなの。

 1978年の「街シリーズ」開始時のインパクトを憶えていると、現状が残念に思えてならない。
 ロードプレートから広がる街、そして世界。
 スケール感を持って街が展開していきます。警察署があると次は消防署、次は病院……と。ユーザーに確実な夢を与えてくれました(すなわち、ユーサーの購買意欲も良い意味で刺激してました)。夢は、早い話が「都市計画」でもあります。

 でも、今のロードプレートにはそんな力はありません。City全体も。
 Cityに魅力を感じにくいのは、よく云われる構成の大味さよりも、ロードプレート的な「定規」「基準」、それらのもたらす「都市計画」の欠落によるものじゃないでしょうか。
 勿論ロードプレートにも欠点はあります。建物は派手に大きくは展開できなくなりますし、自動車のサイズだって制約されてしまう。
 それが「制約であり、デメリット」なんでしょう。今の製品企画者にとっては。

 されど。
 街には「定規」「基準」「都市計画」が必然です。そうなると制約は寧ろ、楽しむため(※)のルールとなる。レゴの元来持っている知育性、教育性という観点からもそうしたルールこそ重視されるべきとも。


 やはり、いつもの結論になりますが。
「ロードプレートを基準にできる街づくり」にCity、もとい街シリーズは回帰して欲しいのです。

 ただ、今の大型化したCityはもう切り捨てることはできないのでしょうから、対象年齢を分けて2方面展開というのが理想なんでしょうか。
 え、モジュールタウンあるだろって? 
 うーん。Cityとモジュールタウンは対象年齢とかかけ離れすぎてますよね。その間を埋めるものが欲しいのです。あえて好きな言葉をつかえば、「シームレス」な。

 もう一つ余談。
 石畳プリントのロードプレートなんて……無理なんですかね。


 1980年の「#1592 Town Square - Castle Scene」という伝説的製品(日本未販売)。
 こんな雰囲気が「今様に」再現できようというものです。


※)あえてこの言葉にしました。「公共の福祉」「皆が幸せになるため」とか言うと知育玩具といえ、大仰すぎですから(苦笑)。
posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前々から思っていましたが…、
ロードプレートにしても、線路にしても、
カーブが急すぎるんですよ!

シティシリーズよりもレゴランドに使ったほうが似合いそうです。
さらにいえば、ちょっと昔のシティよりも、もっとに小さなフィグなしのシリーズがあってもいいと思うんですよねー。
もうちょっとスケールの統一感はあっていいと思います。
私はガンプラが流行ったのはガンダムという作品の面白さだけでなく、スケールが統一されていることにあると思っています。それくらい、スケールは大事だと思います。




Posted by shipwreck at 2011年10月26日 01:52
◆shipwreck様
>ロードプレートにしても、線路にしても、
>カーブが急すぎるんですよ!

 うーん。個人的にはロードプレートも線路も「ちんまり感」が好きなので、「カーブが急すぎ」はあんまり意識したことが無いです(欧州の、旧市街は得てして狭っ苦しいですし)。
 ただ、線路に関しては緩いカーブも欲しいという声は大きいようですね。

 スケールに関しては全てを統一する方向と、トミカ的なノンスケールも、どちらもありだと思っています。トミカは「製品の大きさ」基準で、乗用車とトラックで全然スケール違いますが、一緒に遊んだり飾ったりしても違和感は感じにくいですから。
 レゴはどちらを目指すべきか、ですね。

 これは別の「考察」にでもさせてください。話が長くなりそうです。
Posted by sekiyama at 2011年10月26日 02:37
現在のロードプレートは6ポッチ車のための規格だと思いますが、いっそロードプレートなんかやめて、ロードプレイマットでも作ればいいと思うんですけどね。

http://item.rakuten.co.jp/shikimono/190112011/?s-id=sblog_rhi
これなんかすごく安くていい規格ですよね。
こんなに描き込んでなくていいので、もっとシンプルな道があるだけのでいいんですけど。
Posted by かう゛ぇ at 2011年10月27日 12:34
◆かう゛ぇ様
 これ、面白い商品ですね。
(昔[1970年代]のトミカにもビニール製で似た様な商品が存在しましたっけ)
 シンプルな絵柄で(建物のイラストはないほうがいい!)、レゴの純正商品としたら絶対に売れると思いますよ。前にプレイマット欲しいとか記したこともありますが、なんでレゴ社はこの種の布製マップ類は手がけてくれないのかしら……。

 あれ……非純正なら、作ってみるのも面白いかも???
(シーツのカラー印刷小数部はやってくれる業者あるはず……)
 まぁ本気には考えないでくださいね(笑)。
Posted by sekiyama at 2011年10月27日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック