何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年09月24日

【実物鉄道】赤13号の憂鬱

 LEGOの中間色の充実はもう言うまでもない事です。無論、供給状態の未だによくならない色もありますけど(濃緑とかダークグリーンとかディープグリーンとか! 鉄道車両には多用するのに!!)、年々改善されていることも、まぁ事実ですから。

 でも、「作ってみたいなぁ……」と思うプロトタイプ、而も国鉄型を引っ張りだしてみるとどうしょうもない色が未だに残っているんですね。それが、以下。

 
赤13号
■■■■■■■■■■■■■■

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A413%E5%8F%B7
 通称「小豆色」「ローズピンク」

 この色が使われていた国鉄車両は意外と多いんですよ。

・交直両用電車(近郊型 401・421・415系etc)の車体基本色
・交直両用電車(急行型 451・471系etc)の車体下半分
・交直両用電気機関車(ED46・EF30・EF80・EF81)の車体色
・西武鉄道の旧型電車の下半分、西武鉄道の旧型電機(E51他)

 調べて以外だったのは、401/421系の車体色とEF80やEF81の車体色が同じ色だったということですね。趣味界の慣例的に前者は「小豆色」といわれ、後者は「ローズピンク」とか云われており、そのせいかぜんぜん違う色だと思っていました。
 塗装面積による錯覚というのもあるのですが、401系もEF80も車体全体が「赤13号」ですからそれもなんか違う。電車と機関車のイメージの違いが大きいのでしょう。それもまた錯覚というのでしょうが。

 なんであれ、交直両用機と電車を抱える東北や九州の工場だと塗料の備蓄種類を減らすことには繋がってたはずです(笑)。また、それ以前に日本の風土に馴染む色の一つでもありましょう。国鉄とは思えぬ(失礼)、趣味の良い色だったと思いますし。
 ただ、都会に出入りする近郊型電車だと「暑苦しい」印象が否めませんね。常磐線・九州地区ともに国鉄末期に消えたのはやむなしと。

 で、この色。
 レゴのカラーパレットだと該当色が悲しいほど見つからないんですね。

 「赤」は違う、「ダークレッド」も違う。
 あんまり使われてない色ですが「サンドレッド」は微妙に近いけどやっぱり違うし(くすんだ感じが強すぎ)そもそも部品種類が少なすぎる。「ダークピンク」もビビッド過ぎてくすんだ感じじゃありません。

 EF81は赤や濃緑か銀で作ればいいとして(笑)、EF80はどうしょうもないですね。ED30はデビウ当時のカラー写真だと赤に近いのでなんとかなる(笑)。ED46はやはりデビウ当時は薄いピンクだったという説もありますので……まぁレゴのピンク自体が手に入れにくい色ですけど(苦笑)。

 電車は近郊型とか事業用車(クモヤ441他)などの赤一色のは普通の赤で代用効くと睨んでます。似た様な形状の交流牽引車(クモヤ740etc)は「赤+警戒色」なので、それと脳内イメージかぶるのが幸い?
 でも、急行型のツートンカラーはどうしょうもない。赤とタンじゃTEEか阪神の赤胴車ですから。ダークピンクやダークレッドも違う。サンドレッドは検討してみる価値……あり?

 やっぱり、赤13号は鬼門です。
 良い色なんですけどねぇ。
posted by 関山 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。