何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年05月28日

【建物作品】現在製作中その1、転車台

 あんまり「途中経過」は上げないのですが(秘密主義とかじゃなくて単にモノグサ)、先に予告めいたこと記しましたので、取り敢えず中間報告をば。


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=474076
(検閲済)

 ターンテーブル、PowerFunctionで回転させるところにはこぎ着けました。
 PowerFunctionの2chのうち1chをテーブル回転のモーターに。残り1chをテーブル内の9V給電に充てています。おかげで9Vの機関車に対応しつつも、ワイヤレスです。
 この種のターンテーブルとして有利な?下路式ではなく、あえて上路式にしたのは個人的好みと機関車載せたときにやはり様になるから。「回転できる撮影台」としての活用も考えている由。


 PowerFunctionの電池ボックス・受光ユニット・モーターを操作室部分に収めているので、造形的にやや無理あり。但しこの配置は電池の重量が直にモーターに掛かるメリットがあります。


 裏面。やはりゴムタイヤ式(但し小径のもの)。PowerFunction-Mモーターは等速で1段ギアかませて直接駆動。


 操作室の見えにくい側。少しでも体積減らすため壁省略。


 回転中。「愛機」の廻る姿はやはり感動的……。
 9V給電も問題なし。但し、他の線路との接続はまだ未試験。

 設置条件を緩やかにし、また移動などを容易にするため、48ポッチ四方の基礎板上での動作を前提にしてる由。対応できる機関車サイズは直線レール3本分……全長48ポッチ迄。 設置予定場所(棚の上)や手持ち機関車のスケールから決定しています。
(写真はありませんが、大型蒸機として拙作のC55での回転は確認しています)

 さて、今後ですが。
 SUU様の偉大な作品のような(あれがなければ転車台という発想は出てきません!)扇形庫とか考えると頭痛くなるので、まぁここからどこまで作るかですね……。せっかく基礎板ベースにしているので、簡素でもピットの縁石は表現したいとか考えてはおりますが。
posted by 関山 at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 建物作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいね。
suuさんが掘り下げ無しで実現してから身近なものなりましたね。
Posted by なも at 2011年05月29日 10:58
順調に進んでる様ですね♪

上路式の方が確かに車両がよく見えて良いですよね。
下路式でも、柵に抜けが多ければそれでも絵にはなると自分の作ってる時に思いましたが、なかなか良いパーツが無かったので諦めました。

所で、これでプレートの上のポッチ上を回るだけの力があるのですか?
デコボコで抵抗が大きそうに思ったのですが(^^;;
Posted by SUU at 2011年05月29日 15:51
運転会レポートが楽しみになる作品ですね。
私もいつかは作って見たいです。製作中の画像は、今後の参考になりますね。
Posted by エフ at 2011年05月29日 23:55
現在、扇形庫にも着手中です……。

◆なも様
 「掘り下げ無し」のインパクトは大きかったですね。あれがどれほどの可能性を広げてくれたことか。
 「まず、つくってみる」の行動力という意味でも氏の功績は大きいのです。


◆suu様
 コメントありがとうございます。
 実物だと、桁の作りは下路式のほうが複雑になりがちなんだそうです。だから、レゴでもSUU様の作品のほうが大変なのかなぁと思ったり。
 凸凹による回転抵抗は殆どありません。まぁ電池の重量による粘着力と、PF-Mモーターの強力なトルクに助けられている一面もあります。


◆エフ様
 運転会! そろそろ予定を立てていきませんと。
 これから作る方だと、動力車をPowerFunctionだけに割り切ると幾分敷居が下がってくるかもしれませんね。
Posted by sekiyama at 2011年05月30日 19:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。