何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年03月13日

【自動車作品】ヘンな猫車? シトロエンami8

◆◇◆◇◆◇◆
通常更新再開致します。
◆◇◆◇◆◇◆



 シトロエン ami。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%9F

 こっちはもっと詳しい(英語)。
http://www.citroenet.org.uk/passenger-cars/michelin/ami/ami-index.html

 2CVとDS/IDの間を埋めようとして開発された車。1969年〜1979年(ami6は1961〜1971年)。
 2CVの足回りに近代的な流線型ボディを与えるのがコンセプトだったと思われるのですが、よくぞここまで思い切ったスタイルになったものです。
 ただ、DSの文脈(というか普通の車の文脈)からみるとヘンな姿に見えるだけで、2CVを進化させたらこの姿になったということなのかもしれませんが。

 その個性的に過ぎるスタイルのためか、或いはグレード的にも半端なのか日本には殆ど入ってきてないはずですが、一昨年の正月にami8を地元で見かけました。マニアによる近年の並行輸入?

 で……最初は「醜い」と思ってたその姿も、見慣れてくると可愛らしく思えてくるのが凄いというかなんとも。ただ、萌えられるのはまだami8
http://www.citroenet.org.uk/passenger-cars/michelin/ami/ami-8/ami8-1.html
の方で、ami6
http://www.citroenet.org.uk/passenger-cars/michelin/ami/ami-6/ami-6-1.html
の方は未だその領域には達していません(笑)。
 なお、ami6・ami8ともに「ネコ」に例える人もいるようです。
http://www.cats-citroen.net/home.html
 納得……。






 他の写真はこちら(検閲中)。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=465920

 制作に当たってのコンセプトは実物通りに「モダンな2CV」。スマートさは捨ててズングリムックリでも上等と。おかげで無理に車高下げる必然もなくなり、後方にキャビンの寄った不思議な形状のおかげで2シーターにもできた由です。
 特徴的な前面は意外と苦戦……似てないのかもしれません。まぁ猫にみえればよいということで。

 似てないというと車体後部も飽くまで雰囲気。リアの三角窓(CピラーとDピラーの間)が後部に向かって垂れ下がってるのは再現し、重苦しさはやや軽減できたのかも。
 まぁ「(ブサ)かわいいは正義」ということで。


 2CVとの並び。amiのコンセプトがわかりましょうか……。
posted by 関山 at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 自動車作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あみちゃん好きですよ。
60年代っぽくて、と思ったら79年まで作ってたんですね。
Posted by なも at 2011年03月14日 00:06
◆なも様
 まさかアミでレスが付くとは思ってもおりませんでした……2CVならともかく(笑)。調子にのって2台目もいってしまおうかと思うほど。レゴ的にはミニマムの2シーターというのが自分的な満足点でもあったり。

 79年までというのは資料引き写しなのでどこまで正確かわかりませんが、確か後継のGSが出たあともある程度は並行生産されてたらしいです。まぁ1モデルを延々造り続ける欧州の車屋さんだなぁとは思うのですが(笑)。
Posted by sekiyama at 2011年03月15日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック