何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2011年02月28日

【イベント】2月臨時運転会レポート その3 ベテランの力 AWAZO'S JNRザ・ワールド

 エメラルドナイトにPowerFunction以降、本気でニューウェーブ続くレゴトレインの世界ですがベテランも未だまだ拮抗! AWAZO氏のフルスケールJNR(日本国有鉄道)作品の世界は管理人も含む多くをレゴトレインの世界に引きずり込みましたし、今後もその力を発揮し続けるのでは?
 レゴでここまでリアルな「国鉄」が出来ることは、レゴではなく「鉄道」「鉄道模型」の人達をこの世界に招いてくれると思うのですが……。


 先ずは、この画像を。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=4900283


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=4900284

 サモネイルだとまるでNゲージの運転会にしか見えません……(笑)。
 でも、ここに写っているものは皆、レゴなんです……。


 北斗星、キハ82、DE10+50系、C57……。やはり、レゴ!


 疾走するEF57。6幅フルスケールの説得力!


 キハ82 900番代を先頭に。石炭車溜りを横に見ると北海道っぽい。


 この並びだと九州の何処かという雰囲気に。C57もDD51もキハ82も全て同じ時代に活躍していました。


 C11は今回の新作。C11牽引のブルートレインは1967年頃、早岐〜佐世保間の「さくら」分割編成で短期間ながら見られた編成でした。


 もう一枚、C11。


 D51はJR東日本の動態保存機仕様に。そして1988年のオリエント急行訪日時の装飾テンダも再現。
 EF58 61との重連も史実通りの編成。こうしたこだわりも氏らしい。


 扇形庫に並ぶ、awazo作品(全部)。ディーゼル機関車や気動車も並ぶ辺りは1970年代の蒸気末期的なリアルティがありますね。


 画像フルサイズ及び、他の画像は以下へ(検閲済)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=463162
posted by 関山 at 21:50| Comment(5) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これだけ全面展開したのって初めてですよね。
扇形庫の写真がかっこいいですねぇ。
Posted by なも at 2011年03月01日 23:54
◆なも様
 たしかにここまでまとまって氏の作品拝見したのは初めてです。

 扇形庫のインパクトは「問答無用!」ですよね。
Posted by sekiyama at 2011年03月02日 22:59
なんと、充実した運転会なのでしょうか!
これだけのレゴトレインを見れるなんて、凄すぎます。
どのカットも、トレインギッシリで、見所満載ですね。
運転会で流行った「流し取り」動きがあって良いですね、
私も挑戦してみます。
Posted by m&m at 2011年03月03日 01:33
前から話してますが、この世界に入ったきっかけはawazoさんの国鉄ビルドでした。
レゴトレイン自体国内では作品が少かったのもあるかも知れませんが、ネットで見た時のインパクトは忘れませんし「自分も作って見たい」と思ってレゴを買い始めました。

あの時は本当に自分にリアルな物が作れるのかなと思ってましたが、数年でここまでできる様になりましたから、継続は力なりですね♪

この鉄分に刺激されて新しい方が増えたらいなと思います( ´ ▽ ` )ノ
Posted by SUU at 2011年03月03日 12:32
◆m&m様
 いや、私もこんなに一度に見たのは初めてです。普段の運転会はもっと控えめ規模ですからね。まぁその分まったりしておりますが(笑)。

 流し撮りは面白いですよ。動いてるもの撮るのは難しいけど楽しい♪

◆Suu様
 自分もそれは同じく(笑)。無論AP氏・Buchi氏・そして小倉氏といった方々の作品の影響も大きかったのですけど。

>あの時は本当に自分にリアルな物が作れるのかなと思ってました
 自分も思っていました。どうやったら先輩方に追いつけるのだろうと。いやまだ追いつききってないですけど(笑)。

>数年でここまでできる様になりましたから、継続は力なりですね♪

 先ほど揚げた転車台+扇形庫はこれまでのほとんどのものを超えてしまっていますね。新しい時代の象徴になるような気さえ。

 なにはともあれ、このレポートからレゴ・レゴトレインに入ってきてくださる方が居るのなら云うことはありません。
 新たな参加者が居てくださる限り、この世界は続くのですから。
Posted by sekiyama at 2011年03月03日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック