何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年06月26日

【レゴイベント】第16回運転会報告:速報編

 速報編ということで、先ずは写真なしレポートからです。

 さて。
 6月前後の運転会は毎年参加者数も伸び悩むのですが、今回蓋を開けてみると常連の方3名に新規の方3名にご参加いただき、いつもどおりの規模を維持しちゃいました。いや、新規参加者率が高い分、別の濃さが加わったようにさえ。マンネリなんて何処に?
 なにより、お持ちいただいたトレイン以外の作品……のレベルと密度が途轍も無く高かった! これは良い意味で刺激になりましたね。
 やはり、新しい風とか流れが一番大事なのだなぁと実感します。

 拙作では「転車台+扇形庫」「鉄橋(ダブルワーレンアンダートラス)」「操重車」をお見せすることが出来ました。「転車台+扇形庫」は実は開場ギリギリまで粘って作ったのですが、前回のSUU氏のシステムとはまた違ったものを運用することができ、頑張った甲斐はあったと自画自賛(苦笑)。あと、4巾自動車の新作も。
(ただ、本線系のレイアウトや駅が去年のままという課題は残っています。次回はリニューアルしませんと!)

 あと。
 レゴ以外の鉄道おもちゃ……は「例のブツ」(最近何度か記事にした、アレ)をAWAZO氏がご提供して下さりました。やはり実物見て操作してみるといろいろな印象が湧いてきますね。或る意味今回の目玉でした!

 最後になりましたが、皆様ご参加ありがとうございました。
 次回は8月か9月に予定しております(9月ミリオフがあるなら被らないように8月でしょうね)。
 またのご参加、或いは新規のご参加を楽しみにしております。
posted by 関山 at 11:08| Comment(4) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
関山さん、
初参加でしたが、お世話になりました。

>別の濃さが加わったようにさえ。マンネリなんて何処に?
自分的には皆さんの濃さ(特化した知識)に驚きでしたw
いろんな意味で良い体験できましたよ。

次回も参加できるチャンスがあれば、お邪魔します。(^O^)
Posted by さとふ at 2011年06月26日 19:20
運転会、お疲れ様でした!
わたしもさとふさんと同様、初参加でしたがお世話になりましたm(_ _)m
とても良い体験ができました。
お誘い頂き、ありがとうございました。

トレインの作品群はやっぱりすごいですね!
私も何か作ってみたいと思います。

このようなイベントを主催されるのは大変だと思うのですが、次回もなるべく参加したいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。
Posted by てつじん at 2011年06月26日 23:33
みなさんお疲れ様でした♪

今回は多方面の方が参加された事もありさらに盛り上がりましたね(^^)
「トレインもやって見たいけど、とりあえず見てみたい」とか、
「自分のジャンルはある程度あるけど、一緒に楽しめたらいいな」
って可能性が広がっていくと良いなと思いました。
Posted by SUU at 2011年06月27日 00:43
◆さとふ様
 初参加、遠方よりご苦労様でした。楽しんでいただけたか不安だったのですが、満足していただけたようで何よりです。

 次回以降も宜しくお願いします。今度はトレイン作品にも期待しております。


◆てつじん様
 いえいえ、こちらこそお誘いしてよかったです。凄いものを見せていただき、濃い話も出来ましたので。あの作品の流れでトレイン系に進出されたらどれほど凄いものになるのやら……?
 やはり次回以降もお待ちしております。


◆SUU様
 主催者は疲れました。でも心地よい疲れです(笑)。
 多方面性というのは凄く好ましい流れですね。それが更に参加の敷居も下げて(主催者は下げてるつもりですが、それがつたわってないのかも)、参加者各位のビルドの巾も広がっていくなら素晴らしいと思うのです。層が広がり巾が広がらなきゃ、この趣味は広まりませんから。もちろん、理想のためには更に飛躍も必要なのでしょうけれど。
 でも、続けててよかったとは思うのです。
Posted by sekiyama at 2011年06月27日 21:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック