何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年06月14日

【ヒント・アィディア】急曲線の作り方(まず、第一歩)

 すいません。今日はまともに更新する気力もないので簡易更新です……。
 だからネタの割に写真なし(苦笑)。文章も手抜き。


 さてと。
 レゴトレインはカーブが1966年以来1種類のみ。4.5Vも12Vも9VもRCも、青いのも灰色のも濃灰のもみんな同じ半径なんです。
 で、このカーブが急すぎてリアルティがないということで直線を連ねて超緩カーブ作ったり、またMe-modelsでは大半径カーブの商品企画があったりするわけですね。

 が、個人的にはキツイ方も欲しいのです。路面電車や小型車両に限定するとそうした特殊需要もまた生まれるのですよ。あと、狭い棚の上などでもトレイン走らせられるのは魅力に他なりませんし。

 こうした需要にはナローという手もあります。最近また出回りが良くなってきたナローカーブレールはかなりの急曲線ですから。ただ、ナローは動力周りが激ムズという問題点が。
 まぁそこを乗り越えるのもナローの醍醐味ではあるのでしょうけど。でも、もっとお手軽に楽しみたい! あと、既に作った車両でも(制約はあるでしょうが)楽しみたい、と。

 魔改造も含めあれこれ考えた末、無難かつ無改造で行けると判断したのは、ナローカーブレールを芯にして、何らかの外部レールを貼りつければいいってこと。外部レールに使えそうなのは昔の4.5Vレール。

 ナローカーブの下から外周縁方向にプレート突き出し、そこに4.5V曲線の内側レールを固定していく。多少カクカク気味ですが(笑)、これでナローカーブ並みの急曲線が完成(テストということで1/4円だけ)。

 試運転。RCトレイン用のトレインモーター装着の動力車でテストしてみると……。

 ……おお、脱線しません。
 ナロー並みのカーブをきっちり回りきります!
 実はカーブがきつすぎると固定軸間距離の制限が出てくるのですが、このカーブでもトレインモーター程度のホイールベースなら大丈夫です。だから小型のボギー車なら概ね問題なし? 一方で、二軸車は制限ありそうですが(貨物列車のセットに入っているレゴの純正2軸貨車って意外とホイールベース長いんですよね……)。
 勿論、台車の旋回角度も急になるので、ボギー車ならなんでも行けるというわけではありません。


 レールの方の外見は云うまでもなく、3線軌条になります。
 箱根登山のような1067/1435mmというよりは、昔どっかにあったような気のする762/1067mmという風情でしょうか。
 あれ、やっぱりうナローの動力車も何時か頑張れねばいけませんね?
posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
車輌を小さく造ることだけ考えていました、、、。急カーブを造って、小さく遊ぶと言う発想、大変参考になりました。個人的にワクワクする企画です。次を見てみたいですね♪
Posted by エフ at 2011年06月15日 12:25
◆エフ様
 もう少し形になったら写真も上げますね。

 鉄道模型(Nゲージ)の世界だと「スーパーミニカーブ」みたいな需要は確実にありますので、Me-modelsさん辺りが拾ってくれないかしら……。
Posted by sekiyama at 2011年06月16日 23:28
昔の記事を読み返してました(笑) なるほどこれならスペースをとらずにレイアウトが敷設できますね幸い10月の鉄道展に参加させよう(←気が早い)としているのが路面電車なので好都合 ただ連接車が曲がれるか不安なのですが大丈夫でしょうか?
Posted by ryokuchakuma at 2013年03月11日 17:21
◆ryokuchakuma様
 古い記事の読みおこし、ありがとうございます。
 しかもプロジェクト止まっちゃってますし(苦笑)。

 なんであれ、路面電車とかの急カーブには面白いです。しかし、連接車はかなり首振りを大きくしないと難しいかも(ホロ諦めればなんとかなるかも?)。古典単車なら大丈夫です。
Posted by sekiyama at 2013年03月12日 02:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック